dism /online /cleanup-image /restorehealth で「ソースファイルが見つかりませんでした」と出て修復できないときの対処法

まず下記リンクからWindows10メディア作成ツールをダウンロード/実行し、[他の PC 用にインストール メディアを作る]を選択、USBメモリに展開します。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

ISOファイルの場合は、rufus-2.7pやunetbootin-windows-563などを利用して、USBメモリに展開します。

展開したファイルの中から、install.esd(install.wimは私の場合は見つからなかった)を探してコピーし、C以外の任意のドライブの直下(Dドライブに置いたとの前提で話を進めます、ドライブレターは適宜読み替えてください)に置きます(コマンド入力が楽なため)。

install.esdを置いたのと同じドライブ直下(今回はDドライブ)にmount(名前は何でも構わないけれどこのフォルダ名で話を進めます)という名前で新規に空のフォルダを作ります。

これで準備は完了です。

スタートボタンを右クリックして、コマンドプロンプト(管理者)を選択し起動します。そして、以下のコマンドを順番に入力・実行します(半角スペースに注意)。

1 DISM.exe /Apply-Image /ImageFile:D:\install.esd /index:1 /Applydir:D:\mount

(※これはパソコンのスペックにより結構時間がかかります。完了後、mountフォルダを開いて念のためwindowsフォルダが存在するか確認してください。)

2 Dism /Online /Cleanup-Image /CheckHealth

(ここで、エラーの修復が可能と表示されれば、次のステップに進みます。)

3 Dism /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth /Source:D:\mount\windows /LimitAccess

(これで、ほとんどの場合は修復が完了します。)

4 Dism /unmount-wim /Mountdir:D:\mount /discard

(これは、エラーになると思いますが、念のためマウント解除操作をしておきます。)

5 DISM.exe /Cleanup-Wim

(これは、成功のメッセージが出るはずです。)

6 sfc /scannow

(3でうまくいっていれば、これも成功します。)

7 powershell

(パワーシェルを起動します。)

8 Get-AppXPackage -AllUsers  |Where-Object {$_.InstallLocation -like "*SystemApps*"} | Foreach  {Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register  "$($_.InstallLocation)\AppXManifest.xml"}

(これを実行して赤表示が出なければOK。コマンドプロンプトを閉じます。)

9 システムをシャットダウン後、起動(念のため再起動ではなく一度シャットダウンします。)

Windows10のインストールメディアが入る容量の、中身を消してもいいUSBメモリが1本あればすぐに実行可能で、コマンド入力もコピーアンドペーストで簡単にできますので、お試しください。

なお、不要になったinstall.esdファイルとmountフォルダは削除して構いませんが、mountフォルダは所有権・アクセス権の変更(所有者がtrusted installerになっているため)を行わないと削除できません。フォルダ所有者の変更については、

http://faq.buffalo.jp/app/answers/detail/a_id/15487

この辺を参考にしてください。どうせ削除するのですから、所有権を元に戻す操作の心配は不要です。

 

ディスカッション情報


最終更新日 2020年2月23日 表示 28,133 適用先:

メディア作成ツールでダウンロードしたイメージには wim ではなく esd が収録されています。

基本的に投稿されている内容で esd のまま使えば問題ありませんが、wim に変換して使いたい場合は

Windows 10 Insider Preview Build 10565のインストールメディアを作成する

の方法で wim に変換できます。

ただし dism コマンドで /Source に wim を指定する場合は、

DISM /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth /source:WIM:X:\Sources\Install.wim:1 /LimitAccess

のように WIM: オプションの指定が必要です。

なお wim ではなく esd で収録されているのは、esd は圧縮されていてサイズが小さくなっているからです。

ご参考まで。

ご返信ありがとうございます。

表題の事象で困っていて、なんとかしようと試行錯誤しましたが、wimベースの情報は豊富にあるのですが、なぜかwimファイルが見つからずかなりの回り道をしてしまいました。

esdが圧縮ファイルとは知りませんでした。wimファイルとは実質的に同じファイル、なのですね。

また一つ勉強になりました。ありがとうございます。