0x8007042B - 0x3000D MIGRATE_DATA 操作中にエラーが発生したため,インストールは FIRST_BOOT フェーズで失敗しました【Ver1703】

今回の Creators Update でも前回 (Anniversary Update のとき)の質問と全く同じ問題に悩まされています。

1. WindowsUpdateのトラブルシューティングツールを実行

 異常なし

2. システム ファイル チェッカー(sfc /scannow)を実行

 異常なし

3. rundll32.exe pnpclean.dll,RunDLL_PnpClean /DRIVERS /MAXCLEAN コマンドの実行

4. Microsoft 以外のサービス・スタートアップを停止

5. ウイルスセキュリティーソフトのアンインストール

6. 高速スタートアップを無効に設定

7. 再起動時にUSBデバイスなどの周辺機器をすべて取り外す

などの対処法をすべて行った上で,MediaCreationTool を利用してアップデートを試みました。後はサービスやスタートアップを停止させるだけではなく,アンインストールするといった方法しか思い浮かびません。今後定期的に行われるアップデートのたびにアンインストール・アップデート後再インストール作業を行うのは好ましくありません。

そもそもの根本的な原因は何なのか?

正しい確実な対処方法(アンインストールするソフト名など)は何なのか?

この2点の回答をお願い致します。

環境

Surface Pro 4, Intel Core(TM) i5-6300U, 64bit

RAM 8.00GB

 

質問情報


最終更新日 2019年10月16日 表示 2,622 適用先:

(全くのあてずっぽうですが)前回の質問も拝見させていただいた上での仮説があります。

1)システムで予約領域済みなどの容量不足

この領域の空き容量が何らかの原因でひっ迫している場合アップグレードなどの際にシャドーコピーを作成できないため失敗します。その場合、クリーンインストールするか当該領域の容量を増やしておく必要があります。

イメージバックアップなどから復元したうえで再度アップグレードを試みてもこの問題は解消されないため、何度でも失敗しますので思い当たりました。

もし、128GBSSDの機種の場合など大きな容量のSSD/HDDなどにマイグレーションツールなどで移行し、USBから起動してアップグレードが可能な場合はこれに当該する可能性が高いと思います。

なお、この場合のマイグレーションは、ToDoバックアップなどの様にマイグレーション操作時に移行先の総容量の拡大対比に合わせて元ストレージのパーティションサイズが拡大されるタイプのものに限ります。

追伸

通常の方法(パーティション操作ツールなど)では領域の拡張操作が不可能なためこの方法を提示しています。

2)次に、お使いの機種のストレージ養老が比較的小容量の場合のケースです。

このケースの場合、表面上のストレージ空き容量に余裕があるように見えても「実際にはシャドウコピーを作成できる容量が不足する場合があります。

128GB SSD・メモリ16GBで、使用容量が60GBの場合⇒使用容量+ページファイル(仮想メモリ)16GB+休止ファイルが32~となってしまうため、実際には108GB~を使用している場合があります。

この場合には、空き容量の要件を満たしません(もちろんシャドウコピーも作成できない)のでアップグレードに失敗します。

この場合、(それでも空き容量がひっ迫していればだめですが)仮想メモリを最大最小とも2GB程度に固定、cmdから休止ファイル作成を無効化(cmd管理者で powercfg /h off )を実行後にアップグレードを試してみてくださいね。

この回答は 2 人の役に立ちました

·

この回答で問題は解決しましたか?

役に立ちませんでした。

回答としてマークしていただきありがとうございます。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。

この回答の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。