Windows 10 バージョン 1803 で XPS ビューアーを利用する方法

【概要】

Windows 10 バージョン 1803 で XPS ビューアーを利用する方法の説明です。

【詳細】

XPS ビューアーは Windows 10 バージョン 1803 で削除されていますが、以下の方法で利用することが可能です。

■ バージョン 1709 以前の Windows からアップグレードした場合

XPS ビューアーが標準でインストールされている Widndows を Windows 10 バージョン 1803 にアップグレードした場合、XPS ビューアーを引き続き利用することが出来ます。

もし、XPS ビューアーが見当たらない場合は、検索ボックスに "XPS ビューアー" と入力して検索してください。

検索結果に XPS ビューアーが表示されない場合は、以下の内容も参考にしてください。

■ Windows 10 バージョン 1803 がインストールされているデバイスを購入、または、クリーンインストールした場合

次の手順で XPS ビューアーをインストールします。

  1. スタートを開き、[設定] を選択します
  2. [設定] が開いたら、アプリ > アプリと機能 > オプション機能の管理 の順に進みます
  3. [+ 機能の追加] をクリック、またはタップします
  4. 追加する機能の一覧から [XPS Viewer] を選択し、[インストール] をクリック、またはタップします

 

フォーラム記事情報


最終更新日 2019年10月15日 表示 84,231 適用先:
[+ 機能の追加] をクリックしましたが、「インストールする機能がありません。」となります。

下記を実行すると、「機能の追加」に表示されるようになりますので、お試しください。

1.検索に「Regedit」と入力し、レジストリエディターを起動します。

2.HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\AU に異動します。

3.右ペインのUseWUServerを右クリックし、変更を選択して値を1から0に変更します

4.検索に「サービス」と入力し、サービスを開きます。

5.「Windows Update」探して、右クリックで再起動をクリックします

(再起動がグレーアウトしている場合は開始or停止のアクティブになっている方をクリックしてから、再起動をクリックしてください)

6.改めて、設定>アプリ>アプリと機能>オプション機能の管理>機能の追加 を開きます

7.少し時間がかかりますが一覧が表示されるようになります。

ありがとうございます。

使えるようになりました。

参考にさせていただいております。

バージョン1703から1803へ上げたところ、同様にXPSビューワーが無効となりました。

HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\AU

の右ペインにあるのは下記の2つのみです。

--------------

名前:(規定)

種類:REG_SZ

データ(値の設定なし)

--------------

名前:NoAutoRebootWithLoggedOnUsers

種類:REG_DWARD

データ:0x00000000(0)

--------------

何か打開策はございますでしょうか。

よろしくお願いいたします。

インターネットに未接続の場合の対応方法はご存知でしょうか。

別サポートに問い合わせしました。

1803をクリーンインストールした場合、オフラインだとXPS Viewerはインストールできないようです。

 ・オフラインインストーラーは現時点で無

 ・代替案無

私も投稿者様と同じでした。

各自使用しているPCの状態によって,対処が異なると思いますので,私のPCの履歴を書くと,
私のPCは長らく,Windows10の更新(アップデート)に失敗しましたという内容が表示されていましたが,ワイヤレスの通信状態がよくなかったのか,併用していたアプリの関係で障害があったのか不明です。たまたま,Microsoft Edgeを立ち上げたときに,『Windows 10 のダウンロード』サイトで,およそ半年後に遅ればせながら『Windows 10 October 2018 Update』があったことを知り,ダウンロードとインストールを行いました。通信速度が遅かったので3時間程かかりましたが,完了し,最新版に更新できました。ところが,xpsファイルを開けなくなりました

そこで,自分のPC内でxpsビューアーを探しましたが,見つかりませんでした
ネットの記事から,同様にレジストリ設定を一部変更して操作を進める方法が紹介されていましたが,レジストリ設定をいじるのは,私も含めて素人にはリスクが高いので,レジストリをいじらずに何とかできないか,模索しました

結果として,私はレジストリをいじらずに解決してしまいました。

ただ,次の①~②の2つのことを同時にやってしまったので,どちらの効果があったのか,よくわかっておりません。(私はMS-DOS時代からPCを使っていますが,素人です)

xpsビューアーをダウンロードしなおしました。(xpsビューアーがどこかに隠れているだけなのか,xpsビューアーそのものが削除されているのか,判断がつかなかったからです)
 Microsoft XML Paper Specification Essentials Pack
 (https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=11816)
をダウンロードし,そのままインストールしようとしましたが,「このXPS Essentials PackはこのOSではサポートされていません」「インストールは完了しませんでした」と表示されました。
 また,設定→アプリからxpsビューアーを探しましたが,やはり見つかりませんでした。困ったなぁと思いながら,とりあえず,PCを再起動することにしました。

PCを再起動しました。

 そして,『設定→アプリ→(アプリと機能)→オプション機能の管理→機能の追加』をたどったところ,きちんと各種アプリが表示され,xpsビューアーも表示されるようになっていました。その後,他の投稿者様が書かれている手順で,xpsビューアーをインストールできました。

なお,既存のxpsファイルのアイコンをダブルクリックしても,xpsビューアーは立ち上がりません。いわゆる「ひもづけ」がされていないからです。
既存のxpsファイルのアイコンをダブルクリックすると画面中央に新たに表示される「xpsファイルをひらく方法を選ぶ」という主旨のウィンドウでxpsビューアーは現れませんでしたので,その同一ウィンドウ内下部にある「このPCで別のアプリを選ぶ」とすると,新たに「プログラムから開く」が表示されますが,おそらくxpsビューアーはWindows Appsの中にあるのかと思いますが,私の場合はグレーアウトして管理者権限でないと開けませんでした。

そこで,xpsビューアーを下記のように一度立ち上げましたら,既存xpsファイルとxpsビューアーとが自動的に『紐づけ』されました

すなわち,『画面左下のウィンドウマーク(スタート)を左クリック→Windowsアクセサリ→xpsビューアー』です。

その後,レジストリエディターから確認しましたが,私のPCは投稿者様と同様の状態のままで,xpsビューアーが使えるようになりました。
結果として,私はレジストリを自分でいじることなく,xpsビューアーを使えるようになりました。