Windows 10 にアップグレード後、内蔵のDVDドライブが使えなくなりました(コード 19)

現在使用している機種は REGZA PC D713/T3JB です。

windows10をアップグレードしたところ、内蔵のDVDドライブが使えなくなりました。デバイスマネージャーには表示されているのですが、 レジストリ内の構成情報が不完全であるか、または壊れているためこのハードウェア デバイスを開始できません。 (コード 19)

と表示されていてDVDが読み込みません。

似たような質問もあり、回答されていた内容をいくつか試してみましたがだめでした。

メーカーのホームページでwindows10サポート対応機種か調べたところ、対象外でした。

また、外付けのDVDドライブを購入し使用してみようと思ったのですが、こちらも

レジストリ内の構成情報が不完全であるか、または壊れているためこのハードウェア デバイスを開始できません。 (コード 19)

と表示されています。こういう場合はどうしたらよいでしょうか。

**モデレーター注**

タイトルを編集しました。

編集前タイトル : DVDドライブについて

回答
回答

WINDOWS10にしたらMATSHITA BD-MLT UJ240ES が使えない

の nori.ogawaさんの回答を実施してみてはいかがでしょうか?

①コントロールパネル (表示方法をカテゴリ以外にしてください)→ 管理ツール → サービスをクリックします。
②名前から TODDSrv を見つけたら、ダブルクリックします。
③TODDSrvのプロパティが開くので、全般タブの「サービスの状態」で停止をクリックします。
④続いて全般タブのスタートアップの種類を自動から無効にします。
⑤適用→OKで完了です。これでPCを再起動しても有効になりません。
⑥PCの再起動または、コントロールパネル → デバイスマネージャで一度UJ240ESを削除してからハードウェアの変更のスキャンを行うと正常に認識されました。

Keiichi-T

44 ユーザーがこの回答を役に立ったと思いました

·

この回答が役に立ちましたか?

役に立ちませんでした。

素晴らしい!フィードバックをありがとうございました。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。

 
 

質問情報


最終更新日 2020年11月22日 表示 6,977 適用先: