Windows 10 October 2018 Update (バージョン 1809) の紹介

【概要

この記事では、​​Windows 10 October 2018 Update (バージョン 1809) 新機能や主な変更点を紹介します。


※ Windows 10 バージョン 1809 アップデート後、一部のファイルが不足しているという問題があり公開を停止しておりましたが、現在は問題が解消され再配信されています。

Windows 10 update history

※ 英語のページなので、必要に応じて <Bing 翻訳> をご利用ください。

【詳細】

このアップデートには、クリップボードの履歴の導入など、新機能や変更・強化された機能が含まれています

■ アップデートの対象者

Windows 10 Home、Pro、S を実行している、すべての既存の Windows 10 デバイスのユーザーは、無償でこのアップデートを入手できます。

■ Windows 10 October 2018 Update (バージョン 1809)の入手方法

Windows 10 のユーザーはアップデートが利用可能になると、Windows Update から通知を受け取ります。

表示される指示に従ってデバイスを更新します。(Windows Update で配信されるのを待つ方法です)

その他に、以下の 3つの方法でアップデートすることが出来ます。

方法 1. 手動で Windows Update 実行する

<手順>

  1. [スタート] メニューをクリックし、[設定] を開きます。
  2. [更新とセキュリティ] > [Windows Update] の順に進み、[更新プログラムのチェック] をクリック、またはタップします。
  3. [Windows 10、バージョン 1809 の機能更新プログラム] が検出されたら、[今すぐインストール] を選択します。
  4. 表示される画面従い、インストールを進めます。
  5. [今すぐ再起動] をクリック、またはタップします

方法 2. Windows 10 ダウンロード サイトの 「今すぐアップデート」 を実行する

<手順>

  1. Windows 10 のダウンロード にアクセスします
  2. [今すぐアップデート] をクリック、またはタップします。
  3. [実行]、[保存] の確認が表示されたら、[実行] を選択します。
  4. Windows 10 Update Assistant (更新アシスタント) が実行されます。
  5. 表示される指示に従い、アップデートを進めます。

方法 3. インストール メディアを作成し、アップデートする

Windows Update、更新アシスタントでのアップデートに失敗する、という場合はこの方法も試してください。

また、複数の Windows 10 デバイスをアップデートする予定がある場合、事前にインストールメディアを作っておくと、ダウンロードの回数を減らすことができます。

※ Windows 10 Creators Update (バージョン1703) 用のコンテンツですが、バージョン 1809 もほぼ同じ手順です。

新機能と変更・強化された機能

機能 説明
[同期電話] アプリ

Windows 10 PC とスマートフォンをリンクさせる機能が追加されました。

Windows 10 の [同期電話] アプリを通してスマホの写真やテキストメッセージを閲覧できます。

詳しくは次のページをご覧ください。

同期電話アプリのヘルプ
「切り取り領域とスケッチ」アプリ

「切り取り領域とスケッチ」アプリでキャプチャ・ペンツールによる描き込み・共有が行うことができます。

アプリは次のいずれかの手順で起動できます。

Windowsキー + Shift キー +S キーを押す

・アクション センターの 「画面領域切り取り」クリック

・ペンのボタンをクリック (製品によっては起動できないペンもあります)



クリップボードの強化

PC 上でコピーした内容を履歴として残しておくことができ、履歴から貼り付けができるようになりました。
またクラウド (Microsoft アカウント) を介してクリップボードの履歴がデバイス間で同期されるようになり、同一の Microsoft アカウントで利用する他のデバイスでも同じ履歴から貼り付けが可能になりました。


詳しくはこちら

表示文字の拡大 次の手順でテキストのみ拡大することができるようになりました。

設定方法:

[設定] > [システム] >[ ディスプレイ] > [文字を大きくする] のスライダーを操作

メモ帳の新機能

メモ帳に次の機能が追加されました。

  • ズーム機能追加
    フォントサイズを変更することなく拡大できるようになりました。
  • 検索の [折り返し] 機能追加
    検索に [折り返しあり] オプションが追加され、最後まで検索したら折り返してはじめから検索できるようになりました。
  • 選択したテキストを Bing 検索する機能
    テキストを選択し右クリック > Bing 検索を選択すると Bing で検索できるようになりました。

Bluetooth
  • デフォルトで Swift Pair が有効になりました。

    Swift Pair とは、新しい周辺機器が近くにありペアリング準備が整っていると接続のための通知が表示される機能です。これにより設定アプリを辿る必要がなくユーザーは簡単に接続することができます。

  • Bluetooth トラブルシューターが改善され、以前よりも問題解決が簡単になりました。
バッテリーヘルスモードを通知 一部の PC メーカーは、バッテリーが 100 % になるとバッテリー レベルを低レベルにしバッテリー寿命の低下を抑えるバッテリー ヘルス モード機能を有効にしています。

バージョン 1809 ではバッテリー ヘルス モードが有効になった時にそれを知らせる通知が表示されます。

詳細はこちらのページをご覧ください。

Windows 10 のバッテリー ヘルス モードについて

Microsoft アカウントにサインインする際セキュリティ キーが使用可能に Microsoft アカウントにサインインする時、セキュリティ キーを使用してサインインできるようになりました。

詳細は次のページをご覧ください。

Windows Hello またはセキュリティ キーで Microsoft アカウントにサインインする

※セキュリティ キーとは、コンピューター アクセサリの販売店から購入して使用する物理デバイス (USB キーや、NFC リーダーでタップする NFC キー) などです。

Microsoft Edge (EdgeHTML 18)

ジャンプリストやメディアの自動再生の設定などが追加されました。

詳細は次のページをご覧ください。

Windows 10 October 2018 Update に搭載されたMicrosoft Edge(EdgeHTML 18)の新機能

 

フォーラム記事情報


最終更新日 2018年12月13日 表示 45,035 適用先:

* 小さ目のページ番号でお試しください。

* 番号のみをご入力ください。

* 小さ目のページ番号でお試しください。

* 番号のみをご入力ください。

メモ帳のズームで文字の大きさが変更できるのは便利ですが、

せっかく変更した文字の大きさが以後に保存されず、

毎回メモ帳を開いたときに設定しなければならないようです。

プロフィールを公開しています。

1) EdgeやIEの「お気に入り」が[設定の同期]でクラウド上に保存されていたのが保存されなくなっているので注意してください。

2) Edgeの「お気に入り」がHTMLファイルにエクスポートできるようになっています。「お気に入り」は自分でバックアップしましょう

いつものことですが、
今回のバージョンアップで設定がデフォルトに戻ってしまうところがありました、
改めて設定し直す必要があります。

1、システムの保護が無効に戻ってしまいます。
  回復ポイントが作成されなくなってしまうのでいざというときに慌てます。
  最近のバージョンアップでは有効がずっと保持されていたのに
  今回久しぶりで無効に戻されてしまいました。

2、通知を表示する長さがデフォルトの5秒になってしまいます。
  短すぎて読みそこなうことや、スクリーンショットで保存する余裕がなくなります。
  私は15秒に設定しておき、読み終わったらその時点で手動で閉じています。
  秒数が維持されなかったのは今回のバージョンアップが初めてだと思います。

3、コマンドプロンプトの画面がデフォルトの黒地白文字の小さな画面に戻ります。
  これは今回に限らずいつもバージョンアップで戻ります。
  私は見やすくするために紺地黄色文字にして文字級数も24ポイントに拡大しています。

4、高速スタートアップは何故か無効でも維持されるようです。
  今まではいつも有効に戻されてしまっていたのですが今回はめずらしく無事でした。

5、F8キーによるセーフモード起動設定はいつもデフォルトの不可に戻ります。
  今回はデフォルトになっているかどうか確かめずにF8キー可能に設定してしまいました。
  多分、いつものようにデフォルトに戻っていただろうと思うのですが・・・

プロフィールを公開しています。
詳細な情報ありがとうございます❗

更新後、ドキュメント、ピクチャ、ミュージック、ビデオ内のファイルがすべて削除された

C:ドライブの空き容量は増えたけどね

Intel第6世代(Skylake)以降のCPUを使用しているパソコンのアップグレードについて

Intel第6世代(Skylake)以降のCPUを搭載し、Intel Audio Displayドライバver.10.25.0.3~10.25.0.8を使用している場合に、省電力機能が十分に働かずプロセッサが過度に電力を消費するためWindows Updateからのインストールが停止されています

プレスリリース:

https://support.microsoft.com/en-ph/help/4465877/what-needs-your-attention-intel-audio-display-notification

https://www.intel.com/content/www/us/en/support/articles/000030792/graphics-drivers.html

1809アップデート後にバックアップと復元(Windows7)が使用できない。

エラー内容は0x80070013 メディアが書き込み禁止になっています と表示されます。

該当HDDには書き込みができる事は確認済みです。

念のため、ディスクの管理からHDDをアンマウント・マウントしてみましたが、効果はありませんでした。

尚、システムイメージの作成は成功します。

https://answers.microsoft.com/en-us/windows/forum/windows_10-performance/after-windows-10-version-1809-update-build-177631/015e4aad-9bd9-43fa-9abf-7584e478ba4d

海外でも同様の事例があるようです。

「表示文字の拡大」は 設定―簡単操作―ディスプレイ の中です。設定―システム―ディスプレイの中には、「表示文字の拡大」 はありません。

1~3の現象は、手元 PC では起きてませんね。必ずそうなるということではなく、何か個別の要因があるのでしょう。4、5 については元々の設定が違うため確認できません。

バージョンアップ時に設定がデフォルトに戻ってしまう項目は今までずっと、

全ての人に共通で起きているのだとばかり思っていました。

もしかすると私は少数派だったのかな。

あまり実害はないけれど広い意味ではトラブルと言えるのかもしれませんね。

貴重なご指摘ありがとうございます。

少数派だったのなら場違いな投稿をしてしまったような気がするのですが、

デフォルトに戻る同じ現象が起きている人もいると思われますので、

投稿文は残しておきます。

プロフィールを公開しています。

* 小さ目のページ番号でお試しください。

* 番号のみをご入力ください。

* 小さ目のページ番号でお試しください。

* 番号のみをご入力ください。