ディスカッション

東芝 XG4 シリーズ、東芝 XG5 シリーズ、または、東芝 BG3 シリーズ ソリッドステート ディスク (SSD) ドライブを搭載したデバイスは、Windows 10 April 2018 Update へのアップグレード後にバッテリ駆動時間が減少する可能性があります

(2018年 5月 24日 更新)

この問題は、KB4100403 で修正されました。

Windows 10 バージョン 1803 を入手するには、6月火曜日 (日本では水曜日の予定) の更新以降に、デバイスにアップデートが提供されるまでお待ちください。

あなたが Windows に詳しいユーザーで Window 10 バージョン 1803 をインストールしたいと考えている場合には、手動で更新プログラムを確認することもできます。

[設定] を開き、[更新とセキュリティ] > [Windows Update] の順に進み、[更新プログラムのチェック] をクリックし、解決策が含まれている更新を入手します。

(スレッド作成時の内容を、取り消し線付きで残しています)

Windows 10 April 2018 Update にアップグレードすると、東芝 XG4 シリーズ、東芝 XG5 シリーズ、または、東芝 BG3 シリーズ ソリッド ステート ディスク ドライブ (SSD) を利用しているデバイスで、バッテリ駆動時間が減少する可能性があります。

マイクロソフトは OEM パートナー、および、東芝と協力して作業を進めており、Windows 10 April 2018 Update をインストールするとバッテリーのパフォーマンスに問題が生じる可能性のある既知の非互換性のため、東芝 XG5 シリーズ、または、東芝 BG3 シリーズ ソリッド ステート ディスク (SSD) を使用してデバイスを識別してブロックします。

マイクロソフトでは、この修正がリリースされ利用可能になるのは 6月上旬になる見込みと考えています。

この問題が発生していて修正を待つことができない場合は、次の手順で前のバージョンの Windows に戻し、修正のリリースを待ってから、再度、Windows 10 April 2018 Update をインストールしてください。



 
ディスカッション情報

表示回数: 2,615 最終更新日: 2018年6月11日 適用先: