Wiki 記事

Windows 10 にアップグレード後、黒い画面が表示される場合の対処法

テクニカル レベル : 中級

概要

​Windows 10 にアップグレード後、黒い画面が表示される場合は、本記事の対処法を試してみてください。
問題と対処法は以下の 2 つに分かれています。

  1. サインイン前に黒い画面が表示される場合
  2. サインイン後に黒い画面にマウス カーソルだけが表示される場合

詳細

サインインする前に、黒い画面の表示になっている場合

◇ 出力先を確認する

お使いの PC の異なるビデオ出力をお試しください。ドライバーの変更により、ビデオが異なるディスプレイ アダプターまたは別の出力に送られる可能性があります (例えば、HDMI から DVI または VGA ポート など)

デスクトップ PC の場合、異なるディスプレイ アダプターへの接続を試してください。増設したビデオ カードに接続している場合は、マザーボード上のビデオ出力への接続も試してください。

または、Windows キーと P を同時に押し、別のモニタに出力してから、再度、P を押して Enter キーを押す方法を試します。これを4回繰り返すとスクリーンオプションを一巡します。

◇ セーフ モードを利用する

セーフ モードとネットワークでの起動、または、ディスプレイ アダプター ドライバーを修正するために低解像度ビデオを有効にする、を試します。

  1. Windows は 3回起動に失敗すると自動で回復環境を起動します。


  2. 回復環境では トラブルシューティング を選択し、詳細オプション > スタートアップ設定 の順に進み、再起動 を選択します。再起動するとオプション番号が表示されます。数字キーの 5 または F5 を押し、セーフ モードとネットワークで起動します。(または、ディスプレイ アダプター ドライバーを修正するために低解像度ビデオを有効にする を選びます)


  3. デバイス マネージャーを開き、ディスプレイ アダプターを展開します。

    a. ディスプレイ アダプターの下に項目が 2つある場合は、内蔵グラフィックカード (例えば、 Intel HD 4000 や AMD Radeon HD 4200) を右クリックし、無効 を選択した後、PC を再起動します。効果がなければ、ディスプレイ アダプターに戻り、無効にしたディスプレイ アダプターを有効に戻し、他のアダプターを無効にします。

    b. ディスプレイ アダプターの下に項目が 1つしかない場合は、ドライバーを元に戻す、または、デバイス マネージャーでディスプレイ ドライバーを削除します。その際、このデバイスのドライバー ソフトウェアを削除する、にチェックを付けます。


  4. Windows Update または、ディスプレイ アダプター メーカーのサイトで更新されたドライバーはないかを確認します。私たちは、主要な全てのビデオ チップセット メーカーの更新されたドライバーをチェックしています。そのため、最適なドライバーはしばしば更新されます。

サインイン後に黒い画面とマウス カーソルが表示されている場合

◇ 周辺機器を取り外す

黒い画面されている場合、一度、接続している周辺機器をすべて取り外します。取り外し後、少し時間が経つと画面が表示されることがあります。画面が表示されたら周辺機器を再度接続します。

◇ セーフ モードを利用する

周辺機器を取り外しても解決しない場合には、トラブルシューティングの手順を実行するために、セーフ モードを利用する必要があります。セーフ モードで起動する方法は以下の通りです。 

  1. PC を再起動します。サインイン画面で Shift キーを押しながら電源アイコンをクリックし、再起動を選択します。

  2. システム再起動時、Windows 回復環境に入ります。回復環境では トラブルシューティング を選択し、詳細オプション > スタートアップ設定 の順に進み、再起動 を選択します。再起動するとオプション番号が表示されます。数字キーの 5 または F5 を押し、セーフ モードとネットワークで起動します。

◇ グラフィック カード ドライバーを再インストールする

  1. セーフ モードの状態で、スタート アイコンを右クリックし、デバイス マネージャー を選択します。

  2. ディスプレイ アダプターを展開します。

  3. 利用しているディスプレイ アダプターを右クリックし、削除 を選択します。その後、PC を再起動します。

◇ レジストリを確認する

ユーザー インターフェースが Windows 10 と互換性のないソフトウェアに置き換えられている場合にも、サインイン後に黒い画面が表示されることがあります。この場合はレジストリをチェックします。

警告:この方法ではレジストリを編集します。レジストリの編集を誤ると深刻な問題が発生することがあります。以下の手順を実施する前に、必ず レジストリのバックアップ を行ってください。

  1. セーフ モードの状態でスタート アイコンを右クリックし、ファイル名を指定して実行 を選択します。
  2. テキスト ボックスに regedit.exe と入力し、OK をクリックします。
  3. 次のレジストリ キーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon

  4. WinLogon キーをクリックして選択し、右側の画面で Shell をクリックします。データ カラムの Shell の値は explorer.exe になっている必要があります。Shell の値が explorer.exe ではない場合には、Shell をダブルクリックし、値のデータのフィールドに explorer.exe と入力し、OK をクリックします。
  5. レジストリ エディターを閉じ、PC を再起動します。


◇ ユーザー アカウントが破損していないかを確認する

ユーザー アカウントに問題がある可能性があります。これを確かめるには、管理者アカウントを新規作成し、新規作成したアカウントでも黒い画面の表示になるかをチェックします。

    1. セーフ モードの状態で、スタート アイコンを右クリックし、コマンド プロンプト (管理者) を選択します。
    2. コマンド プロンプトの画面で、以下のコマンドを入力します。
      ("<password>" は適宜変更してください)

      net user test <password> /add
      net localgroup Administrators test /add

      ※ 各行の終わりで Enter キーを押します。コマンドの実行が正常に完了すると、ローカル アカウントに ユーザー名 test が新規作成されます。
    3. ユーザー test でサインインします。新規作成したアカウントでサインインすると黒い画面にならない場合は、既存のユーザー プロファイルが破損している可能性があります。破損したユーザー プロファイルを修復する の手順を実施します。(これはWindows 7 の情報ですが、"My Documents"が "Documents"に変わった以外は Windows 10 も同様です)

◇ ハイ コントラスト モードの確認を行う

ハイ コントラスト モードで問題が発生している可能性があります。セーフ モードの状態で Windows キーと I (アルファベットの アイ) を同時に押し、簡単操作 をクリックしてハイ コントラスト のテーマの選択が [なし] になっているかを確認します。

◇ RunOnce プロセスを終了する

1 つ以上の RunOnce プロセスにより問題が発生している可能性があります。これらを終了してください。

  1. セーフ モードの状態でスタート アイコンを右クリックし、タスク マネージャー を選択します。(または、Ctrl + Shift + Esc を同時に押します)
  2. 詳細表示に切り替えてから、プロセス タブと サービス タブの両方をチェックして、RunOnce32.exe または RunOnce.exe のインスタンスを探します。実行されているのを見つけたら、プロセスを終了してアプリケーションをキャンセルするか、サービスを終了してください。
  3. PC を再起動します。

コメント (38)

進行