Wiki 記事
適用先 207 回の表示

Anniversary Updateで追加された新機能の紹介 (ユーザーインターフェース編)

テクニカル レベル : 基本

概要

Anniversary Update で追加されたユーザーインターフェースの新機能を紹介します。

詳細

◆ ユーザーインターフェース編


■ アクションセンター内のクイックアクションのカスタマイズ


クイックアクションを非表示/表示に切り替えたり、位置を任意で並び替えられたりできる機能が追加されました。


変更方法は以下の手順です。

・クイックアクションを並び替える
1. スタート → 「設定」 → 「通知とアクション」
2. 画像のクイックアクションをドラッグ(長押し)して、入れ替えたい場所でドラッグ




・クイックアクションの追加または削除
1. スタート → 「設定」 → 「通知とアクション」
2. 「クイックアクションの追加または削除」
3. クイックアクションに表示したい項目を「オン」に、表示したくない項目を「オフ」にします。




■ アプリのモードを変更(背景を黒にする)

アプリのモード(背景色を白/黒)を選択できるようになりました。

1. スタート → 「設定」 → 「色」
2. 「アプリのモードを選ぶ」
3. 「白」か「黒」をオンにします。
※ 既定では「白」が選択されています。




■ すべての仮想デスクトップに、アプリ/ウィンドウを共通して表示する

各仮想デスクトップ上に、アプリやウィンドウを共通して表示する機能が追加されました。

1. タスクビューを開く
2. すべてのデスクトップに表示したいアプリ/ウィンドウを右クリックして、希望する項目にチェックをいれます。



■ 通知領域に通知の数を表示

通知領域に未確認の通知がある場合、未確認の通知の数を表示するようになりました。

他にも、通知領域内のアイコンがわかりやすく変更されています。


■ Windows スポットライト (こちらはバージョン 10586 からの機能です。)

Windows 10 では、ロック画面に美しい画像を表示する「Windows スポットライト」機能があります。
※ 手動でロック画面に移行するには、Windowsキー + Lキーを押します。

Windows スポットライトは毎日、ロック画面に新しい画像を表示します。追加の画像は継続的にダウンロードされます。

画像を変更したい場合は画面上の「気に入りましたか ?」をクリック → 「好みではありません」をクリックします。
※ なお、PC 起動時/再起動時に表示される画面は「Windows スポットライト」の画面ではありません。

コメント (0)

進行