Windows 10 October 2018 Update (バージョン 1809) 既知の不具合と対策まとめ

「Windows 10 October 2018 Update (バージョン 1809)」の配信が再開されました(2018/11/14)。

初回(10月)の配信より修正された主な問題

  • ユーザーファイル消失の致命的バグ
  • ZIPファイル展開時に確認画面が出ずファイルが上書きされるバグ
  • 移動プロファイルのバグ

新しいバグ、修正されてないバグなど主な不具合情報とその対策

1、[致命的]関連付け問題: Win32プログラムを既定のアプリとして設定できないことがある(PhotoShopなど)

 対策=> これで直せ 関連付け変更フリーウェア

2、[致命的]ネットワークドライブへの再接続がログオン時に失敗することがある

   対策=> 初心者ならあきらめろ。マイクロソフト公式の回避策  Windows 10、1809 のバージョンにマップされたネットワーク ドライブが機能しません。

3、[中レベル]タッチキーボードが起動しない(1803から継続)

   対策=>なし。 タッチ キーボードが起動しない

4、[致命的]画面真っ黒、マウスカーソルとゴミ箱、タスクバーだけ表示される(1803から継続)。決して成功しないログイン。修復不能。「悪夢(Nightmare)」と呼ばれるバグ。

   対策=>なし。以下の潜在的バグ参照。

5、[高レベル] 音がおかしくなる(1803から継続) 間違ったドライバが適用される。

   対策=>なし。以下の潜在的バグ参照。

99、そんなにユーザーに影響ないバグはここでは扱わない

潜在的バグ

  • 問題なく動いていたのにWindows Updateの後、正しくないドライバが割り当てられるケースが後を立たない。マイクロソフト側のドライバの登録ミスやバグなど複合的な要因か。

=>よくあるパターン: Windows Updateしたら起動不能、画面真っ黒、音がでない、Wifiやbluetooth,CD,DVD,Blue-Rayなどのデバイスが消えるなど

   対策=> なし。まともに起動できないなら初心者はクリーンインストール。玄人さんは以下の予防策を参照。

   現実的でない予防策=>Windows Updateの仕事を自分でやる。自分のWindowsのバージョンでのデバイスドライバの対応状況を知っておく。

1,アップデートをする前に原則、各デバドラを最新にする(これ重要)。

2,逆にアップデートしようとしているバージョンに対応していないデバドラとわかればアップデート前にドライバを固定する

3,時間が有り余っていて、これを理不尽に思わない人は極少数だと思われるので現実的でない。

   現実的な予防策 => Windows Updateを遅らせて、様子を見てからアップデートする(ベスト)。お薦めは80-90日遅らせる。

現在、アップデートできない(ブロックされる)環境

  • Trend MicroのOfficeScan/Worry-Free Business SecurityをインストールしてるPC
  • Apple iCloudがインストールされたPC
  • AMD Radeon HD2000/4000シリーズの使用したPC
  • 2018/11/22 インテルディスプレイドライバ(バージョン versions 24.20.100.6344, 24.20.100.6345)を使用しているPC

ブロックされる前に入れてしまった場合は起動不能など大きなダメージがある。


 

ディスカッション情報


最終更新日 2018年12月05日 表示 969 適用先:

Microsoft communityより転載

Microsoft, please stop coercive, harassing update behavior.

HARASS:  to continue to annoy or upset someone over a period of time.

COERCE: forcing another party to act in an involuntary manner by use of threats or force.

ほんとこういう気持ち。でもやるしかないよね。

Windows Updateでエラーコードが出て失敗しちゃったらまずこれ。

Windows Update トラブルシューティング ツール

配信速度の変更

これまでの大型アップデートはばらまく速度が最大になってたらしい。そのため拡散が速くて致命的なバグのあるアップデートをやってしまった人が多かった反省から、今回からは「ゆっくり」拡散させるらしい。

アップデートのブロック

これまでのアップデートではユーザーの環境などおかまいなしに適用されていた。その結果、致命的な問題が発生し、クリーンインストールしなければならなくなることも多かった。今回からはいくつかのユーザー環境によって、アップデートがブロックされる機能がついた。

例)iCloudがインストールされたPCでは現在、アップデートがブロックされている。

2018年11月の月例更新

KB4467708 (OS Build 17763.134)

  • AMDコンピューター用の投機的ストアバイパスと呼ばれる投機的実行のサイドチャネル脆弱性に対する保護の提供
  • Microsoftアカウントに二回目に異なるユーザーとしてサインインできない問題の修正
  • IoT UWPアプリがファイルシステムにアクセスできない問題の修正

ファイル関連付けの不具合にまったく別のアプローチ

国内外の有名なオープンソースソフトウェアでは、「1」のWin32プログラムを既定のアプリとして設定できないWindowsのバグに対して、アプリ側で修正が不可能であることからアプリからの関連付け変更をあきらめて、既定アプリの起動を置き換える方向で対応し始めている。

例えばPhotoを起動を、PhotoShop起動に置き換えるレジストリ操作を行う。いくつかのソフトウェアでこの方法に対応したアップデートを確認した。

Adobe Flash Player の Critical に分類される脆弱性、セキュリティの修正

Adobe Flash Player のセキュリティ更新プログラム: 2018 年 11 月 21 日

2018/11/22 Intelのディスプレイドライバ(versions 24.20.100.6344, 24.20.100.6345)がブロック

マイクロソフトがインテルディスプレイドライバ(バージョン versions 24.20.100.6344, 24.20.100.6345)がインストールされたPCへのWindows10 バージョン1809の配信をブロック開始。