MacBook Pro の US キーボードで Windows 10 を使用するとキーボード配置通りに入力できない

初めて質問させていただきます。

よろしくお願いいたします。

まずは私が使用しているパソコンの状況から説明いたします。

1、2015年に購入したmac book pro(USキーボード)を使用しております。

2、昨日boot campにてwindows10(64bit)のインストールを行いました。

上記の状況を踏まえたうえで、表記の件で相談させていただきたく存じます。

キーボードがmacのUSキーボードの配置のため、windowsを利用していると

@や_などの記号がばらばらで操作に困惑しております。

(また、macでは日本語と英語の変換もcommandとスペースで切り替えてます。)

出来れば、macのキーボード配置と合わせたいと考えております。

また、トラックパットの上下の動作も2本の指で対応できますが、

macとwindowsでは動作が違うようなのでこれも合わたいと思ってます。

(macは2本指を下から上にスライドさせると画面が下にスクロールしますが、

windowsですと画面が上にスクロールします)

解決策がございましたら助けていただけないでしょうか。

何卒よろしくお願いいたします。


**モデレーター注**

タイトルを編集しました。

編集前タイトル : キーボードの配置について

 

質問情報


最終更新日 2019年10月12日 表示 17,543 適用先:
回答
回答

こんにちは。

キーボードがmacのUSキーボードの配置のため、windowsを利用していると
@や_などの記号がばらばらで操作に困惑しております。

こちらの件は、Windowsのキー配列、というより、日本語キー配列と英語キー配列のミスマッチです。
そのため、Windows側も英語キー配列にすれば解決するかと思います。
Windows 10でキーボードの種類を変更するには、以下の方法を取ります。

  • まず、以下の操作を行う前に、全ての作業中ウィンドウを閉じます

(操作完了後、一旦、Windowsのサインアウトが入るためです)


  • [Windowsスタート]-[設定](歯車アイコン)-[時刻と言語]ー[地域と言語](左袖のリスト内)-[日本語]の順にクリックしていくと、[オプション]ボタンが現れますので、これをクリックして、「日本語」を開きます。


  • 「日本語」ウィンドウ内の中段に「ハードウェアキーボードレイアウト」の設定項目を確認すると、現在、「キーボードレイアウト」が「日本語キーボード(106/109)」になっているかと思います。


  • そのすぐ下にある、[レイアウトを変更する]をクリックして、「ハードウェアキーボードレイアウトの変更」ダイアログを開き、[日本語キーボード(106/109キー)]から[英語キーボード(101/102キー)]に変更し、[サインアウト]をクリックします。

  • 再度サインインをすると、キー配列が英語(101/106)キーボード配列に変わっているかと思います。

※「思います」というのは、ほぼこの操作でキー配列を切り替えられるのですが、キーボードによっては、たまに上手く切り替わってくれないことがあります。
MacBook Proのキーボードならば、たぶん問題ないと思いますが、 どうしても切り替わらない場合は、
Windows 10でキーボードの配列通りに入力できない場合の対処方法 - NEC LAVIE公式サイト
上記の要領で、キーボードドライバーごと変更する(ただし上記リンク先説明の[日本語キーボード(106/109)]でなく[標準PS/2 101/102 キーボード]を適用する)方法もあります。

(また、macでは日本語と英語の変換もcommandとスペースで切り替えてます。)
出来れば、macのキーボード配置と合わせたいと考えております。
Windows 10のMicrosoft IMEをお使いになる場合ですが、
Windowsの場合、commandキーに相当するのがWindowsスタートボタンですが、これはIMEで、ショートカットーキーの組み合わせとして使うことができません。
またALTキーも同様です。

可能な組み合わせで一番近いのは[CTRL+SPACE]になるかと思いますが、もし、このショートカットキーでもよろしければ、設定変更の方法は、

  • まず「Microsoft IMEの詳細設定」ダイアログの[全般]タブを開きます。
     このダイアログまでたどり着くには、いくつかの方法がありますが、もっとも手っ取り早いのはCortanaに、

C:\Windows\System32\IME\IMEJP\IMJPUEX.EXE

これをそのまま打ち込むことです。

 最も正規の(ショートカットキーやポップアップメニューを使わない)方法でたどり着くためには、先ほどの「キーボードの種類変更」と途中まで同じ、[Windowsスタート]-[設定](歯車アイコン)-[時刻と言語]ー[地域と言語](左袖のリスト内)-[日本語]-[オプション]とクリックしてゆき、下段の「キーボード」にある[Microsoft IME]をクリックし、[オプション]を表示させて、これをクリックします。

  • 「Microsoft IME」が開いたら、その画面の一番下(画面を一番下までスクロールします)にある、[詳細設定を開く]をクリックします。

  • 「Microsoft IMEの詳細設定」ダイアログが開いたら、その中段にある「編集操作」の「キー設定」にある、右端の[変更]をクリックします。

  • 「設定」ダイアログで、ショートカットキーの組み合わせリストが表示されますので、[入力/変換済み文字なし]列の[Ctrl+SPACE](ちょうど初期状態は何も割り当てられていません)の[-]をダブルクリック(または[変更]をクリック)します。

  • 「機能選択」ダイアログが開きますので、機能名リストの一番右から2番目の列にある、[IME-オン/オフ]を選択して[OK]をクリックします。

  • 「設定」ダイアログに戻ってきたら、先ほどの[-]が[IME-オン/オフ]に変更されていることを確認の上、[OK]をクリックします。


これで、CTRL+SPACEを押すと、英数/ひらがながトグル切り替えになります。

なお、お断りするまでもないかもしれませんが、キーバインドについては、実際に本人が操作してみないと、本当にしっくり来るかどうか分からないところがあります。
おそらく、これ以外にも「ことえり」風にIMEをカスタマイズしたい場面があるかもしれません。
そのときは、"ことえり Windows"や、"ことえり IME"などで検索すると、いろいろな小技がヒットするかと思います。

また、トラックパットの上下の動作も2本の指で対応できますが、
macとwindowsでは動作が違うようなのでこれも合わたいと思ってます。
トラックパッドのハードウェア的な動作までは保証できませんが、Macの「ナチュラルホイールスクロール」(つまりホイールのスクロール向きを逆)にすることは可能です。
ただし、この操作はレジストリを編集することになります。
方法は以下のサイトに詳しく記載されています。
Windows 7のマウスホイールを上下逆に - 丸井綜研

レジストリエディターの開き方は、Cortanaで

regedit

と打ちます。

ちなみに、上記リンク先の説明にあったレジストリの設定位置は、要するに、ここです。

ただし、レジストリの編集は、間違えるとWindowsが動作しなくなることさえありますので、事前にバックアップ([ファイル]-[エクスポート])を行い、また慎重に作業することをおすすめいたします。


なお、以下は余談なのですが、今後、他にもWindows上の操作を、Mac風にアレンジしたいことが出てくるだろうと思います。
その場合、Windowsを使うMacユーザーのほうが、Macを使うWindowsユーザーより、はるかに比率が高いこともあり、実はMacユーザーに相談した方が、より多くの知恵を得られる可能性は大きいと考えています。

そういった意味で、

公式 Apple サポートコミュニティ

こちらへお尋ねになることで、さらに有用な情報が得られるかもしれません。

(もちろん、ご質問の趣旨はWindowsの操作に関することですので、こちらでご質問されることは、間違いでないと思います)

この回答は 14 人の役に立ちました

·

この回答で問題は解決しましたか?

役に立ちませんでした。

回答としてマークしていただきありがとうございます。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。

この回答の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。

回答
回答

レジストの設定位置が分からずにおります。
下記のような表示になり「HID」以降進めずにおります。

多少乱暴ですが、最も確実で分かりやすい方法としては、一旦、レジストリキー[HID]の下の[VID_05]キー6つとも、全て開いてしまいます。

※スクリーンショット中の[VID~]キーは4つですが、数があっていないのは気になさらなくとも構いません。

6つのキー全てに[Device Parameters]キーがあるはずですので、上から1つずつクリックしてゆきます。

そうしますと、トラックパッドやマウスに関係するものにのみ、[FlipFlopWheel]が存在しますので、これを見つけたらダブルクリックします。

[FlipFlopWheel]の値は、0になっているはずですので、これを1に書き換えて、[OK]をクリックします。

[OK]をクリックした後は、レジストリエディター上の[FlipFlopWheel]が、0から1に代わります。

この操作を、全ての[Device Parameters]キーについて行います。

ただし、先述の通り、全ての[Device Parameters]キーに[FlipFlopWheel]が存在するわけではありませんので、なければ無視して問題ありません。

おそらく6つの[Device Parameters]キーのうち、[FlipFlopWheel]があるのは、2つ程度かと思います。

そして、全ての[FlipFlopWheel]の値の変更を完了したら、一旦、Windowsを再起動します。

Windows再起動後は、ホイールの向きが逆になるはずです。

また、もしUSBマウスなどを接続した場合、現在6つの[VID_05~]キーが、もう1つ増えるかもしれません。

そのとき、新しいマウスもナチュラルスクロールにしたい場合は、新しい[VID_05]キーについて、もう一度上記操作を行う必要があります。

なお、変更箇所が多いこともあり、大変くどくて恐縮ではありますが、先にもお伝えした通り、レジストリの編集は非常に危険ですので、くれぐれも慎重に行うよう、お願いいたします。

この回答は 9 人の役に立ちました

·

この回答で問題は解決しましたか?

役に立ちませんでした。

回答としてマークしていただきありがとうございます。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。

この回答の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。