フォーラム記事

Surfaceで外付け日本語キーボードが英語配列で認識される場合の対処

テクニカル レベル : 基本

概要

SurfaceにBluetoothやUSBの外付けのキーボードを接続して、キーの刻印通りにタイプできない(Shift + 2 キーで「@」など)場合の対処法です


詳細

外付けキーボードが英語配列で認識された場合、キーボードドライバーを更新する

Shift + 2 キーで「@」になるなど、キーの刻印通りにタイプできないのは、外付けのキーボードが本来の日本語ではなく英語配列で認識されたのが原因です。

この現象は、キーボードドライバーを更新することで解決できます。

操作手順

(1)以下の公式ガイドに記載されている「方法1」の手順1.~8.にしたがって、コントロールパネルの「デバイス マネージャー」を起動し、「キーボード」の項目を展開して「HID キーボードデバイス」を選択します。

Windows 8 でキーボードが英語配列キーボードとして認識される

(2)「HID キーボードデバイス」を右クリックし、「プロパティ」を表示。「ドライバー」タブから「ドライバーの更新」→「コンピューターを参照してドライバー ソフトウェアを検索します」→「コンピューター上のデバイス ドライバーの一覧から選択します」と選択します。(公式ガイドの手順10.~12.)

(3)「互換性のあるハードウェアを表示」のチェックを解除→製造元「Microsoft」&モデル「Microsoft Basic Keyboard (106/109)」を選択→「次へ」→警告が出るので「はい」を選択。

(4)もし、(1)で「HID キーボードデバイス」が複数あった場合、(1)~(3)を繰り返して、すべて「Microsoft Basic Keyboard (106/109)」に更新します。

以上で、外付けキーボードが日本語配列で使用できるようになります。



ありがとうございます。

たいへんさんこうになりました。


Surface Laptop で初期セットアップ直後から同様の症状(英語キーボード配列)になり、記載されている手順で 4つあった「HID キーボードデバイス」を全て「Microsoft Basic Keyboard(106/109)」に更新しましたが、日本語キーボード配列にはなりませんでした。

Surface Laptop は Windows 10 S のため、レジストリエディタは起動できず。

Windows 10 Pro に切り替えた後にレジストリエディタを確認しましたが、「LayerDriver JPN」等の項目自体がありませんでした。

一部エラーは出ましたが、以下の手順で日本語キーボード配列になったため参考までに記載しておきます。

(1)デバイスマネージャからのキーボードドライバの更新で、製造元欄から「(標準キーボード)」を選択し、モデル欄から「日本語 PS/2 キーボード(106/109キー Ctrl+英数)」を選択してドライバをインストール。

(2)ドライバのインストールに失敗した旨のメッセージが出ますが、そのまま「完了」または「OK」で閉じます。

(3)誤認識状態になった「日本語 PS/2 キーボード(106/109キー Ctrl+英数)」を右クリックして、「ドライバのアンインストール」を実行。

(4)再起動

(5)デバイスマネージャ上での表示は「HID キーボードデバイス」に戻りますが、正常認識して日本語キーボード配列になります。(上記の作業は、複数あるキーボードデバイスのうちの 1つだけ行えば、症状は改善しました)


 
フォーラム記事情報

表示回数: 22901 最終更新日: 2017年12月11日 適用先: