Windows UpdateにP2Pが使用されデフォルトではオンになっていることで弊害はないの?

Windows10はWindows Update時に他ユーザーの帯域を使うことが判明
http://gigazine.net/news/20150805-windows-10-update-bandwidth/

「Windows Update の配信の最適化(Windows Update Delivery Optimization)」と呼ばれる新機能は、ユーザーがWindows Updateをより速くインストールできるように設計され、Windows 10 Home editionとWindows 10 Pro editionではデフォルトで「オン」に設定されています。企業向けのWindows 10 Enterpriseと教育用のWindows 10 Educationでは、ローカルネットワーク内でのみ帯域シェアがオンになっているとのこと。

つまり、Windows 10マシンはP2P型ネットワークの一部として使われるということです。アップデート内容をより速く送信できるという点では優れていますが、個人のインターネット接続速度が制限されるという大きなデメリットがあります。

Microsoftによれば「『Windows Update の配信の最適化』を経由してPC内の個人情報を送受信することはなく、Windows Updateのキャッシュの一部だけを送信する仕組みになっている」とのこと。しかし、The Next Webは「帯域幅の限られたユーザーもいるというのに、ユーザーに知らせることなくアップデート情報の共有がデフォルトでオンになっているのはおかしいのでは?」と考え、Microsoftに問い合わせたところ、「『Windows Update の配信の最適化』は帯域幅の限られたユーザー向けにアップデートをより速く届けるための機能で、インターネット接続速度が遅くなることはない」という回答を得たとのことです。

======================

誰かのセキュリティーが破られたらどうなるの?

本当に速度低下や、回線によっては(容量オーバーの)ペナルティーが発生してしまうことはないの?

(意識せずに)パケット容量を消費して通信料金が高額になってしまう恐れはないの?

 

質問情報


最終更新日 2019年6月01日 表示 7,309 適用先:
回答
回答

確かにこの jyamira1 さんの話は具体的なソースが欲しいですね。

セキュリティ面については、仮に誰かの Windows Update キャッシュが汚染されてそれが P2P で他人に拡散したとしても、受け取った側では Microsoft のサーバーと通信して受け取ったファイルが正しい物か検証してから利用する仕組みだとされていますので、その点については考慮されていると言えるでしょう。

  • http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-10/windows-update-delivery-optimization-faq
    『Windows Update では、お客様の PC にダウンロードされたファイルの信頼性が、Microsoft から安全に取得される情報を使って検証されます。配信の最適化では、他の PC からダウンロードされる、更新プログラムまたはアプリの分割後の個々のデータについても、インストール前に信頼性がチェックされます。』

この回答で問題は解決しましたか?

役に立ちませんでした。

回答としてマークしていただきありがとうございます。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。

この回答の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。

回答
回答

この件に関してインターリンクというプロバイダーに問い合わせたのですが、

>WindowsUpdateはいかなる通信も帯域制限の対象となりません。

という回答が来ました。

少なくともインターリンクではP2Pで取得する設定をオンにしても問題ないようです。

(右へ倣えのところが多いので、bb.exciteなども大丈夫だとは思いますが、確認はしてません)

この回答で問題は解決しましたか?

役に立ちませんでした。

回答としてマークしていただきありがとうございます。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。

この回答の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。