メーカー動作確認非対象機をアップグレード DELL Inspiron 620s

SNSで知り合った人から相談を受けてDELLのInspiron 620sのアップグレードを手伝い中です。この機種は何十回やってもアップグレードに失敗するというので頼られてきました。

調べてみるとDELLで動作確認非対象機。ドライバの提供もありません。それは失敗して当然だなと。

でもインストーラーの互換チェックでは互換性ありでアップグレードできます、の判定結果。これなら調べもせずアップグレードしてしまう人もいるでしょう。一般的なPCユーザーはアップグレードに何が必要か?というのをまったく調べようともしないのですね。調べなかったのかと尋ねると『だってわかんないもん!』と逆ギレ?された。

調べてみると主だったドライバーはすべてWindows10用のものがあり、入手も容易です。他社では正式にサポートをしているチップセットでした。近くにいるなら直接作業してあげられるのですが、なにせ関東と九州。ちょっと来てと言われても無理です。そこでSkypeを使って画面共有と通話で手順を指導しながらのアップグレードを開始。必要なファイルはこちらでダウンロードしてOneDriveで受け渡し。

ひどいことにBIOSも欠陥があるバージョンでドライバは買ってから一度も更新などしたことなく、あまつさえスパイウェアもインストール済みとフルコンボ。これでよく再起不能にならなかったものだと逆に感心。

今日のところはBIOS,ドライバー更新とシステムファイルチェックの事前準備だけで時間切れ。ほとほと疲れました。明日はいよいよアップグレード開始。自分でやるなら自信はあるけどSkypeで指導するなんて初めてだからどうなることやら。こればっかりはリモートアシスタントも無理だし。

事前準備でも押すべきものと真逆のボタンを押したり、事前にとっていたマイクロソフトアカウントのパスワードを忘れていたりと前途多難です。

手順は主だったドライバーは事前にダウンロードして受け渡し。

残りの不明チップドライバは自動検索ソフトを使わせました。事前にマニュアルとなるニュース記事も送ったのに一切目を通さず。この操作も一つ一つSkypeで次押して、No押してと画面見ながら指示。

ドライバが終わればsfcをかけさせてその間に手順予習。その後は事前準備ツールを走らせて、その間にマイクロソフトアカウントの再取得とセキュリティ設定。やはりアカウントを取っただけで終わりにしようとしていたのでセキュリティ設定とスマホアプリのインストールも指導。最後に欠陥BIOSを最新版にアップデートして今日は終了。

構成はCPUがi5 2310、チップセットはH61、ビデオはIntel HD2000。

ドライバはすでに10対応のものが入っているのでドライバの問題はクリア済み。

セキュリティスキャンは毎日かけているというのでこれもクリア。ん?でもスパイウェアしっかりいたんですが。100%防げるソフトなんてないんですけどね。ほかにもないかと探したらいまだにShockwaveが入っていたのには苦笑い。Baidu-IMEも入れてたし。

失敗する要素はほぼ取り除いたのであとは本番が上手くいくことを願うだけ。

 

ディスカッション情報


最終更新日 2020年5月23日 表示 3,339 適用先:

* 小さ目のページ番号でお試しください。

* 番号のみをご入力ください。

* 小さ目のページ番号でお試しください。

* 番号のみをご入力ください。

DELLでは動作未確認というだけで、実際にアップグレードできることは確認しているこの機種。問題はDELLではドライバーのダウンロードが無いということ。

しかし、海外ではユーザーが多いDELLだけに海外フォーラムを回るとドライバ情報はすぐに入ってくる。

持ち主もこのままWindows7で使い続けることに不安を持っていて、かといってPC買い替えるにはもったいないという。確かに3年しか使っていないのでは、もったいないオバケも出るというもの。ただ、この3年間がほぼノンメンテナンスだったのがことを面倒にしている。いっそリカバリしてもらって中に何もない状態にしてもらえば、リモートアシスタントで操作できるのだけれど、データがある以上リモートアシスタントは使いにくい。これも過去のひどい体験から得た教訓。

海外ではインストールメディアからのアップグレードが強く推奨されている。というかでないと無理、ということらしい。なのでメディアを作ってもらおうとしたらDVDもUSBも持っていないという。なので一か八かでアップグレード始めてみたら、いままで始まりもしなかったアップグレードが始まった。これを見ただけでも大興奮。

結果、案の定の失敗。でも起動不可になることなく元の7に戻った。

クリーンブートでアップグレード始めたけど

0xC1900101 - 0x4000Dでました。

無効化しててもダメなのか、Kingsoftよ。

いくつかのドライバアップデートも失敗しているようだし、データ消してもらってリモートで操作させてもらえるか頼んでみよう。

また別の人にも話をきいたが、やはりアップグレード難しいという。書いてあることをそのままやるだけと言われても、書いてあることが理解できなくて、マニュアルを読むマニュアルがほしいという。なんかそんな本あったよね。

写真入りで手順あっても、人それぞれでセキュリティソフトも違うし、インストールしているソフトも違う。写真と画面が違うだけでパニックになるらしい。その結果、コンセントから抜いたり作動中に強制シャットダウンしてしまうのか。

第3夜はメディア作りとKingsoftにご退場いただく作業。

自分の誕生日を最初に祝ってくれたのがスカイプ越しの相手というのがなんとも自分らしい。・・・コンビニでケーキでも買ってこよ。

基本、まず逆切れするような人には関わらないこと。

なんなら、相談の対応は、windows10のパソコンを買いましょう♪で十分。

最悪でも、梱包して宅配してくれればこちらで済ませて返送します、で十分でしょ。

ネット超し越しの知り合いなんて赤の他人と大差ない。少なくてもリアルで対面したことないなら信用に値しない…

その人の息子には自分が組んだPCを納めています。

それなりに長いおつきあいをしている人。なぜか九州にそういう人が多い。

人間上手くいかないとイライラするものだからね。自分は上手くいかなくなると放り出しちゃうタイプ。それで別のことをして頭空っぽにしてまた取り掛かると上手くいったりする。

年下の女の人に多少キレられてもおぢさんにはどうということはないんです。

息子のPCとノートがあるようだからどうにもうまくいかないようなら直接やって!と言ってくるだろうから、それまでは自分でやってもらう。操作指導ではよく「スパルタだぁ!」と言われるのですが、絶対に覚えてもらわなければならないことは厳しくやるスタイルなのです。

ドライバの問題は再確認すると問題なし。

トラブルシューティングでアップデートがエラーになるのも修復。Windowsupdateからでも10のインストールが始まるのを確認。

DVD-Rを買ってきたのでメディア作成を開始しようとしたらライティングソフトがない。すべてのプログラムの中にはNero10のフォルダだけ。本人は自覚なしだが、いらないものと思って削除したか。とりあえずメディアだけ作れればいいからCyberlinkのPower2Goの体験版を窓の杜からインストール。メディアを焼き始めたら速度が2倍速!? 今時そんなに遅いドライブ?と思ったら、メディアが2倍速のものだった。

今時そんなメディアがあるのか?と思ったらどうやらDVD-RWを買ってきたらしい。

メディアを焼いている待ち時間、HDDのクリーンアップも実行。これがまたやたらと長い。案の定「買ってからやったことない」だった。システムファイルもクリーンアップしたら18GB越え。今までの最高は24GBだったので歴代2位のゴミ屋敷。

メディアもできたのでKingsoftを削除させたら、これまたびっくりVersion2012。これまで一度もバージョンアップをしていない!それでも毎日のスキャンだけは欠かさなかったのは評価に値する。ネットも限定的な使い方なんで「あなたのパソコンは~」という偽ソフトの購入をさせるようなADに引っかかることもなかったようだ。

クリーンブートにしてメディアのsetupからインストール開始。

ここまでやって失敗したならもう無理だな、というところまでやったつもりだから「果報は寝てまて、だな。明日の朝見るのは果報なのか****なのかはわからんけど」とオチをつけて終了。

早朝にLINEが飛んできた。

「成功したみたい」と。届いたのは果報だった。

でもここで固まるケースも見受けられるからデスクトップが出るまでは安心できない。途中の「新しい機能が追加されました」の画面でフリーズしたと思ったらしい。なるほど、ここで慌ててリセットや電源切っちゃう人もいるのかもしれない。

コルタナの画面写真が送られてきた。無事にOSアップグレード終了。

成功する確信があったからやったけど、普段なら対象外でNGだよ、と言うところ。今回これをやったのは「PC音痴が何をどうやろうとしてPCをおかしくするのか?」という調査目的が一番の理由。そして出来ないといわれたものを出来ると確信したからやってみたかった。DELLは動かないといってるのではなく、動くかどうか確認もサポートもしないよ、というだけ。自分でドライバを探してこれるスキルがない人には絶対にアップグレードは勧めない。チップセットのドライバがあるのがわかったからあとはどうにでもなるだろうという見切り発車だったけど。今夜はプリンタの接続とアカウントの設定。やっぱりプリンタがそのまま使えると思っていたらしい。サウンド周りのチェックもしないと。

修理に行くと、何をどうやればこうなるの?という現象は、こうして観察してみると、これか!とかそれやるか!と気づくことが多々あった。今回一番のびっくりは2012年からほぼ何もやっていないということ。Shockwave、Yatoo、Baiduが入っていたのも驚き。HAO123が入ってなかったのが不思議なくらい。

おかしくする原因を知れば、それを修正する手掛かりにもなるということ。それにはPCに詳しくない人が何をやっているのかを知ればいい。そんな理由でこんなディスカッションを立ててみました。お目汚しだったでしょうが、なにかしらの糧になれば幸いです。

問題なく終わったかと思ったらプリンターの問題が発覚。

互換チェックでパスしたのでは?

問題のプリンタはキヤノンのMP470。キヤノンを探すと、なるほど、Windows8でドライバ提供が終了している。検索をかけると某知恵袋ではダメ、使えない、買い替えろという言葉しかない。Windows8のドライバで互換性があるかもしれないが、ドライバに拘る自分は妥協するにはまだ早い。念のために相手には対応しない旨は伝えておいた。すると週末に使う予定だったという。最寄りにコンビニすらないところなのでとりあえずコンビニで出力という手もない。

結果、検索を駆使して見つけましたよ、10対応ドライバ。念のために自分のPCで解凍してチェック。署名もキヤノンのもの。バージョンを調べるとWindows8ドライバよりも古い。8のドライバでダメという動作報告だから、このバージョンでいこう。デフォルトで知恵袋を検索しないように出来るのかな。あそこはほんとに何の役にも立たないね。

メーカーにドライバがないと言ってたあの人はどうしただろう? メーカーになくても探せばあるもんだ。ドライバは新しいほうがいい、けど例外もあるってことだね。

返信 削除されたメッセージへの返信において

どうも認識はするけど、通信がされないらしいです。実機がないのでその検証ができないので本当のことなのかやり方が悪かったのかはわかりませんが。海外フォーラムを探していたらかなり試行錯誤をしている様子。正直、これほどの労力を要するのであれば数千円だしプリンタ買い替えたほうがいいんじゃね?と思ったりしました。

そして気づいたんです、こういう人は使いたいからやってるんじゃなくて、使えるようにすることに情熱をかたむけているんだと。そういうPC馬鹿は大好きです。

返信 削除されたメッセージへの返信において

そこまでの記述は見つけられなかったです。でもそれは試してみるべき点ですね。

情報ありがとうございます! たしかにTH2で互換性がないドライバだったら十分ありえますね。現状、OSのアップグレードができた、というだけで動作検証はまた今夜です。

ん?

・・・あー残念!お役に立てません;;

ありがとう。お気持ちがうれしいです。

proly殿

ドライバの更新に関してはほぼ問題ないというくらい探して更新しました。

残るは「食い合わせ」ですね。でもドライバはキヤノンのそのまんまでした。

最新のドライバはダメで古いドライバは互換、とりあえず印刷ができるレベルにあるというのも面白いというか、厄介というか。

今夜はアップグレード後に必要なドライバの更新確認と稼働確認です。

そもそもこの趣旨はアップグレードさせることよりも、PCがよくわかってない人が何をやらかして、何をやらないのかを観察して楽しむどういうトラブルを引き起こすのかを知ることです。失敗の原因を知れば解決の手引きになる、という持論です。

またこの微妙な世代のPCをアップグレードしたい人の役に立つのであれば、それはそれでやった甲斐があるというものです。

* 小さ目のページ番号でお試しください。

* 番号のみをご入力ください。

* 小さ目のページ番号でお試しください。

* 番号のみをご入力ください。