Windows10におけるタッチキーボードの設定の変更の仕方について

現在SurfacePro2にWindows10を入れて使用しています。

MicrosoftEdgeやSkypeの文字入力欄をスタイラスペンで選択すると自動的にタッチキーボードが起動してしまいます。(指で触れたときは起動しない)

タブレットの機能としては便利なのかもしれませんが、スタイラスペンとTypeCoverを併用する自分の使い方には合っておらず

タッチキーボードの自動ポップアップの設定を無効にしたいのですが設定項目が見当たりません。

また、タッチキーボードの規定の入力方法が直接入力になっているようで、入力方法を変更してもタッチキーボードがポップアップするたびに直接入力方式に戻ってしまいます。こちらも何とかしたいのですが、やはり項目が見当たりません。

どこから設定を進めればよいのでしょうか。詳しい方がいましたら教えていただければと思います。




**モデレーター注**
この質問は [Windows 10 | その他の設定] のカテゴリに投稿されましたが、内容から判断しこちらのカテゴリに移動いたしました。適切なカテゴリに投稿すると、返信や回答が得られやすくなり、同じ質問を持つ他のユーザーの参考にもなります。

 

質問情報


最終更新日 2019年10月14日 表示 49,714 適用先:
回答
回答

ankoshi-take さん、Microsoft コミュニティにご投稿いただきありがとうございます。

Surface Pro2 を Windows 10 にアップグレードしていただき、Pro ペンをご利用中でのタッチキーボードの動作についてですね。

手元の Surface Pro2 で確認したところ、同じようにペンの場合はタッチキーボードが表示され、また直接入力のレイアウトで立ち上がってくることを確認いたしました。

設定等を確認させていただきましたが、タッチキーボードの自動ポップアップ及び、既定の入力方式の設定については設定項目が見当たりませんでした。

ペンと TypeCover を併用いただいているということで、タッチキーボードが必要ないということでしたら、通常の設定方法とは異なりますが、下記の方法でタッチキーボードのサービス自体を止めることで、勝手にポップアップしてこないようにしていただくことが可能です。

なお、この手順でサービスを停止すると、サインイン画面を含むすべての画面でタッチキーボードが使用できなくなります(簡単操作の「スクリーンキーボード」での文字入力は可能です)
また、他のアカウントにも影響を及ぼす変更になります。

手元の Surface Pro2 で確認した限りでは、Onenote でのペンでの書き込みや指でのタッチ操作等幾つか操作を試してみても特に問題は発生しませんでしたが、ご利用中のソフトによっては何らかの問題が出る可能性がありますので、その点ご承知をお願い致します。

手順 1. Windows キーを押しながら X キーを押すか、Windows マークを右クリックしてメニューを表示します。

手順 2. 「コントロールパネル」を選択します。7個のアイコンが表示された場合は「システムとセキュリティ」から「管理ツール」を選択します。「すべてのコントロールパネル項目」で表示された場合は、右上の「表示方法」を「カテゴリ」に変更していただくことでカテゴリごとの表示になります。

手順3. 「管理ツール」にある「サービス」を開きます。「サービス(ローカル)」が開きましたら、「Touch Keyboard and Handwriting Panel Service」をダブルクリックし、プロパティを表示します。

手順4. 「全般」タブにある「サービスの状態」で「停止」を選択していただき、サービスが停止しましたら「スタートアップの種類」を「無効」に変更します。

手順5. 上記設定の変更が終わりましたら、「OK」で変更を適用します。

元に戻す場合は、スタートアップの種類を「自動」にしてから「開始」を押すことで元の設定に戻ります。

それでは、ご報告をお待ちしております。

この回答は 86 人の役に立ちました

·

この回答で問題は解決しましたか?

役に立ちませんでした。

回答としてマークしていただきありがとうございます。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。

この回答の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。