Wiki 記事
適用先 518 回の表示

Windows 10 のスタートメニューをカスタマイズする

テクニカル レベル : 基本

概要

利用環境や目的にあわせてカスタマイズすることで、スタートメニューをより使いやすくすることができます。

詳細

◆ スタートメニューのカスタマイズ編

■ 設定アプリからカスタマイズをする


設定アプリからスタートメニューの各種カスタマイズが可能です。
いずれの項目もオン/オフの切り替えが可能です。


1. スタート → [設定] (歯車のアイコン) → [個人用設定] → [スタート] と進みます。



2. 画像の赤枠内で変更可能な設定を紹介します。

  • 「タイル数を増やす」
    → 「タイル数を増やす」をオンにするとスタートメニューに表示できるタイル数を増やすことができます。


  • 「ときどきスタート画面におすすめを表示する」
    →「ときどきスタート画面におすすめを表示する」をオンにすると、「Windows 10」のスタート画面に「おすすめ」が表示されます。


  • 「よく使われるアプリを表示する」
    →「よく使われるアプリを表示する」をオンにすると「Windows 10」のスタートメニューに使用頻度の多いアプリが表示されます。


  • 「最近追加したアプリを表示する」
    →「最近追加したアプリを表示する」をオンにすると「Windows 10」に新しくインストールしたアプリが表示されます。


  • 「全画面表示のスタート画面を使う」
    →「全画面表示のスタート画面を使う」をオンにすると「Windows 10」のデスクトップの全画面でスタートメニューで操作できます。
    ※ Windows 8.1 のようなスタートメニューです。


  • 「スタート画面またはタスクバーのジャンプリストに最近開いた項目を表示する」
    →「スタート画面またはタスクバーのジャンプリストに最近開いた項目を表示する」をオンにすると「Windows 10」のスタート画面及びタスクバーのジャンプリストに使用履歴に関する項目が表示されます。


  • 「スタート画面に表示するフォルダーを表示」下の画像の「スタート画面に表示するフォルダーを表示」→ 各種フォルダーを「オン」にすると、スタートボタンをクリックした時に選択したフォルダーを表示できます。






■ スタートメニューのサイズをカスタマイズする


下の画像のように、スタートメニューの端の部分をドラッグ&ドロップすることで、スタートメニューのサイズを変更できます。




■ ライブタイルの ON/OFF を切り替える


Windows 10 には、スタートメニューに表示されているアプリの中にはライブタイルという機能を持つものがあります。
ライブタイル機能をオンにすると、アプリを起動していない状態でも、ニュースや天気、メールなどの最新情報を得ることができます。

下の画像のようにライブタイルをオフにすることができます。


コメント (0)

進行