windows8.1にしてからIMEが無効になる

Windows8.1にアップデートしてから、

IMEの日本が有効にならないので苦しんでいます。

(頻度が多すぎる)


2台のPCともにWindows8.1にアップデートしたのですが

2台とも調子が悪い!!


症状としては、

起動時、PCのパスワードを入力する際は、

日本語切り替え(現在microsoft IME と Google を入れている)が

可能であるが、起動後デスクトップに移行すると、

IMEが無効となり、切り替えが全てできなくなる。


ただし、デスクトップ切り替え直後は有効になっているが

起動していく中で、無効になり使えなくなる。


今試しているのは、起動している途中で、デスクトップをカーソルで

選択し、ひらがなを選択することでうまくいく時(入力できる状態)がある。


また、うまく起動していても、一度休止状態となり、復帰すると使えないくなる


他のPCのと違うとすれば、SSDにOSを入れ、主要フォルダーはDドライブに設定していること。

(2台のPCともに・・・)


何が悪いのか、どうすれば治るのか、聞いてみたい。

(今のままでは使いづらくてしょうがない)

 

質問情報


最終更新日 2019年6月18日 表示 201,238 適用先:
回答
回答
返信 削除されたメッセージへの返信において

Windows 8 and Windows 8.1 で[IMEが無効です]と表示が多発するのは 言語バーを表示させていない事が原因?(不具合らしい?!)


残念ながら、こちらの環境では言語バーごと消えました。


その後、日本以外の国で同様の問題がないか探していたのですが、結果たどり着いたページが

下記の日本のHPでした。


http://ameblo.jp/evning-cicada/entry-11843482805.html


私の理解が間違いでなければ、svchost.exe経由で起動したIMEは、その親プロセスであるsvhost.exe

が何らかの理由で死んだ時に、子プロセスであるIMEごと道連れに死ぬ、ということのようです。


そしてそのsvhost.exeを殺したのが「AeLookupSvc(アプリケーション互換性チェックサービスらしい)」。


つまり


[1]

Windows起動→svhost.exe起動

                                    |

                                    |-AeLookupSvc

                                    |

                                    |-IME



[2]

Windows起動→svhost.exe起動

                                    |

                                    |-AeLookupSvc ×←何かの理由で死ぬ。

                                    |

                                    |-IME


[3]

Windows起動→svhost.exe起動 x←AeLookupSvcの道連れで殺される。

                                    |

                                    |-AeLookupSvc x

                                    |

                                    |-IME



[4]

Windows起動→svhost.exe起動 x

                                    |

                                    |-AeLookupSvc ×

                                    |

                                    |-IME x←svhost.exeが死んだ道連れで死ぬ。



ということだと思います。

この[2]でAeLookupSvcを殺すのが、人によりWindows Updateであったり、ロジクールの

Setpointであったりしたため、色々な方が色々な状況でIME無効状態に陥ったのだと思います。


上記HPでも解消方法は書かれていますが、

コマンドプロンプト(管理者権限)から下記コマンドを実行

「sc config AeLookupSvc type= own」

すれば、AeLookupSvcがsvhost.exeと無関係の別プロセスとして起動するので、AeLookupSvcが

死んでもIME無効にはならないようです。

以上間違っているようでしたら、どなたかご指摘お願い致します。

この回答は 48 人の役に立ちました

·

この回答で問題は解決しましたか?

役に立ちませんでした。

回答としてマークしていただきありがとうございます。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。

この回答の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。