Wiki 記事

Windows 10 のエクスプローラーをカスタマイズする

テクニカル レベル : 基本

概要

Windows 10 で取り入れられた「クイック アクセス」の説明を中心に、利用状況にあわせてエクスプローラーの設定をカスタマイズする方法を紹介します。

-

詳細

クイックアクセスとは?

「利用頻度の高いファイルやフォルダーに簡単にアクセスするための仕組み」です。

よく使うフォルダーと最近使ったファイルの一覧が表示されるので、それらを見つけるために一連のフォルダーを検索する必要がなくなります。

既定の設定では、エクスプローラーを開くと、クイック アクセスが表示されます。



■ クイック アクセスを使いこなす!

1. よく使うフォルダーに簡単にアクセスする

利用頻度の高いフォルダーをピン留めしておくと、よく使うフォルダーやファイルに、素早く簡単にアクセスできるようになります。


  • クイック アクセスにピン留めする

    ピン留めしたいフォルダーを右クリックし「クイック アクセスにピン留め」をクリックします。


  • クイック アクセスからピン留めを外す

    ピン留めを外したいフォルダーを右クリックし、「クイック アクセスからピン留めを外す」をクリックします。

2. クイック アクセスに表示する内容を変更する

最近使用したファイルやよく使用するフォルダーは、自動でクイック アクセスに表示されます。

他人に見せたくないファイルがある場合、これらのファイルやフォルダーをクイック アクセスに表示しない設定に変更できます。

クイック アクセスを右クリックし、[オプション] を選び、[プライバシー] のチェック ボックスをすべてオフにし、[適用] をクリックします。

これで、クイック アクセスにはピン留めされたフォルダーだけが表示されるようになります。

(これらのチェック ボックスをオンに戻すと、クイック アクセスから削除した項目を再度表示できます)


3. エクスプローラーを起動した時に開く既定のフォルダーを、クイック アクセスから PC に変更する

クイック アクセスを右クリックして、[オプション] を選択します。

そして、[エクスプローラーで開く」の設定を「PC」に変更します。

■ 表示、操作 設定のカスタマイズ

以前のバージョンの Windows に搭載されていた設定も、引き続き利用可能です。

1. クイック アクセス ツール バー

よく使う操作をクイック アクセス ツール バーに表示することで、素早い操作が可能になります。




 2. 項目チェック ボックス

「項目チェック ボックス」を使うと、ファイルやフォルダーに表示されるチェックボックスを使用して項目を選択できます。

Shift キーや Ctrl キーを使わずに、マウス操作、またはタップのみで、複数のファイルやフォルダーを選択することができます。

この設定を利用するには、エクスプローラーの [表示] タブ にある [項目チェック ボックス] をオンにします。

3. ファイル名拡張子、隠しファイル/フォルダー を表示する

既定の設定では、「隠しファイル/フォルダー」やファイル名の「拡張子」は、表示されません。

表示するには、エクスプローラーの [表示] タブ の [ファイル名拡張子]、[隠しファイル] をオンにします。

ファイル名拡張子を表示する

隠しファイル (隠しフォルダー) を表示する

コメント (0)

進行