[Win8CP] ソフトウェアキーボードの入力モード既定値について

日本語版W8CPのソフトウェアキーボードは既定で[あ]のローマ字かな変換の日本語入力モードになっているようです。

キーボードが表示されるたびに日本語入力になってしまうのは非常に使いにくいと感じています。
システムワイドで現在の入力モードを保存したり、せめて規定値を変更することはできないでしょうか?
(個人的には、現在のように常にどちらかが既定値として選ばれるのであれば、安全面も考えて英数側に倒すべきだと考えます)

また、入力モードの変更キー兼インジケーターが左下の非常に見難い場所にあり、数文字入力してから「あ゛ー!!!」と気づいてイライラすることが非常に多いのです。これまでの物理キーのIMEのようにCtrl+何某やファンクションキーで素早く変換を切り替えることもできません。
対処療法として言語として英語のキーは追加していますが、これがまた日本語とパッと見、見分けがつかないのでイライラします。

また、スプリット配置のキーボードではたくさん隙間があるのですから、このあたりに見やすくモード切替やカナ/かなキーを配置することはできないでしょうか?

 

質問情報


最終更新日 2013年9月13日 表示 385 適用先:
回答
回答

IME開発チームです。ご質問ありがとうございます。

 

日本語ソフトウェアキーボードは、日本語の入力を快適に行うことを目標にしています。このために表示した直後から日本語が入力できるように既定を定めました。

 

なお、この日本語ソフトウェアキーボードでは、日本語の中で使われるアルファベット入力をサポートする機能を持っています。

文中に英単語を入力する場合は、「カナ英」キーをタップすると、カタカナ、英文字の候補が表示されます。

また、明らかに英単語らしい文字列の場合は、第一候補にアルファベットの文字列を表示します。

 

短いアルファベットの文字列を入力する場合は、

-       「カナ英」キーをつかう

-       英単語をそのまま入力する

といった方法もぜひ試してみてください。

 

スプリット キーボードへのご提案ありがとうございます。今後の商品開発の参考にさせていただきます。

Microsoft IME 開発チーム

この回答で問題は解決しましたか?

役に立ちませんでした。

回答としてマークしていただきありがとうございます。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。

この回答の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。