WINDWOS10にアップデート後、exeファイルを右クリックするとエクスプローラーが落ちる

windows10にアップデート後、エクスプローラーで表示されているexeファイルを右クリックすると、少し待たされてエクスプローラーが閉じてしまうようになりました。

exeファイルをシングルクリックして選択して。

1)Shift+F10でも同じ

2)エクスプローラーのメニュー(?)の「アプリケーションの管理」から、管理者としてあるいは別ユーザーとして実行をクリックしても同じ

フォルダや他のファイル対象にした時にはこの問題は起こりません。

実行ファイルと、実行ファイルに対するショートカットの時だけ、コンテキストメニューを出そうとするとエクスプローラーが閉じてしまいます。

イベントビューアーを見ると
障害が発生しているアプリケーション名:exeplorer.exe、バージョン10.0.10585.306
障害が発生しているモジュール名:dtdll.dll、バージョン10.0.10586.306

例外コード: 0xc0000409

となっています。

ほかのWINDOWS10にアップデートしたパソコンではこの問題は起こっていません。

解決のヒントをいただけると助かります。

(プロパティを見ることができない、管理者権限で実行できないので微妙に不便で…)

 

質問情報


最終更新日 2019年4月28日 表示 520 適用先:
回答
回答

解決しました。

コンテキストメニューの「コマンドウィンドウをここで開く」をやめたらexeファイル右クリックでも問題は起こらなくなりました。

具体的には。

「CmdLineContextMenu Class」を「Disabled」にしました。

ありがとうございました。

この回答で問題は解決しましたか?

役に立ちませんでした。

回答としてマークしていただきありがとうございます。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。

この回答の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。