CBBの機能更新プログラム最大延期と期限後インストールされるCBB機能更新プログラムのバージョンは?

現在、Windows10Pro バージョン1607を使用しております。

ローカルグループポリシーのWindows Updateの延期→機能更新プログラムをいつ受信するか選択してください。で、

CBBに設定し、最大限180日延期して、機能更新プログラムの一時停止にもチェックを入れております。

基本的なことなのですが、この設定で、CBBのCreators Updateの8月リリースを起点として180日+60日=240日延期され、

来年の3月までは、機能更新プログラムの受信は延期されるという認識でよろしいでしょうか?

その場合、来年3月の期限後インストールされるCBB機能更新プログラムのバージョンは、Creators Update 1703ということで

よろしいでしょうか?それとも、9月にでるFall Creators Updateがいきなりインストールされてしまうのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

P.S.

情報を追加致します。

実は、当初はグループポリシーでのCBBではなく、Windowsの設定の更新とセキュリティのWindows Updateの詳細オプションで機能の更新を延期するをチェックしただけでした。


何台かあるWindows10 Pro 1607のうち一台で、8月になって1703へのアップグレードが始まってしまい、慌ててほかのマシンでもグループポリシーでもCBBにして日数設定をした次第です。

(1703へアップグレードしてしまったものは、以前のバージョンのWindowsへ戻すで、1607へ戻しました。)

 

質問情報


最終更新日 2019年7月08日 表示 5,173 適用先:
回答
回答

ご返信ありがとうございます。

>其れは確か設定日からカウントダウンが始まった筈ですから遅延設定期限が切れる直前に設定しなければ成らなかった筈です

(同時に設定しても意味ないはず)

そうなんですね。

その設定をすれば、180日を超えて延期できる(60日以内で)と考えていいのでしょうか?

> その設定をすれば、180日を超えて延期できる(60日以内で)と考えていいのでしょうか?

実際に行っておらず机上の予測ですが上手く設定すれば可能かと

期限切れ後「再設定」を行い再延長を行えば理論上無限に可能かも

(Windows の事だから上手く動くかどうか・・・)

UPDATE の設定を通知設定にしておけばダウンロード前に何が検出されているか事前に判るんで新 VER が検出された場合再設定を行う

但しサポート切れと 現在 VER.1703 で次が VER.1709  その次が VER.1803 で VER.1803 が CBB (Semi-Annual Channel) と成った後に VER UP を行うと VER.1709 がスキップ される可能性が有るので要注意

その場合は

10 の Windows を再インストールしてから、Windows の更新プログラムを一時的に防止する方法

を使用し VER.1803 を一時停止してやれば VER.1709 が降ってくるとは思いますが無保証

又は VER.1709 のインストール メディア を用意しておき任意のタイミングで VER UP を行う

此の注意事項

今までの経過では メディアが同一 VER で CB (Semi-Annual Channel(Targeted)) と CBB(Semi-Annual Channel) の二種類存在するんで VER.1803 公開直前に VER.1709 を作成して於いた方が無難

啓発

作業前には必ずバックアップを!!

必要なユーザーファイルのバックアップは世代管理で行う事、ファイルが喪失してからでは復旧は出来ません

Microsoft コミュニティー は Microsoft のサポートでは有りません、ユーザーが情報交換する為のコミュニティーです

他の方への参考情報に成る様に問題の解決/未解決 に係わらず結果のレポートをレスして下さい

不明点はスルーせずに確認を!

この回答は 1 人の役に立ちました

·

この回答で問題は解決しましたか?

役に立ちませんでした。

回答としてマークしていただきありがとうございます。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。

この回答の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。

回答
回答

現在、Windows10Pro バージョン1607を使用しております。

ローカルグループポリシーのWindows Updateの延期→機能更新プログラムをいつ受信するか選択してください。で、

CBBに設定し、最大限180日延期して、機能更新プログラムの一時停止にもチェックを入れております。

基本的なことなのですが、この設定で、CBBのCreators Updateの8月リリースを起点として180日+60日=240日延期され、

来年の3月までは、機能更新プログラムの受信は延期されるという認識でよろしいでしょうか?

その場合、来年3月の期限後インストールされるCBB機能更新プログラムのバージョンは、Creators Update 1703ということで

よろしいでしょうか?それとも、9月にでるFall Creators Updateがいきなりインストールされてしまうのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

P.S.

情報を追加致します。

実は、当初はグループポリシーでのCBBではなく、Windowsの設定の更新とセキュリティのWindows Updateの詳細オプションで機能の更新を延期するをチェックしただけでした。


何台かあるWindows10 Pro 1607のうち一台で、8月になって1703へのアップグレードが始まってしまい、慌ててほかのマシンでもグループポリシーでもCBBにして日数設定をした次第です。

(1703へアップグレードしてしまったものは、以前のバージョンのWindowsへ戻すで、1607へ戻しました。)

> (1703へアップグレードしてしまったものは、以前のバージョンのWindowsへ戻すで、1607へ戻しました。)

トラブル要因に成っている可能性が高いので今後不可解なトラブルに遭遇する可能性が有ることに留意した方が良いかも

> 当初はグループポリシーでのCBBではなく、Windowsの設定の更新とセキュリティのWindows Updateの詳細オプションで機能の更新を延期するをチェックしただけでした。

この設定だと CBB と成った場合更新されるはず(2017/08で)

(リリース後 4ヶ月後、起算日は VLSCのインスト-ルメディアがリリース された日らしいが Microsoft からの情報は見つからず)

> この設定で、CBBのCreators Updateの8月リリースを起点として180日+60日=240日延期され、来年の3月までは、機能更新プログラムの受信は延期されるという認識でよろしいでしょうか?

60日 が何処から出てきた数字か判りませんが

現在 VER.1607

VER.1703 リリース 2017/04/05 (CB)

VER.1703 の CBB が 2017/08

2017/08 から 180日 遅延される

Windows Update for Business の構成

デバイスが機能更新プログラムを受信する時期の構成
の項

サービス ブランチ (CB または CBB) を構成した後、マイクロソフトから Windows Update で機能更新プログラムが提供されたときに更新プログラムの受信を延期するかどうか、および延期する期間を定義できます。 これらの機能更新プログラムは、DeferFeatureUpdatesPeriodinDays 値を設定することにより、リリースから最長 365 日間、受信を延期できます。

 !重要

このポリシーは、Windows 10 Mobile Enterprise には適用されません。

1703 より前のバージョンでは、延期可能な期間は最大 180 日間となります。


設定 シナリオと動作
デバイスは CB 上である
DeferFeatureUpdatesPeriodinDays=30
機能更新プログラム X は、1 月に CB として最初に Windows Update で公開されます。 デバイスは、30 日後の 2 月まで更新プログラムを受信しません。
CBB のデバイス
DeferFeatureUpdatesPeriodinDays=30
機能更新プログラム X は、1 月に CB として最初に Windows Update で公開されます。 4 か月後の 4 月に、機能更新プログラム X は CBB にリリースされます。 デバイスは、この CBB リリースから 30 日後に機能更新プログラムを受信するため、5 月に更新されます。

> その場合、来年3月の期限後インストールされるCBB機能更新プログラムのバージョンは、Creators Update 1703ということでよろしいでしょうか?

VER.1703 がインストールされるはずですが検証出来てないので確実な処は不明

参考情報

Part 3. WaaS の正しい理解

リンク先のリンク等も全て参照の事

啓発

作業前には必ずバックアップを!!

必要なユーザーファイルのバックアップは世代管理で行う事、ファイルが喪失してからでは復旧は出来ません

Microsoft コミュニティー は Microsoft のサポートでは有りません、ユーザーが情報交換する為のコミュニティーです

他の方への参考情報に成る様に問題の解決/未解決 に係わらず結果のレポートをレスして下さい

不明点はスルーせずに確認を!

この回答は 2 人の役に立ちました

·

この回答で問題は解決しましたか?

役に立ちませんでした。

回答としてマークしていただきありがとうございます。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。

この回答の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。