内蔵hddが省電力状態になってしまう

現在ssd1台とhddを1台内蔵してるのですが、しばらくアクセスしないとhddが省電力状態になってしまい困っています。

電源のオプションでhddの電源を切らない設定にしてもなってしまいます。

対処の仕方があれば教えて下さい。

 

質問情報


最終更新日 2019年2月13日 表示 1,296 適用先:
回答
回答

全く未検証の推定の回答です。

1~2か月ほど前から、Win10を使用していてファイルが消えてしまうという質問が散見されます。従前から安全な取り外しを行わない場合に外付けHDDのファイルやフォルダ、特には丸ごとの消失が発生することがあることは知られていました。

もしかすると環境(Intelチップセットの世代・SATAコントローラー・ホットスワップの制御・ホットスワップボードドライバなど)によっては省電力の復帰を含め不都合が発生するため外付け機器と同様の不具合が発生している可能性は否定できません。

つまり、省電力のコントロールに不都合が発生している可能性です。

解決策としては

1)M/BのBIOSやチップセットドライバなどの更新

2)Intel以外のSATAポートに接続している場合は接続ポートを変更する

3)M/BやPCメーカー(ベンダー)の省電力ユーティリティーがインストールされている場合はアンインストールする

4)有効化していなくても、ISRTやM/Bベンダー独自のストレージチィーミングユーティリティーは削除してみる

などとなるかと思います。

この回答で問題は解決しましたか?

役に立ちませんでした。

回答としてマークしていただきありがとうございます。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。

この回答の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。