Windows10Proアップグレード 0xc1900101-0x20017 boot操作中にエラーが発生したためSAFE_OSフェーズで失敗しました

Windows10Proアップグレード 0xc1900101-0x20017 boot操作中にエラーが発生したためSAFE_OSフェーズで失敗しました

ということで Windows10Proアップグレードができません ハードウエアは最新です

整合性エラーなし チェックディスクも問題なし Windows10ProアップグレードISOディスクで行っています

珍しいエラーなので いったいどこが問題があるのかわかる方 お願いいたします

Windows 7 Pro 64bitからのアップグレードです

 

質問情報


最終更新日 2020年3月21日 表示 5,280 適用先:

この回答は 1 人の役に立ちました

·

この回答で問題は解決しましたか?

役に立ちませんでした。

回答としてマークしていただきありがとうございます。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。

この回答の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。

   Windows 10 アップグレードのポイントを紹介しておきます

  今回 Windows 7 professional sp1 64bitと Windows 8 pro 64bitを

  半年かけて いろいろ何回も試行錯誤で失敗しましたが

   何のエラーなしにアップグレードが終了しました

1. アップグレードする OSには必要以外のソフトは入れないこれが重要です

 Windows 7 professional sp1は セキュリティソフトはSECURITY ESSENTIALだけ

 ファイヤウォールソフトは既存のものにします

 Windows8Proは ファイヤーウォールソフトも セキュリティソフトDEFENDERがあるので

 必要ありません

2. ドライバなどは そのまま基本的なものだけ適応するバージョンを入れておく

 !マークが出るのは マウス・キーボードのUSBではなく PS/2が出るのですが

 これは削除で問題ないです ドライバWindows Update以外必要ないです

 クリーン・インストールで作業は進みます

3. サード・パーティのソフトでドライバや レジストリの修復などは絶対にしないこと

    ドライバも最新のものにする必要はありません Windows Updateに任せておけばいいです

 例: Advanced SystemCare Pro /comfortablepc/CCcleaner/Registry Cleaner

  /iobituninstaller 他 IObitの製品はWindows10にしてインストールすればいい

  IObitの製品は必要以外のことをするのでエラーが必ず出ます

  OSレベルそれも カーネル致命的なエラーを  叩きだすので注意が必要です

 他の必要なソフトも後入れが好ましいし 楽ですし

(例外)「Drive Booster」だけは問題無いです

 

 ドライバWindows Update以外必要ないです 何もしなことがBESTなのです

 これが重要でこれが完璧なら タスクバーにWindows Upgradeの白いマークが出現します

 4.この時点で それぞれ必要な

 Windows7 professional  Windows 7 professional sp1  Windows8.1Pro  Windows10Pro  

 64bitにしましょう いろいろなバージョンがあるので必要なエディションのISOになります

  マイクロソフトよりMediaCreationToolで ISOファイルをダウンロードしDVD-Rに

 焼きましょう ImageBurnなどでもいいです(必ずベリファイしましょう) 

 あと大事なことは 平日の昼もしくは朝か 夕方にダウンロードしましょう                                              

 早くダウンロードできます

5.これで ささっと アップグレードしていきます 順調に終わるはずなので

 クリーン・インストールが終わったら必ずバックアップイメージソフトでバックアップすること」

 この行程が済めばあとは問題がでれば  この時点にすぐ戻れるのでOKです

 Windows 7 professional sp1でバックアップを取れその時点に戻れます

 Windows 8 proに戻りたければその時点でバックアップしておけば戻れます

 いろいろないWindowsで作業ができます Windows 7の環境でないと動作しないソフトが

 あればバックアップイメージで作業できます

 あとは ゆっくり入れたいソフトをインストールしていけばいいのです

6. あと PCの名前を変えることです ASSPA-PCとか 勝手に名前を変えます

 1度でもアップグレードをすると シャドウ・コピーが自分のPCもしくは

 マイクロソフトのクラウドに作られますから これは邪魔になるので

 PC名を変更し シャドウ・コピーが邪魔しないようにします


7.GPTにするか MBRにするかは バックアップイメージソフトベンダーが

 まだまだ対応していないので 私はマルチブードしていますのでMBRにしています

 GPTのダイナミックディスクにすると 2TB以上のハードドライブを使えたり

 BitLocker暗号化などセキュリティの面では いいのでしょうが そのセキュリティが

 仇になってしまう事例がいくつかありまして 恐ろしくて使えません

 軽々しくSATAを 外したりしたらもうアウトです BitLockerにしていたら

 そのハードディスクは誰も使うことができなくなるらしいです

 フォーマットしか救済することができません これは「両刃の剣」ですね

 企業のサーバーなどでは必要でしょうが 個人としてはちょっと考えちゃいますね 

 できないのです  

8. 最後に メーカーPCならば ドライバだけが必要になりまが

 なくてもいい機能がついているからで お勧めするのは 上記に記述した通り

 OSのクリーン・インストールをしましょう 使いもしないソフトや機能が無くなって

   とても気持ちが良いです メーカーのリカバリーディスクではなく

 マイクロソフトの各OSのMediaCreationToolをダウンロードしてISOファイルをダウンロード

 ISOイメージファイルを DVD-Rに書き込みましょう Windowsの機能でも出来ますし

    私はImageBurnというソフトで ImagefileをDVDディスクに書き込むを選択すればOKです

 忘れてはいけないのは 必ずベリファイというところにチェックしましょう

 私は クリーン・インストール派(自作)なので すっきりしてゴチャゴチャしてなくて

 気持ちがいいですよ メモリも消費しないし お勧めします

この回答で問題は解決しましたか?

役に立ちませんでした。

回答としてマークしていただきありがとうございます。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。

この回答の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。

2. ドライバなどは そのまま基本的なものだけ適応するバージョンを入れておく
 !マークが出るのは マウス・キーボードのUSBではなく PS/2が出るのですが
 これは削除で問題ないです ドライバWindows Update以外必要ないです
 クリーン・インストールで作業は進みます

WIN10不対応でドライバの調達は、難しいです。 どう調達しましたか?

WIN10(対応 or 不明)と違いますか?

ハードウエアは最新です → クリーン・インストールとDEFAULT_DRIVERで動いたと言う事か?

この回答で問題は解決しましたか?

役に立ちませんでした。

回答としてマークしていただきありがとうございます。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。

この回答の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。

ok123さん

各、日本企業のハードウェア・ドライバはほとんどのドライバは、日本製ではありませんから

最終的にはWindows UpDateで更新プログラムでマイクロソフト名のドライバ

もしくは 外国の正式なドライバを 調達してくれます。 これはあくまでも日本独自の

あってもなくてもどうでもいいドライバ(PC日本企業)のドライバは 各、日本のメーカーに

対応してもらはないとどうしようもないです。対応しなくてもどうでもいい機能なので

そのままで全然問題ないと思います

ここで どうしても 10年以上前の古いPCなどでも 諦めることはありません

これは 日本のメーカーが Windows10のためにドライバの配布をしてくれないという事例が

存在すると思いますが 、書きそびれたことがあります。

奥の手があるのです IObitの製品「Drive Booster」 これだけはWindows10になっても 削除されることはありません。他のIObitの製品は削除されます。

このソフトがあれば メーカーに依存しなくても新しいドライバを探してきて、

PCが動作しないような重要なドライバは、バッチリ最新版をインストールしてくれますので

安心してください。

Drive Booster」はEree版でもしも 必要なドライバが合っても更新しないものが

ありますから その時はProに アップグレードしてください 確か1,000円くらいです。

このソフトの良いところは ちゃんと以前のドライバをバックアップしてくれるので

不具合がでたら ロールバックすればいいので安心して使用できます。

何度も言いますが、とにかく元のWindowsのクリーンインストールを行い

最小のウイルスソフト、7なら「 Security Essential」8 8.1はSecurityソフトは入りません

後は ドライバが 不明の!マークだったりしたら IObitの製品「Drive Booster

で適切なドライバを入れて Windows10に対応していないソフトは諦めてください

AdoveのPhotoshopなどは 新しいOSには対応していないと記述してありますが

問題なくインストール、問題なく使用できます。

おまけ

私は Acronisを使っていましたが マルチブート環境で問題なく使えるのは

「AOMEIBackupper Standard」なので、間違いなく 復元するPathitionを探して復元してくれます

もちろん無料です「Acronis TrueImage」必要なとき 最新版をインストールすれば

イメージ・データだけは開けるので そういう形で使用しようと思っています

Acronis TrueImageは Cloudがすのですが Cloudからダウンロードするのにどれだけの時間が

かかるのでしょうね Cloudってやたらに便利そうですが軽いオフィスファイルなどは

そうでもないのでしょうが OneDriveなど初期においては ものすごく同期に時間がかかります

それが OS Partition まるまるとなると40GBにもなる場合もあります

ダウンロードは相当の時間が掛かると想像したら ハードディスクを選択しますね

もう一つおまけ

各 Windows7~Windows10までの ISOディスクは必ずDVDメディアに焼いておきましょう

これがないと エラーが起きた時 修復できなくなります 修復はコマンドプロンプトで

ほぼ99%行いますから 運が良ければWindowsの自動修復で回復することも0.1%はあります 

もしも Windows10に致命的なカーネルエラーがでて起動できなくなった時や

バックアップ自体にエラーが存在していたりした時 BackUpイメージを保管している

ドライブが破損した時には 必要になるから 最後の命綱として 必ずDVDに焼いて保管しておきましょう

おまけのけ

今回のWindows10アップグレードでは 32bitOS]から 64bitOS に変更できます

OEM版でも できます 私は 4台を 32bitから64bitにしました

この回答は 2 人の役に立ちました

·

この回答で問題は解決しましたか?

役に立ちませんでした。

回答としてマークしていただきありがとうございます。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。

この回答の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。