Windows 7 for x64-based Systems 用 Internet Explorer 11 の累積的なセキュリティ更新プログラム (KB3058515)がインストールできない:80092004

Windows 7 for x64-based Systems 用 Internet Explorer 11 の累積的なセキュリティ更新プログラム (KB3058515)
がインストールできない問題が発生しています。


2015年4月に発生した「KB3038314」問題と同じ症状とみて間違いないかと思います。
http://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_7-windows_update/80092004win7pro/8b84e305-0fd2-4e83-90cb-893e9a13fbcf


しかし今回は解決方法が未だ見付からず、
協力をお願いしたく書き込みさせていただきました。


【原因】
KB3058515がリリースされた2015/6/9以降に、IE11をインストールすると発生。


IE11のインストーラーは、IE11インストール後、自動的に更新プログラムのダウンロードとインストールを行う。
しかしKB3058515は正常にインストールされておらず、バージョン情報のみ更新される(?)
(IE11の更新バージョンは「KB3058515」となる)
WindowsUpdateには「KB3058515」が表示されるが、インストールには失敗する。
エラーコード:80092004。


【対処法】
※Win7のクリーンインストール以外、解決法は未だ見付かっていません。
クリーンインストールでの解決法は、上記の「KB3038314」問題のリンク内にある
「鮭茶漬 さんが2015/4/27に記載された、解決方まとめ」が分かりやすいかと思います。
(KB3038314を、KB3058515に読み替えて操作を行ってください)
この方法で、今回も実際に成功しました。


【試したこと】
前回と同じように試してみました。
※こちらの環境は、intel H55チップセット機です。
Windows 7 SP1 64bit版を新規インストールし、WindowsUpdateにて最新の状態。
 (既にIE11をインストールしている状態)


普通にWindowsUpdateを繰り返し行い、最新の状態にする。
(KB3058515の失敗は無視)

IE11をアンインストール、再起動。

オフライン版IE11(IE11-Windows6.1-x64-ja-jp.exe)をダウンロードし、
/update-no オプションを付けてインストール。

この時点でインストール失敗します。

下記のサイトから「必須更新プログラム」「オプション更新プログラム」の全てをインストール。
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/2847882/ja
しかし前回と違い、全て「既に適応されています」となり、変化なし。

上記の必須更新プログラムを一度すべてアンインストールし、再インストールを行いましたが、
結局IE11のインストールに失敗し、インストールできません。
WindowsUpdateでもIE11のインストールに失敗するようになりました。

WindwosUpdateの履歴を参考に、IE11をインストールした以降全ての更新プログラムをアンインストールしてから
WindowsUpdateにてIE11を再度インストールたことろ、インストールに成功しました。
また、KB3058515のインストールも成功しました。
…ただ、あまりにも手間が掛かり、もはや偶然かも知れないので成功とはいえません。
上記の手順の中の何かが、成功のカギだと思いますが…。


以上となります。
同症状に陥った方、またはこれからWin7を新規インストールされる方、
どうかご協力をお願いします。

 

質問情報


最終更新日 2018年10月03日 表示 9,955 適用先:

sharper_99 さん、お久しぶりです。

先の問題をクリーンインストールで対処した、うちのWin7x64では今回のトラブルは発生してません。

ポイントは、もしかしたら定例updateを行う直前に、偶然オプションのパッチ2個を6月6日に、先にインストールしてた事かも?です。

あと気になるのは、定例パッチの推奨:KB2952664 は、一度失敗して再度インストールで成功した筈なのに、失敗の履歴が今日見たら消えてました。微妙に何か関係してるかも?なので、報告しときます。又、確かKB3033890は、KB2952664が失敗した後に現れて、一緒にインストールされました。

もしかしたら、この順番(6月6日の2個を先に、KB2952664&3033890を後に)でインストールすれば上手く行くかも?です。因みに、例のウザイ「Win10アップグレード客引き」パッチは、面倒なので入れたまま放置してます。

参考になれば幸いです。

P.S

KB2952664 が一度失敗したというのは、私の勘違いかもしれません。m(_ _)m

今Win8.1の更新履歴を見たら、推奨パッチが一度失敗してて、再度インストールで成功してました。

Win7&8.1とも深夜に作業したので、記憶がゴッチャになってる可能性が有ります。

ただ再インストール時に、もう一個(KB3038390)現れた様な記憶は有り、Win8.1の更新履歴には無かったので、個人的には完全否定はし辛いです。

あやふやな情報で済みません。

とりあえず「インストール成功した順番」という事で、参考にして下さい。

この回答で問題は解決しましたか?

役に立ちませんでした。

回答としてマークしていただきありがとうございます。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。

この回答の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。

金華山の仙人 さん、お久しぶりです。ご返信ありがとうございます。


前回の件では、どうもありがとうございました。
また今回も早速有益な情報、大変心強いです。


> 先の問題をクリーンインストールで対処した、うちのWin7x64では今回のトラブルは発生してません。

ご報告ありがとうございます。
私の方も「既にIE11をインストールしているPC」については、
今回の「KB3058515」は普通にインストール成功しました。
(金華山の仙人 さんと同じく、前回の問題に引っ掛かったご苦労なPCです…) (^-^;


やはり前回と同じく、KB3058515がリリースされた6/9を分岐として
「2015/6/9までに、既にIE11をインストールしているPCは、今回の問題は発生しない。
それ以降にIE11をインストールしたPCは×。
ということで間違いなさそうです。


また「更新のインストール順を変えてみる」というのは期待できそうですね。
というのも、(前回記載したこと重複してしまうのですが)こちらで試した中で唯一成功した方法は


IE11をアンインストール

WindowsUpdateの履歴を参考に、IE11をインストールした後の更新プログラムをすべてアンインストール

WindowsUpdateにて、IE11を再度インストール

WindowsUpdateにて、KB3058515をインストール


でした。(あまりに手間なので、もう同じことはやりたくないですが…。)
数が多すぎて、実際にどれをアンインストールしたのかメモっていなかったため分かりませんが、
更新プログラムのインストール順を変えるだけで問題を回避できる可能性も高いかと思います。
良いアイデアを頂きました。ありがとうございます。


ご記載いただいた「オプションのパッチ」などについて調べたところ、
・「KB3068708」:カスタマーエクスペリエンス向上プログラムの更新
・「KB3050265」:WindowsUpdateの更新?不明。
・「KB2952664」:Windows10アップグレードの為の互換性更新
・「KB3033890」:Windows Media Playerの更新
でした。

IE11をインストールする前に上記をインストールする、
またはその逆…あるいはいくつかだけ事前にインストールする…

あああ、これまた結構面倒な作業ですね。笑。


何にせよ試してみます(^-^;
ありがとうございます。

この回答で問題は解決しましたか?

役に立ちませんでした。

回答としてマークしていただきありがとうございます。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。

この回答の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。

自己レスです。
書く必要も無くなり、遅くなってしまいました。すいません。


> 金華山の仙人 さん
今回もご協力いただき、ありがとうございました。
それで…
解決した、というか…いつの間にやら修正されていました。


あれこれ検索してもMicrosoftからのアナウンスを発見できなかったので正確な日付は判断できませんでしたが、
2015/6月の後半あたりから、今回の問題は発生しなくなっています。


完全に同環境のWin7 SP1 x64にて、新規インストール→WindowsUpdateを行い、
上記のエラー無く最新の状態になりました。

どのような修正によって解決したかは不明ですが、

日本内外を問わず、掲示板などで同問題を記載していた多数の方も、6月末あたりからばったり無くなりました。

※他に、「KB3058515」は
ActiveX コントロールをインストールできない、という問題が発生しているようで、
これは公式にアナウンスされ、解決方法も記載されています。
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/3058515
上記ページ内の「既知の問題」内。


お騒がせしてしまい、申し訳ありませんでした…とは思うのですが。
このコミュニティはMicrosoftのモデレーターの方もチェックしていらっしゃるかと思いますので
前回、今回を含み、お願いがあります。


修正したなら「修正した」と書き込んで欲しいです…。

この回答で問題は解決しましたか?

役に立ちませんでした。

回答としてマークしていただきありがとうございます。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。

この回答の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。

お疲れ様でした。

最近某2chとかでWinUpdateのチェックはしてますが、確かに先回の様な騒ぎにはなってなかったですね。

うちではもうWin7の新規インストールしないで済む様に、DVDメディアやSSDにバックアップしてますが、新規インストールをちょくちょくやってる人なんかには、大変ですよね。

そういやWin10は自動update必須になるそうですが、延々とWin10のまま引っ張る様なので、新規で再インストールはエライコッチャになりそうで困りものですね。

因みにWin10に無料アプグは、あまりしたくは無いですが、一台はするつもりです。クライアントLinuxに全面移行するには、プリンタドライバやらフラッシュプレイヤ等、不都合が解消し切れませんし、世の中に一番多いPC用OSには、使い慣れざるを得ませんし、致し方無しです。

P.S

そういえば、いつのまにやら直った問題には、私も遭遇した事が有ります。

WinXpで使ってたMBにR9550カードを換装したら、Win7に移行した時にドライバNGが発生し、どうやっても駄目でした。結局nVidiaのビデオカードを購入&導入したらOKで暫く使ってましたがKP41病頻発が治らず、最終的にはMBごとゴッソリ全交換しました。

ところが、MB交換する前にR9550カードをフト試したら、しっかりドライバ導入OKに直ってました。

ドライバNG時にMSサポートにお世話になったので、その情報がフィードバックされたのでしょうけど、今更って感じでしたね。

この回答で問題は解決しましたか?

役に立ちませんでした。

回答としてマークしていただきありがとうございます。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。

この回答の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。