悪意のあるソフトウェアの削除ツール (MRT.exe) がスキャン実行できず,うんともすんとも言わない

よろしくおねがいします。

Windows 10 Fall Creators Update (バージョン: 16299.611) 2018年8月16日付でカタログからインストール済みで,現在,April 2018 Update を防いでいるため EXE の「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」をカタログから入手し(Windows10x64 であると確認済み),Windows Minor Update 時に他のカタログと一緒にスキャンを実行しているのですが,何故か2018年8月分の EXE では実行しても “うんともすんとも” 反応がありません。カタログから2018年8月16日付で「Adobe Flash Player 対応セキュリティ更新プログラム」と「KB4343897 - x64」はインストールが完了できています。しかし何故か「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」だけがスキャン実行できなくなってしまっています。

設定 〉更新とセキュリティ 〉更新プログラムのインストール履歴を表示 で確認してみても,悪意の…ツールは18年6月までは「正しくインストールされました」となっているのですが,7~8月がインストールできていないという状態なのだと思います。以前もカタログから入手し(https://www.microsoft.com/ja-jp/safety/tools/malware-removal.aspx),EXE が問題なくウインドウが開いて起動し,スキャンができていたので,どうしてこうなったのかわかりません。

また,MRT.exe (C:\Windows\System32) を検索して実行しようとしても「このアプリは、システム管理者によってブロックされています。」と表示されます。そのため[ファイルの場所を開く]にしてみて素人考えながら,MRT.exe のプロパティで「詳細」タブを見てみたところ,更新日時が 2018/08/16 と表示され,バージョンが 5.63.15135.3 となっており,まるで最新の状態になっているように見えます。

以上が現在の状況です。悪意のあるソフトウェアの削除ツール はこのままスキャン実行しなくてよいのでしょうか?それともすでにバックグラウンドでスキャンがなされたのでしょうか?

ご教授のほど,よろしくおねがいします。

ファイルの状態を確認しましょう。

1) ファイルシステムに異常はありませんか?
 まず、読み取り専用モードで問題があるかどうかの確認をします。
 以下のコマンドを管理者特権があるコマンドプロンプトで実行してください。
chkdsk c:
 エラーになったり問題が発見された場合には、管理者特権があるコマンドプロンプトで実行してください。
chkdsk c: /F
 Windowsを再起動するときにストレージのチェックを実行するように設定するかどうかの確認がありますので、[Y]を入力してください。実行が終了したら、Windowsを再起動すると、Windowsの起動時にカウントダウン後にストレージのチェックを実行します。

2) ファイルの整合性に異常はありませんか?
 まず、異常があるかどうかの確認をします。
 以下のコマンドを管理者特権があるコマンドプロンプトで実行してください。
Dism /Online /Cleanup-Image /CheckHealth
Dism /Online /Cleanup-Image /ScanHealth
 エラーが表示されたら、以下を実行して修復してください。
Dism /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth
Sfc /scannow
 修復が成功した場合には、修復を完遂するためにWindowsを再起動してください。
 修復が失敗した場合、システムファイルの修復ができませんので、保存しておきたいデータを別のメディアにバックアップして、Windowsのクリーンインストールをしてください。

3) 不要な作業用ファイルの削除
 以下のコマンドを管理者特権があるコマンドプロンプトで実行してください。
cleanmgr.exe /D C: /VERYLOWDISK /SETUP

 この状態でWindowsを再起動し、ストレージへのアクセスが緩慢になってからログインして、MRTコマンドをリトライしてみてください。ストレージへのアクセスが頻繁に連続しているうちは、バックグラウンドで動作している処理との排他でMRTコマンドが正常に起動できない可能性があります。

この回答で問題は解決しましたか?

役に立ちませんでした。

回答としてマークしていただきありがとうございます。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。

この回答の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。

悪意のあるソフトウェアの削除ツールの実行方法です

スタ-トの右ここに入力して検索で MRT.exe 

もしくはスタ-トを右クリックファイルを指定して実行 MRT.exe 

で起動するか確認を

【詳細】

悪意のあるソフトウェアの削除ツールは定期的更新US毎月第2火曜日にWindows update

その他の更新プログラムと同時進行で月に一度インスト-ルされバックランド実行されるようです

一か月間更新されずMRTを使うのであれば

Microsoft Safety Scannerを必要な時にインスト-ルしてスキャンした方がより効果的です

Microsoft Safety Scannerは自動更新されず使い捨てツ-ルで使用期間が10日と限定され

ておりますが内容としてはほぼMRT.と同じ(おそらくネ-ミングが違うだけかも(・・?)

Microsoft Safety Scanner

https://www.microsoft.com/ja-jp/wdsi/products/scanner

【解りやすい詳細】

http://www.geocities.co.jp/Playtown-Yoyo/6130/notes/microsoft-virus-removal.htm

この回答で問題は解決しましたか?

役に立ちませんでした。

回答としてマークしていただきありがとうございます。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。

この回答の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。

返信が遅くなってしまいすみません。別の用事もあり決してこれだけではないのですが,“ゾンビ” の異名を持ち,自分が覚えやすいように「塩兄さん奢ってな」と命名していた「KB4023057(Windows 10 更新アシスタント)」が Windows Minor Update のカタログからのインストール時に紛れ込み,タスクスケジューラーの管理までされてしまい CPU と ディスクアクセス を専有する事態となっていたので,そちらの問題解決に重点を置いて調べていたので時間がかかってしまいました。まさか 塩兄さん奢ってな がカタログからも侵入するとは知りませんでした(;・∀・)

Takashi NISHIIE 様,書き込みありがとうございます。

コマンドプロンプトの sfc /scannow 系は一応試したのですが予想通り途中で止まってしまいました。現在の Fall Creators Update も施行直後なら「整合性の問題はありません」と出たので自分の経験上,新しい大型アップデートが配信されていない状態でブロックしていなければ問題はないのでしょうが,配信をブロックしている現状では高い確率で問題が生じてしまうようですし,修復機能のためにブロックを外してオンラインにするのは今のところ避けたいというのが現状でして,この問題は一旦保留にさせてください。恐らく April 2018 Update になればいつも通り「整合性の問題はありません」と表示されると思います。

tekunika 様,書き込みありがとうございます。

Microsoft Safety Scanner」の情報,初耳だったので大変助かりました。本アプリを使用したところ,問題なく起動してスキャンしてくれて「マルウェアの感染はなかった」と表示してくれたので安心しました。大型アップデートを防いでいる期間は何かと小さな問題が出てくるようですが,今のところ紹介してくださった本アプリを大型アップデートブロック期間は使用していきたいと思います。

この回答で問題は解決しましたか?

役に立ちませんでした。

回答としてマークしていただきありがとうございます。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。

この回答の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。

 
 

質問情報


最終更新日 2020年9月10日 表示 1,820 適用先: