タイムライン (Windows 10 バージョン 1803 の新機能)

(2018年 6月 19日更新)

【概要】

タイムラインは、Windows 10 April 2018 Update に追加された新機能のひとつです。

PC、他の Windows PC、iOS / Android デバイスで開始した過去のアクティビティを再開することが出来ます。

※ Windows 10 April 2018 Update の入手方法や新機能、主な変更については、こちら をご覧ください。

【詳細】

タイムラインはタスク ビューを拡張し、現在実行中のアプリと過去のアクティビティを切り替えることができます。

タイムラインの既定のビューには、その日の前半、または特定の過去の日付から最も関連性の高いアクティビティのスナップ ショットが表示されます。

 
「現在」、「今日」、「昨日」 や、過去の日付の注釈付きの新しいスクロール バーを使用すると、過去のアクティビティに簡単に戻ることができます。

アクティビティの履歴をタイムラインに表示するには

設定 > プライバシー > アクティビティの履歴 と進み、[アカウントからのアクティビティを表示する] オンにします。

アカウントのアクティビティを許可すると、アクティビティの履歴がタイムライン ビューに表示されます。

接続された Microsoft アカウントを持っている場合は、アクティビティをクラウドに同期 (送信) することに同意する必要があります。

  • Windows でこの PC からのアクティビティを収集する
  • Windows でこの PC からのクラウドへのアクティビティを同期する

ローカル アカウントのみの場合は、Microsoft アカウントを追加してセットアップを完了させるまでは、その PC のアクティビティのみ表示されます。


セットアップの完了について

デフォルト (既定) では、3 4日間のアクティビティがタイムラインに表示されます。

タイムラインの下部に「タイムラインに表示する日数を増やす」が表示され、[有効にする] を選択すると、セットアップを完了できます。

有効にすると、「アクティビティの履歴」の次の項目に自動でチェックが付きます。

  • Windows でこの PC からのアクティビティを収集する
  • Windows でこの PC からのクラウドへのアクティビティを同期する

「タイムラインに表示する日数を増やす」について

アクティビティの同期をオンにすると、タイムラインに最大 30 日が表示され、この PC でのアクティビティを他のデバイスで再開できるようになります。

グレーアウト (灰色) しているアクティビティ カードについて

グレーアウトしているアクティビティ カードがある場合、これは別のデバイスのアクティビティで、そのデバイス上にあるアプリが、この PC にインストールされていない可能性があります。

そのようなアプリは、次の方法でインストールすることができます。

  • ストア アプリ (UWP アプリ) には、タイムライン内からダウンロードしてWindows ストアのダウンロードを開始するオプションがあります。

  • デスクトップ アプリ (Win32 アプリケーション) はグレーのままです。そのアプリの指示に従ってインストールしてください。
コンテンツ、アクティビティがタイムラインに表示されない

タイムラインでは、ユーザーアクティビティは、特定のアプリと、特定の時間に作業していた特定のコンテンツの組み合わせです。

各アクティビティは、Web ページ、ドキュメント、記事、プレイリスト、またはタスクに右に戻ります。

アプリのアクティビティ(またはアクティビティカード)がない場合、タイムラインでアクティビティが有効になっていない可能性があります。

(2018年 6月 19日 追記)

利用したファイルの履歴がタイムラインに表示されない場合は、ジャンプ リストの設定が関係しています。

ジャンプ リストの設定をオンにしてからファイル作成、編集等を行いタイムラインに反映されるかを確認してください。

参考スレッド :

◇ WINDOWS タイムライン (April Update) について 【Ver1803】

Cortana アシスタント

タイムラインで過去の活動を再開することに加えて、Cortanaは、携帯電話、ノート PC、およびその他の Cortana対応デバイスを切り替える際に再開する活動を提案します。 このエクスペリエンスは、タイムラインに表示されているアクティビティと同じです。

 

フォーラム記事情報


最終更新日 2018年10月19日 表示 2,146 適用先: