Wiki 記事

Windows 10 のタスク バーをカスタマイズする

テクニカル レベル : 基本

概要

Windows 10 のタスク バーはカスタマイズが可能です。

タスク バーのサイズや位置、よく使うアプリのピン留め、通知領域に表示するアイコンなど、様々な設定があります。

好みの設定にカスタマイズすることで、Windows 10 をより便利に利用することができます。

-

詳細

タスク バーのカスタマイズ方法

次の方法で、タスク バーの設定を開くことができます。

  1. タスク バーを右クリックし、「設定」を選択する
  2. スタート から「設定」を開き、個人用設定 > タスク バーの順に進む

各設定項目の内容を紹介します。

■ タスク バー

  • タスク バーをロックする
    「タスク バーをロックする」をオフにすると、タスク バーをドラッグして画面の上下左右のいずれかの場所にドロップすることで位置を変更できます。

    移動後にロックをすることをお勧めします。

    ※ 画像のように、タスク バーを右クリックして、固定/解除 を変更することもできます。


  • デスクトップ モードでタスク バーを自動的に隠す
    オンにするとタスク バーが隠れます。ポインターをタスク バーの配置しているところに合わせるとタスク バーが表示されます。

    デスクトップ画面をより広く使いたい場合に便利な機能です。


  • タブレット モードでタスク バーを自動的に隠す
    オンにすると、デスクトップの設定と同様にタブレット モード画面のタスク バーが隠れます。

    タブレット モードで画面をより広く使いたい場合に便利な機能です。

  • 小さいタスク バー ボタンを使う
    オンにするとタスク バーに表示されるアイコンのサイズが小さくなり、タスク バーにより多くのアイコンを表示することができます。

    タスク バーにピン留めしたいアプリ等がたくさんある方にお勧めの設定です。


  • タスク バーの端にある [デスクトップの表示] ボタンにマウスカーソルを置いたときに、プレビューを使用してデスクトップをプレビューする
    [デスクトップの表示] ボタンは、タスク バーを下に配置している場合、右端にあります。ここをクリックすると、すべてのウィンドウが最小化され、素早くデスクトップ画面を表示することができます。



    また、この設定がオンになっている時は、[デスクトップの表示] ボタンの上にマウス カーソルをあわせると表示中のすべてのウィンドウが透明になり、デスクトップ画面のプレビュー表示になります。

  • [スタート]ボタンを右クリックするか Windows キー + X キーを押したときに表示されるメニューで、コマンド プロンプトを Windows Power Shell に置き換える

    スタートボタンを右クリック、または、Windows キー + X キーを押して表示するコンテキスト メニュー内の「コマンド プロンプト」を「Windows PowerShell」に変更することができます。


  • タスク バーボタンにバッジを表示
    ピン留めしているアプリやアクション センターのアイコンに、メッセージの着信数やアラームの予定など表示します。



    ※ 小さいタスク バー ボタンには、バッジは表示されません。
        (小さいタスク バー ボタンを使うをオンにしていると、バッジの設定はグレーアウトしオンにできません)

  • 画面上のタスク バーの位置
    上下左右、好みの場所にタスクバーを配置できます。

  • タスク バーボタンを結合する
    3 種類の設定が可能です。

    「常に結合、ラベルを非表示」→ 個々のプログラムがラベルのない1つのボタンとして表示されます。



    上記の画像のように、Internet Explorer を複数起動した場合でも、タスクバー上には 1個のラベルで表示されます。

    「タスク バーに入きらない場合」→ 各項目がラベルのある個別のボタンとして表示されます。
    タスク バーがいっぱいになると、複数の項目を開いているプログラムが1つのボタンにまとめられます。ボタンにポインターを合わせると開いている項目の一覧が表示されます。

    「結合しない」→ ウィンドウがいくつ開いても1つのボタンにまとめられることはありません。
     開かれたプログラムやウィンドウの数が増えるにつれ、ボタンのサイズが小さくなります。



■ 通知領域

  • タスク バーに表示するアイコンを選択してください。
    タスク バーの通知領域に表示するアイコンを選択できます。
    通知の必要なものだけをオンにして、通知の状態を確認しやすくすることが可能です。



    • システム アイコンのオン/オフの切り替え
      タスク バーの右(下に配置している場合)に表示されるアイコンがシステム アイコンです。
      表示する項目を「システム アイコンのオン/オフの切り替え」で設定できます。


  • コメント (0)

    進行