Windows 10 May 2019 Update (バージョン 1903) の紹介

                               

【概要

この記事では、​​Windows 10 May 2019 Update (バージョン 1903) 新機能や主な変更点を紹介します。

【詳細】

このアップデートには、新機能や変更・強化された機能が含まれています

■ アップデートの対象者

Windows 10 Home、Pro、S を実行している、すべての既存の Windows 10 デバイスのユーザーは、無償でこのアップデートを入手できます。

■ Windows 10 May 2019 Update (バージョン 1903) の入手方法

Windows 10 のユーザーはアップデートが利用可能になると、Windows Update から通知を受け取ります。

<手順>

  1. [スタート] メニューをクリックし、[設定] を開きます。
  2. [更新とセキュリティ] > [Windows Update] の順に進み、[更新プログラムのチェック] をクリック、またはタップします。
  3. アップデートが表示されたら、[今すぐダウンロードしてインストールする] を選択できます。
    ※データとフィードバックを慎重に監視しながら、この可用性を徐々に調整しているため、[ダウンロードして今すぐインストールする] が表示されない場合があります。

その他に、以下の方法でもアップデートすることが出来ます。
※デバイスの互換性の問題により、更新がブロックされているケースがあります。この場合は手動での更新は行わないことをお勧めします。
 詳細はこのページの下部にある既知の問題のページをご確認ください。

方法 1. Windows 10 ダウンロード サイトの 「今すぐアップデート」 を実行する

<手順>

  1. Windows 10 のダウンロード にアクセスします
  2. [今すぐアップデート] をクリック、またはタップします。
  3. [実行]、[保存] の確認が表示されたら、[実行] を選択します。
  4. Windows 10 Update Assistant (更新アシスタント) が実行されます。
  5. 表示される指示に従い、アップデートを進めます。



方法 2. インストール メディアを作成し、アップデートする

Windows Update、更新アシスタントでのアップデートに失敗する、という場合はこの方法も試してください。

また、複数の Windows 10 デバイスをアップデートする予定がある場合、事前にインストールメディアを作っておくと、ダウンロードの回数を減らすことができます。

     ※ Windows 10 Creators Update (バージョン1703) 用のコンテンツですが、バージョン 1903 もほぼ同じ手順です。

新機能と変更・強化された機能
以下は 1903 で追加された新機能や変更・強化された機能の一部をご紹介します。

機能 説明
Windows Sandbox アプリ

Windows Sandbox は、アプリケーションを安全に実行するための新しい軽量デスクトップ環境です。
隔離された一時的なデスクトップ環境であなたの PC に影響を与えることを恐れずに信頼できないソフトウェアを実行することができます。


Windows Sandbox にインストールされたソフトウェアは Sandbox 内にのみ存在し、ホストに影響を与えることはできません。
Windows Sandbox を閉じると、そのファイルと状態を含むすべてのソフトウェアが完全に削除されます

詳しくは次のページをご覧ください。

Windows Sandbox の紹介

色モードのアップデート

Windows とアプリのそれぞれで白、黒のモードを選択できるようになりました。
[設定] アプリ > [個人用設定] > [色] から設定できます。

Windows で白を選択すると、タスクバー、スタートメニュー、アクションセンター、タッチキーボードなどを含むすべてのシステム UI が明るくなります。
またすべてを白にする場合、[色を選択する] ドロップダウンで [白] を選択します。

また新しいデフォルトの壁紙が追加されました。テーマを変更することで設定できます。
[設定] アプリ > [個人用設定] > [テーマ] > [Windows (ライト)]

パスワードレス Microsoft アカウントで Windows にサインインする

電話番号により作成されたパスワードがない Microsoft アカウントのサインインがサポートされました。
ユーザーは、SMS に送信されるコードを入力して Windows 10 にアカウントを設定できます。
アカウント設定後は、Windows Hello、顔面認証、指紋認証、または PIN を使用できます。

詳しくは次のページをご覧ください。

パスワードレス Microsoft アカウントで Windows にサインインする

Windows Hello PINリセットのアップデート

Windows Hello PIN リセット手順が更新されました。


更新された手順
1. [PIN を忘れた場合] を選択。
2. マイクロソフトアカウントのサインインページに移動してパスワードを入力します。 [サインイン] を選択。
3. 新しい PIN を入力し、[OK] を選択します。 アカウントへサインインしログインし新しい PIN に更新されます。

サインイン画面の透明効果 Windows のサインイン画面の背景に Fluent Design System のブラシの一種であるアクリル (透明効果) をサポートするようになりました。

この機能は、[設定] アプリ > [個人用設定] > [色] > [透明効果] でオン/オフできます。
Windows Update エクスペリエンスの制御性、品質、透明性の向上

Windows Update に関して大幅な変更がありました。

  • [Download and install now] オプション:
    このオプションにより、対象のデバイスに互換性に関する既知の主要な阻害要因がないことが確認された場合に、機能更新プログラムのインストールを開始できます。
    機能更新プログラムのインストールを保留していても月例の品質およびセキュリティ更新プログラムは、 [更新プログラムのチェック] をクリックして入手できます。ご利用の Windows 10 のバージョンのサポート終了が迫っている場合は、新しい機能更新プログラムのインストールが自動的に開始されます。機能更新プログラムの提供が開始され、マシンにインストールする準備が整っている場合には、通知が表示されます。サポートされているバージョンの Windows 10 を搭載したすべてのデバイスは、月例更新プログラムを自動的に受信し続けます。
  • 更新を保留する期間の延長:
    機能更新プログラムと月例更新プログラムの両方に適用できます。この期間延長の機能は、Home エディションを含む Windows 10 のすべてのエディションに対応しています。すべてのユーザーが機能更新プログラムと月例更新プログラムの両方を最大 35 日間 (1 回に 7 日間、最大 5 回) 保留できるようにしました。35 日間の保留期間を迎えると、再び保留する前にデバイスを更新する必要があります。
  • アクティブ時間の自動調整:
    アクティブ時間機能では、更新プログラムの自動インストールおよび再起動を回避する時間の範囲を手動で設定できます。しかし、多くのユーザーはアクティブ時間の設定を既定値である午前 8 時 ~ 午後 5 時から変更していません。アクティブ時間機能をさらに強化するために、ユーザーの使用状況に基づいてアクティブ時間を調整するオプションが追加されました。
  • 新タイミングの調整の強化:
    システムの応答性を向上します。システム パフォーマンス向上を目的としたこの機能では、Windows の更新プログラムと Microsoft Store の更新プログラムをインテリジェントに調整し、ユーザーがデバイスを使用していないタイミングで両方をインストールすることで作業の中断を最小限に抑えます。

詳細については以下の記事をご覧ください。

Windows 10 の更新エクスペリエンスの制御性、品質、透明性の向上

起動失敗時の最近の更新の削除 Windows の起動に失敗した場合に、Windows Update によりインストールされた最後の累積的な更新プログラムやドライバーを自動的にアンインストールする機能が追加されました。

これは、アップデートまたはドライバソフトウェアをインストールした後にデバイスが起動に失敗したときに発生します。

自動アンインストール後にデバイスが正常に起動した場合、30 日間、該当の更新プログラムやドライバーが自動的に再インストールされることはありません。
プレインストール アプリの削除

[スタート] 画面の [コンテキスト] メニューから削除できるプレインストール アプリが増えました。

複雑な PowerShell コマンドを使用することなく、これらのアプリをアンインストールし、Microsoft Store から再インストールできます。

  • 3D ビューアー
  • 電卓
  • 予定表
  • Groove Music
  • メール
  • 映画&テレビ
  • ペイント 3D
  • 切り取り領域とスケッチ
  • 付箋
  • ボイス レコーダー
検索と Cortana

検索と Cortana が分離しました。
この変更に伴い利用可能な検索と Cortana の設定も分離しています。

マイクアイコン

通知領域に新しくマイクアイコンが表示されます。
このアイコンでアプリがあなたのマイクにアクセスしているかを確認することができます。
アイコンの上にカーソルを置くとどのアプリがマイクにアクセスしているかが表示されます。
複数のアプリがマイクを使用している場合、それらがリストされます。

アイコンをダブルクリックすると、マイクのプライバシー設定が開きます。

高 DPI 環境の改善

以下の 2 点が更新されました。

  1. アプリのスケーリングの修正 の設定がデフォルトで有効になりました。
  2. タスク マネージャーでプロセスごとに DPI 認識を確認できるようになりました。列を表示するには、[詳細] タブの列見出しを右クリックし、[列の選択] をクリックし [DPI 認識] を一覧に追加します。
集中モードの更新

アプリを全画面表示モードで使用しているときに、ポップアップ通知を防ぐための新たなオプションが追加されました。

この機能は、[設定] アプリ > [システム] > [集中モード] > [自動規則] で設定できます。

タスクマネージャーの既定のタブの設定

タスクマネージャーで既定のタブを設定できるようになりました。

タスクマネージャーを起動すると設定したタブが直接開きます。

[オプション] < [既定のタブを設定] から設定することができます。

ディスク容量の管理

バージョン 1903 ではアップデート、アプリ、一時ファイル、およびシステムキャッシュで使用するために、予約ストレージとしてある程度のディスク容量が確保されるようになりました。

予約ストレージは、バージョン 1903 がプレインストールされているデバイス、または 1903 がクリーンインストールされているデバイスに自動的に導入されます。お客様は何も設定する必要はありません。このプロセスは自動的にバックグラウンドで実行されます。

予約されている容量
予約済みストレージは約 7GB から開始されますが、予約済みスペースの量はデバイスの使用方法に応じて時間の経過とともに変わります。
予約されたストレージは削除することはできませんが、未使用のオプション機能や言語を削除することで予約されたスペースを減らすことができます。

予約済みストレージサイズを確認する
[スタート]> [ストレージ設定の検索]> [その他のカテゴリを表示]> [システムと予約を選択]> [予約済みストレージサイズを確認する]の順に選択します。

メモ帳

メモ帳ではいくつかの変更がありました。

UTF-8エンコーディング
バイトオーダーマークなしでファイルを UTF-8 で保存するオプションが追加され、これが新しいファイルの既定となりました。
ドキュメントのエンコーディングを表示する列がステータスバーに追加されました。

未保存を示すマーク
メモ帳では、タイトルバーの文書のタイトルの前にアスタリスク(*)が表示され、文書に変更が保存されていないことを示します。

切り取り領域とスケッチ

切り取り領域とスケッチの主な変更点

  • 切り取りオプションに[ウィンドウの領域切り取り] が新たに追加。
  • 保存時に PNG、JPG、GIF からファイル形式が選択可能になりました。
  • [・・・] > [設定] >「切り取り領域のアウトライン」を [オン] にすることで、色や太さを任意に設定できる外枠を追加可能になりました。
  • [・・・] > [設定] > [印刷] を追加し、直接印刷したり PDF ファイルとして保存が可能になりました。
  • [・・・] > [設定] >「切り取り領域の保存」を [オン] にすることで、未保存の場合は確認メッセージが表示されるようになりました。
  • 保存時、デフォルトのファイル名に日付が追加されます。
  • [新規] ボタンに [今すぐ切り取り] [3 秒後に切り取り] [10 秒後に切り取り] のオプションが追加されました。アプリ起動中やタスクバーにピン留めしている場合はジャンプリストにも表示されます。

■ 既知の問題

以下の Windows リリースヘルスダッシュボードでは、現在の展開状況と既知の問題 (未解決および解決済み) について、機能と毎月の更新の両方でタイムリーな情報を提供します。

 

フォーラム記事情報


最終更新日 2019年12月09日 表示 13,676 適用先:
啓発

作業前には必ずバックアップを!!

必要なユーザーファイルのバックアップは世代管理で行う事、ファイルが喪失してからでは復旧は出来ません

Microsoft コミュニティー は Microsoft のサポートでは有りません、ユーザーが情報交換する為のコミュニティーです

他の方への参考情報に成る様に問題の解決/未解決 に係わらず結果のレポートをレスして下さい

不明点はスルーせずに確認を!
啓発

作業前には必ずバックアップを!!

必要なユーザーファイルのバックアップは世代管理で行う事、ファイルが喪失してからでは復旧は出来ません

Microsoft コミュニティー は Microsoft のサポートでは有りません、ユーザーが情報交換する為のコミュニティーです

他の方への参考情報に成る様に問題の解決/未解決 に係わらず結果のレポートをレスして下さい

不明点はスルーせずに確認を!
啓発

作業前には必ずバックアップを!!

必要なユーザーファイルのバックアップは世代管理で行う事、ファイルが喪失してからでは復旧は出来ません

Microsoft コミュニティー は Microsoft のサポートでは有りません、ユーザーが情報交換する為のコミュニティーです

他の方への参考情報に成る様に問題の解決/未解決 に係わらず結果のレポートをレスして下さい

不明点はスルーせずに確認を!

「サインイン画面の透明効果」の設定情報

サインイン画面の背景がぼやけた状態に。直す方法は?

サインイン画面単独でぼかし効果を無効にするには、レジストリの操作が必要だ。

詳細は割愛するが、HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Policies¥Microsoft¥Windows¥SystemキーにDWORD値「DisableAcrylicBackgroundOnLogon」を作成し、データを「1」に書き換えればよい。

このキーはシステム全体に適用するポリシー設定だが、この方法ならサインインするユーザーの透明効果が有効でも、サインイン時の背景画像には、ぼかし効果は加わらない。

啓発

作業前には必ずバックアップを!!

必要なユーザーファイルのバックアップは世代管理で行う事、ファイルが喪失してからでは復旧は出来ません

Microsoft コミュニティー は Microsoft のサポートでは有りません、ユーザーが情報交換する為のコミュニティーです

他の方への参考情報に成る様に問題の解決/未解決 に係わらず結果のレポートをレスして下さい

不明点はスルーせずに確認を!

「Windows 10 May 2019 Update」が「Windows Update」の手動確認で更新可能に

Microsoftは6月6日(現地時間)、Windows 10の最新大型アップデート「May 2019 Update」(開発コード名:19H1、バージョン1903)を「Windows Update」で手動確認を行ったユーザーに開放したと発表した。

今回の措置により、ユーザーが手動チェックを行うことで、最新の大型アップデートを適用可能になる。

なお、Windows Updateの手動更新で1903の適用が表示されても、「今すぐダウンロードしてインストール」をクリックしなければ導入されない。

Windows 10 May 2019 Update:既知の不具合まとめ

わかりやすい日本語の不具合情報

1903の累積的更新プログラム「KB4497935」

既知の不具合が多数修正されている。

ユーザーが手動で“Windows Update”をチェックしない限り配信されることはない。