Windows 10、バージョン 1803 の機能更新プログラム適応後のチーミング強制解除と再設定不可事象【Ver1803】

いつもお世話になってます。

今回バージョン1803へアップデートを行ったのですがそれまではチーミングにて2つのNICをチーミングしLACPで通信させていました。しかしアップデートが終わり起動が終わった途端いきなりチーミングの設定が消去されてしまい再設定しようにもチーミングの設定自体はできますがアダプタのステータスが両方共非アクティブ状態になってしまいます。

インテル最新ドライバのバージョン:23.1を入れ直ししましたが同じ結果になりました。

1803の機能紹介には乗っていなかったと思うのですが今回のバージョンアップでチーミングをできないように変更されてしまったのでしょうか?また、他にも同様の方はいらっしゃいますか?解決された方がおられれば知恵をおかしいただければ幸いです。

なおNICは共にIntel I211、OSはWin10Proです。

 

質問情報


最終更新日 2019年7月23日 表示 438 適用先:
回答
回答

一時期、Intelの独自実装でチーミングが有効になっていた時期があるようですが、クライアント版のWindowsでは基本的にチーミングをサポートしないというMicrosoft関係者による発言が米国TechNetで返信されていた記憶があります。Windows 10自体ではサポートしていないようなので、Intelのサポートに問い合わせてみることです。

この回答は 2 人の役に立ちました

·

この回答で問題は解決しましたか?

役に立ちませんでした。

回答としてマークしていただきありがとうございます。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。

この回答の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。