Wiki 記事

Windows 10 Creators Update の紹介

テクニカル レベル : 基本

概要

新たなクリエイティビティとかつてないゲーム体験を可能にする Windows 10 Creators Update をご紹介します。

この記事では Windows 10 Creators Update の入手方法や新機能、改良点についてまとめています。

詳細

◆入手方法

Windows 10 Creators Update の入手方法をご紹介します。

  • Windows 10 からのアップデート
    無償でアップデートが可能です。

    • Windows Update からのアップデート
      • Windows Update からのアップデートは、4 月 11 日 (米国時間) から配信されます。
        段階的に配信がおこなわれ、徐々に配信するデバイスを拡大していきます。
        手順 : [スタート] - [設定] - [更新とセキュリティ] - [Windows Update] - [更新プログラムのチェック]

    • Windows 10 更新アシスタントからのアップデート
      • 4 月 6 日 (米国時間) から Windows Update の配信を待たずに更新アシスタントから手動でアップデートすることが可能です。
        手順:こちら のページを開き、「今すぐアップデート」をクリックして Windows 10 更新アシスタントをダウンロードし実行します。


  • Windows 7 / Windows 8.1 からのアップグレード
    Windows 10 を購入する必要があります。

新機能と改良点

Windows 10 Creators Update の新機能と改良点の一部をご紹介します。

https://www.youtube.com/watch?v=zdJBurRbT4o

 

  • 3D アプリ
    • 3D オブジェクトの作成が簡単にできるペイント 3D アプリが搭載されます。
      また Remix 3D で世界中のユーザーと作品を共有しあうことができます。
      詳細は こちら

  • コンパクト オーバーレイ ウィンドウ
    • アプリを専用の小さなウィンドウで表示して、常に画面の最前面に表示させることができます。
      コンパクトオーバーレイウィンドウを使うことで、映画を見ながら別の作業をしたり、Skype に送られるメッセージにすぐに返信したり、と同時進行の作業の効率を上げられます。
      詳細は こちら


  • ゲーム 配信
    • ゲーム配信機能が標準で搭載されています。Beam を通じて、ゲームのプレイ画面を簡単にストリーミング配信したり、Beam を通じて、コミュニティに参加したり、他のユーザーの配信を視聴することができます。
      ※詳細は準備中です


  • ゲーム モード
    • ゲーム モードをオンにすることで、PC のリソースをゲームへ振り分けることでパフォーマンスを向上させ、最適なエクスペリエンスでプレイできます。
      詳細は こちら

  • 夜間モード
    • スマートフォン ユーザーに愛用されているブルー ライトを軽減することで快適な睡眠をサポートする機能が追加されました。この機能を使用すると、夜遅くまで仕事をしていても質の良い睡眠に向えるように脳の活動レベルを抑えて整えることができます。
      詳細は こちら


  • Microsoft Edge
    • Creators Update ではたくさんの新機能の追加や機能強化がされています。
      以下は一例です。
      • タブのストック機能
      • タブのプレビュー表
      • お気に入りのインポート・エクスポート機能の強化
      • EPUB 形式の電子書籍の閲覧、読み上げ

    •  
  • スタート メニュー
    • スタート メニューのカスタマイズ項目が追加されました。
      • アプリ(タイル)をフォルダーに入れて整理する
      • アプリの一覧の表示/非表示を切り替える
    • 詳細は こちら

  • Cortana
    • 新たなコマンドが追加され、PC のシャットダウンやスリープ、音声のミュート、ボリュームの上げ下げなどが行えるようになりました。
      ※詳細は準備中です

  • 新しくなったデスクトップ 「テーマ」
    • ​従来までコントロール パネルより設定していた 「テーマ」 が、[設定] で簡単に設定することが出来るようになりました。また、ストアから追加のテーマを取得することが可能になりました。
      詳細は こちら

      

  • Windows Defender セキュリティ センター
    • ウイルス対策、ネットワークとファイアウォールの保護、デバイスのパフォーマンスと正常性の評価、アプリやブラウザーのセキュリティ制御、ファミリー セーフティ オプションといったあらゆる 情報が1 つのダッシュボードに集約され、セキュリティ オプションをまとめて管理できるようになりました。
      詳細は こちら

  • ストレージ センサー
    • アプリの一時ファイルや一定期間ゴミ箱にあるファイルを自動で削除する機能が追加されました。
      詳細は こちら

  • 動的ロック
    • PC とペアリングした Bluetooth のデバイスが PC から離れると、自動的に画面がロックされます。
      この機能を使うと、うっかり画面を表示したまま PC から離れてしまった場合などでも、セキュリティを保持できます。
      詳細は こちら

      

  • IME
    • IME でもいくつかの新機能と改良点があります。
      • 予測変換候補を削除する機能
      • Microsoft IME の入力モードを切り替えた時に、現在の入力モードを画面中央に表示する機能
      • 予測候補を表示するまでの入力文字数の規定値が 「1」に変更。
    • 詳細は こちら


  • Windows Ink
    • Windows Ink でもいくつかの新機能と改良点があります。
      • 消しゴム機能が強化され、線の一部だけを消すことが可能になりました。
        • これまでのように塊として消したい場合は、「消しゴム (ストローク)」を選択することで同様に使用できます。
      • 分度器の追加
        • これまでと同じ直線定規の他、分度器が追加されました。
          定規のマークをクリックすると、定規と分度器が選択できます。
          マウスホイールを動かすことで、大きくしたり小さくすることもできます。
          また、分度器に沿って線を引くと、角度が表示されます。

  • Windows Update
    • アクティブ時間が最大 18 時間に拡大
      詳細は こちら

     

また、Windows 10 Creators Update のよくあるお問い合わせや注意点は こちら をご覧ください。

コメント (0)

進行