ライセンス認証エラー「0xC004C003」や「0xC004F050」が表示される場合の対処方法

【現象】
[設定] - [更新とセキュリティ] - [ライセンス認証] のステータスが 「Windows はライセンス認証されていません」と表示され、ライセンス認証でエラーが表示される場合

エラー コード 「0xC004C003」 や 「0xC004F050」 が表示される場合



【エラー詳細】
このプロダクト キーは使用できませんでした。(エラー コード: 0xC004C003)
無効なプロダクト キーを使っている場合は、このエラーが表示されることがあります。新しいプロダクト キーを購入するか、Windows がプレインストールされた PC を購入した場合は、PC の製造元に連絡して元のキーを入手してください。
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-10/activation-errors-windows-10


【状況】
全世界で Windows 10 へのアップグレードが実施されている状況のため、ライセンス認証サーバーに負荷がかかっている可能性があり、正しくライセンス認証できない可能性がございます。

このため、Windows 10 の再インストールでは改善しない場合があります。


【操作手順】
Windows 10 インストール方法により解決手順が異なります

<Windows 10 予約アイコンをクリックしてインストールした場合>
<Windows 10 ダウンロードページから、Windows 10 アップグレードした場合>

1. 画面左下の  “Web とWindows を検索” の検索ボックスに「設定」と入力し、設定を開いてください
2. [更新とセキュリティ] を開いてください
3. 画面左側の項目から [ライセンス認証] をクリックし、下記の項目をクリックしてください 


4. 同じエラーが表示され失敗する場合は、時間を空けてから再度実行してください。

<Windows 10 ダウンロードページ で USB / DVD ISOメディアを作成して、メディア ブートで、新規インストールした場合>
<自作 PC / XP / Vista の PC に Windows 10 ISO メディア ブートで、新規インストールした場合>

メディア ブートで Windows 10 をインストールした場合、元 OS のライセンス状態は引き継がれません。
この場合は、下記のどちらかで解決することができます。

A) ライセンス認証が完了している元 OS から再度 Windows 10 をアップグレードする
元 OS (Windows 7 SP1 / Windows 8.1 Update) をお持ちの場合は、元 OS を再インストールしなおしてから、再度 Windows 10 をアップグレード インストールしてください。
アップグレード インストール手順はこちらを参照してください

http://blogs.technet.com/b/cs3_windows/archive/2015/07/30/windows-10-web-windows-10.aspx


B) Windows 10 のライセンスを新規に購入する
有償にて新規に Windows 10 のライセンスを購入することで、正しくライセンス認証が行われます。

Windows 10 ライセンス購入する場合は、[設定] - [更新とセキュリティ] - [ライセンス認証] 画面で表示されている [ストアへ移動] をクリックして、表示される Windows ストアの画面の指示に従ってライセンスを購入します。

 

ディスカッション情報


最終更新日 2019年11月11日 表示 46,871 適用先: