C>ProgramFiles内のテキストの保存で、アクセスが拒否されましたとでます。

当方、windows7pro(32bit)です。
オークション出品ツールをインストールしたのですが、そのソフトのカテゴリーに値する物がC>ProgramFiles>Bidders>dataの中に、UsedCategという題名でメモ帳のtxt形式であるのですが、そのテキストを直接開いて編集し上書き保存をしようとしたところ、『アクセスが拒否されました』と出ました。
XPの時は、編集・上書き保存が.できたのですが、windows7になってから編集ができなくなってしまったのでしょうか?
普段は、編集しないので、一時的に編集・保存出来るように出来る方法があれば、一時的にそのようにしたいと思うのですが…何か設定はできないのでしょうか?

|
回答
回答

デフォルトではProgram Filesフォルダの中は編集する権限がなくなっています。

管理者権限があるのであれば、
フォルダやファイルにアクセス件を付与するか、
修正頻度が低いのであれば、UsedCategファイルをデスクトップなどにコピーして編集し、編集が終わったら本来の場所にコピーすることでも可能です。

2 ユーザーがこの回答を役に立ったと思いました。

この回答が役に立ちましたか?

はい
いいえ

役に立ちませんでした。

素晴らしい!フィードバックをありがとうございました。

この回答にどの程度満足ですか?

フィードバックをありがとうございました。おかげで、サイトの改善に役立ちます。

この回答にどの程度満足ですか?

フィードバックをありがとうございました。

回答
回答

UACが有効のVistaやWindows 7においてい、アプリケーションで、Program Filesフォルダの中のファイルを変更すると、ご指摘のようにVirtualStoreに書き込みが行われます。
これは仮想化と呼ばれるもので、OSがProgram Filesフォルダを保護するために起こります。

VistaやWindows 7に対応したアプリケーションであれば、このあたりは考慮されて作られているはずですが、もともとVistaやWindows 7に対応していないアプリケーションの場合、Program Filesフォルダ以外にインストールすることにより、このような動作を避けることが出来ます。

もちろん一番いいのは、正式にWindows 7対応のアプリを使用することですが。

この回答が役に立ちましたか?

はい
いいえ

役に立ちませんでした。

素晴らしい!フィードバックをありがとうございました。

この回答にどの程度満足ですか?

フィードバックをありがとうございました。おかげで、サイトの改善に役立ちます。

この回答にどの程度満足ですか?

フィードバックをありがとうございました。

 
 

質問情報


2019年12月25日最終更新日 表示数 53,444 適用先: