ディスカッション

Windows 10 April 2018 Update から言語が削除できません

Windows 10 バージョン 1803 に第 2 言語を追加すると、Windows の表示言語と同じ基本言語を共有しているため、どちらの言語も削除することができません。

例:English (United Kingdom) が現在の Windows の表示言語で、優先する言語リストに English (India) を追加すると、その後、English (United Kingdom) または English (India) を優先する言語リストから削除することはできません


次の手順を使用して、不要な言語リストエントリを削除できます。

  1. [スタート] メニューから、powershell を検索します。
  2. 検索結果で Windows Powershell を右クリックし、[管理者として実行] を選択します。
  3. コマンドプロンプトで次の各コマンドを入力またはコピー/貼り付けて、Enterキーを押します。
    Get-WinUserLanguageList
    このコマンドを入力したら、削除しようとしている言語の「LanguageTag」をメモしておきます。次のステップで必要になります。

  4. コマンドプロンプトで次の各コマンドを入力またはコピー/貼り付けて、Enterキーを押します。
    次のコマンドでは、<languagecode>を入力する代わりに、
    English (India) 用の en-in など、削除する言語タグに置き換えます。

    $LangList = Get-WinUserLanguageList
    $MarkedLang = $LangList | where LanguageTag -eq "<languagecode>"
    $LangList.Remove($MarkedLang)
    Set-WinUserLanguageList $LangList -Force


Microsoft Storeで言語環境を追加している場合にも、この手順で対応できるのでしょうか? Windows 10 ver.1803から、オプション機能の管理とMicrosoft Storeと言語環境設定の三重管理になっているようなので、Windows 10 ver.1709以前と同じ手順で十分なのか疑問なのですが、どうなのでしょう?

ちょっと本題とずれてしまうかも知れませんが、(不適切であれば削除等願います)英語版のWindows10 Enterprise 1803に日本語環境をインストールしても、メニューやスタートメニューのアプリケーション名、あるいはコントロールパネル内のアイテム名などが部分的に日本語になりきらずに英語のまま残ってしまうことがあります。また、英語版の1709を既に日本語化したものを1803にアップデート(https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10からアップデータをダウンロードして実施)すると日本語表記でなくなる場合もあり(但しこのときは「設定」の「地域と言語」での表示言語は日本語になっている)、このあたりが実に不安定な印象です。

これまではコントロールパネル内の「言語」にて言語パックはインストール/アンインストール出来ていたのですが、ここも1803ではなくなってしまい、最終的にdismコマンドで別途ダウンロードした1803の多言語パッケージから日本語環境を手動でインストールなどしてみましたがそれでも改善したりしなかったりという結果。

今回ここを拝見して、なるほどそれなら英語の環境を手動で削除してみるといけるのかな?と思った次第です。

ちなみにdismで日本語環境をインストール、そしてアンインストール、またSet-WinUserLanguageListで日本語→英語→日本語などしても完全に日本語化出来ないものがありました。

当方の環境で作業した中で英語版1709→1803にアップデートしてWindowsStoreから日本語ローカルエクスペリエンスパックをインストールして完全に表示言語が日本語化されたものは皆無です。


 
ディスカッション情報

表示回数: 1,449 最終更新日: 2018年6月19日 適用先: