Windows10アップグレードで生成されたFドライブとは何?

Windows8.1からWindows10にアップグレードしました。

それまで、ドライブはCとDがハードディスク、EがBD/DVD、Fに固定で外付けハードディスクとしていました。アップグレード後に、C、D、Eは同じですが、Fが生成されてしまいました(256MB)。そのため、Fに固定していた外付けHDを接続したところ、Gとなってしまいました。この外付けHDは、iTunesの音楽ファイル用にしており、iTunesの読込先を固定するため、ドライブ文字をFに固定していました。

そのため、新しく生成されたFドライブの文字を変えようと、コントロールパネルを開いたところ、Fのついたドライブはなく、ただ、ディスク容量からおそらくEFIシステムパーティションと思われます。そのため、文字を変えることができないでいます。(このEFIシステムパーティションがWindows8.1の時にあったかどうかはわかりません。ただ少なくともFドライブとしてはありませんでした。)

このEFIシステムパーティションは削除はできなさそうですが、解決方法は、外付けHDDをGに固定し、iTunesの読込設定を変えるほかはないのでしょうか。

お分かりになる方、ぜひアドバイスをお願いいたします。

追記:

アップグレード時には、すべての外付けHDDは外して行っています。

外付けHDDを「Fに固定」という意味は、以下のとおりです。

通常、外付けHDDや、USBメモリなどを接続した場合、自動的に文字が割り振られていきます。私のPCの場合は、BD/DVDドライブがEで、その次のFから順に割り振られていきます。ITunesの設定で、読み込む(あるいは保存する)音楽ファイルはPCのミュージックフォルダではなく、外付けHDDにしており、読込先が外付けHDDの文字で指定されているため、接続する順番にかかわらず、音楽ファイルが入っているHDDが接続された時には、必ずFドライブとなるように固定化している、という意味です。

 

質問情報


最終更新日 2019年8月09日 表示 4,449 適用先:

Mousa_603 さん、こんにちは。
マイクロソフト コミュニティへの投稿、ありがとうございます。

Windows 10 にアップグレード後に、F ドライブが生成されたということですね。

こちらについて情報がないかサポートページなどを調べてみたのですが、参考になりそうな情報を見つけられなかったです。。

なので、外付け HDD を G ドライブに固定し、iTunes の読込設定を変える、というのが良いかもしれないです。

どなたかこちらについてなにか情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら投稿お待ちしています。

秋山 勇人 – Microsoft Support

問題が未解決の場合は、その旨お知らせください。引き続き、解決に向けて手助けをさせていただきます。
問題の解決に役立った場合は、その返信を回答としてマークしてください。

この回答で問題は解決しましたか?

役に立ちませんでした。

回答としてマークしていただきありがとうございます。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。

この回答の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。

秋山さん

ありがとうございます。自分でもさらに調べてみましたが、原因はわかりませんでした。

アドバイスのとおり、外付けHDDをGドライブに固定しようとしましたができず、Hドライブとしました。iTunesもHドライブを設定変更できました。この外付けドライブを接続すると、Gが空いていてもHドライブとして表示され、その後にUSBメモリなどを接続するとGドライブとなり、とりあえず解決しました。

ちなみに、もうひとつ外付けHDDがあるのですが、これはWindows10にアップグレード前にLドライブとしていましたが、これはこのままLドライブ固定で依然と同じになっています。

ただ、新たに生じたFドライブは、エクスプローラには256MBのFドライブとして存在するのに、コントロールパネルのドライブの文字を変更するところには、Fドライブは存在していないので、疑問は残ったままです。

この回答は 3 人の役に立ちました

·

この回答で問題は解決しましたか?

役に立ちませんでした。

回答としてマークしていただきありがとうございます。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。

この回答の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。