古くなったので取り下げ

古くなったので取り下げ
 

ディスカッション情報


最終更新日 2019年1月26日 表示 16,216 適用先:

* 小さ目のページ番号でお試しください。

* 番号のみをご入力ください。

* 小さ目のページ番号でお試しください。

* 番号のみをご入力ください。

返信 削除されたメッセージへの返信において

ディスカッションのURLを個人ブログに掲載させていただきました。

追加で「デバイスのサポート期間」の意味がわかるとうれしいですね。

返信 削除されたメッセージへの返信において

Windows 7 のタスクトレイに「Windows 10 を入手する」というアイコンが現れました

> より 奥の細道氏 のレスを転載

> * この手法では再表示される模様

・私の確認しました。
指摘の通りです。

私のPCでもいつのまにか タスクバーに 「Windows 10 を入手する」 のアイコンが表示されました。

やはり KB3035583 を削除後に PCを再起動して Windows Update で 更新プログラムの確認 を実行して KB3035583 を一旦表示してから その後非表示にする必要がありますね。

返信 削除されたメッセージへの返信において

Windows8.1x64の際に追加要件となった「64 ビット PC に 64 ビット版 OS をインストールする場合、プロセッサが CMPXCHG16b、PrefetchW、LAHF/SAHF をサポートしている必要があります」は大丈夫なんでしたっけ?

x86→x64では問題が出た気がします。

返信 削除されたメッセージへの返信において
了解です。たぶん、直っているのでしょうね…。自分は以前アスロン64x2-4100+でWin7x86→Win8.1x64、これで引っかかりました…。
返信 削除されたメッセージへの返信において

・アカウント名が日本語/漢字(ファイルネーム)の問題

・Windowsのシステム予約領域の容量不足

この件がアナウンスされていないけど、Windows7→Windows10の場合大丈夫なのかな?情報がないね。

返信 削除されたメッセージへの返信において

自分のブログでも記事にしたんだけど、ストレージを複数台接続した状態でインストールするとこんなことにもなる…。

【Windows10】自分のPCを無事にアップグレードする【まともに動作するの?】

抜粋:

さらに、ストレージ構成が通常のNTFSとGTPが混在した環境である場合や、Windows8/8.1(稀に7も)で複数台のストレージを接続している場合にシステムで使用する領域やブート領域が複数個できてしまっているという環境が結構あるようです。(自分が修理/修復にお邪魔した方の中にも何人かいました。)このような場合は、ある意味トラブルは覚悟しておいた方がよい気がします。

返信 削除されたメッセージへの返信において

これ問題ありすぎでしょう。

>無償アップグレードでは、このようなハードウェア変更の認証リセットのシナリオは Windows 10 の認証に

>適用されません。 

「どこをどう変更したら再認証が必要なのか」を開示していないのですから、PCの通常の修理さえできない恐れが出てきます。ただでさえ、今現在の正規のイメージバックアップでさえはじかれて再構築が不可能になるようなセキュリティー記述子の問題が出るような仕組みの改善さえなされていないのですから、無償アップグレード=自殺行為ですね。

自分としては、少なくとも毎月10万人が来てくれるPC関連のブログである「自作PCの道楽」でこの件は告知/警告しようと思います。

きつい方の縛りになりましたね。

修理 = OS 買い直しですね。

これ余計にわからなくなったんだけど、ハイパーVに入れておくと安泰なのか?ハイパーVでもVer.変更はあるけどさ…。

自分なんかは、CPU:3960X+メモリ32GBとかのシステムだからなんとでもなるけど、たとえばデバイスというのがサーバにインストールしたOSなどだったら、仕様変更などで認証ができなくなったら誰が責任を取るんだろう?

土台が変わって認証要求が出たらアウトということだと思います。

Hyper-V は回避方法を用意してもらえるかもしれませんが、

BootCamp や parallels の人は多分アウトですね。

* 小さ目のページ番号でお試しください。

* 番号のみをご入力ください。

* 小さ目のページ番号でお試しください。

* 番号のみをご入力ください。