Surfaceの回復イメージを作成し忘れた場合の対処法

テクニカル レベル : 中級

概要

以前、"Surfaceを購入したら、まずは回復ディスクを作成しよう" と題して、購入したら早めに回復ディスクを作成しましょう...とご紹介させていただきました。

そうは言っても、実際のところ回復イメージを作成し忘れた...という話は、SurfaceRTの頃からちょくちょくありました。

今回はそうしたSurfaceの回復イメージを作成し忘れた、あるいは作成する前に、Surfaceが起動できなくなってしまったという方向けに、回復イメージのダウンロードについてご紹介いたします。

* なおこの作業は、すでにSurfaceが起動できなくなった場合などには、他のPCで行なうことになります。


詳細

何らかのトラブルに遭遇して、Surfaceが起動できなくなる.... そうした事態に遭遇したくはないものの、そうなった場合にどうするか? 
以前、"Surfaceを購入したら、まずは回復ディスクを作成しよう" と題して、使い始める前に事前に回復ディスクを作成しておいた方がいいことをご紹介させていただきました。まさにそうしたトラブルの時の復旧に利用するのがこの回復ディスクになります。

しかし、うっかり作成し忘れてしまった場合どうしたらいいのか? その回復イメージはダウンロードできるものなのか? このあたりについて今回ご紹介させていただきます。

まず作業の大まかな流れから。

1) サポートページでの製品登録
2) Microsoftアカウントでサインイン
3) 製品を選択
4) 回復イメージのダウンロード
5) 回復ドライブの作成
6) 回復ドライブを利用して復旧作業をする

といった流れです。実際には、5)の回復ディスクを作成して、6)にあるような回復ドライブを利用した復旧作業という作業までなのですが、今回はダウンロードまでの流れをご紹介します。

1) サポートページでの製品登録

Surface の製品登録

上記サイトにアクセスして、事前に製品名、シリアル番号を登録しておいてください。
実際にやってみて分かったのですが、Club Microsoftのページなどに製品登録をしていても、このサポートページにはその製品情報などは反映されません。なので、サポートページに製品登録をしておくと、よりスムースに作業がすすみます。

いざダウンロードという時に、慌ててシリアル番号を調べなくても、Microsoftアカウントでサインインすれば表示されるようになりますので、ここでMicrosoftアカウントでサインインした後、製品を選択し、シリアル番号を入力、登録をしておくことをお勧めいたします。



この登録をしないでダウンロードを試したところ、システム側の不具合もあったのか? 後程紹介するシリアル番号を入力する画面になって、正しい番号を入れても、"登録" ボタンを押しても進めないという症状になりました。


2) Micrsoftアカウントでサインイン

まずは、以下のページにアクセスして、Microsftアカウントでサインインします。

Surface の回復イメージをダウンロードする



3) 製品の選択

サインインが完了すると、製品の選択画面が表示されます。ここで、今回回復イメージが必要となったSurfaceを指定します。最初に製品登録をしておくと、登録されている製品が表示されます。製品を選択して、"続行" をクリックします。



4) 回復イメージのダウンロード

次の画面に進むと、"ダウンロード" ボタンが表示されますので、"ダウンロード" をクリックします。保存の脇の▼をクリックして、"名前を付けて保存" をクリックし、作業がやりやすく、わかりやすい場所に保存しておきます。
ファイルサイズが大きいので、回線にもよりますが時間がかかります。




5) 回復ドライブの作成

ダウンロードが完了すれば、ダウンロードしたZIP形式のファイルが、先ほどダウンロード先に指定した場所に表示されます。

これをダブルクリックして開いてから、"ファイルをすべて展開" として、解凍いたします。

 

後はこの解凍されたファイルを、予め用意した空のUSBメモリにコピーする... という作業になります。

この回復イメージをダウンロードした後、USBメモリにコピーするまでの流れは、今回参照させていただいた、"Surface の回復イメージをダウンロードする" のところでも、画面に従って作業を進めていくと、USBメモリのフォーマット作業から、詳しく出ておりますので、実際の作業の際には、是非そちらもご参照ください。

6) 回復ドライブを利用して復旧作業をする

最後に、Surfaceがすでに起動できなくなっているなどのトラブルを抱えている方は、こうして作成した回復ドライブを利用して、状況に応じて復旧作業に入ります。

詳細は以下のページをご参照ください。

Surface RT または Surface 2 をリフレッシュまたはリセットする

【注意】

今回サポートページで事前に製品登録をする必要があることを説明しましたが、事前に登録をしない場合の流れについても触れておきたいと思います。

Surface の回復イメージをダウンロードする

にアクセスして、Microsoftアカウントでサインインしてみます。

画面としては、製品選択の画面になります。




製品を選択して、進むと今度はシリアル番号を入力する画面になります。

シリアル番号の調べ方なども機種に応じて画像入りで出ているのはいいのですが、シリアル番号を入れて、"登録" を押せば、本来ならダウンロードの過程に進めるようです。
今回は、あいにく一瞬待機中の表示になっても元に戻ってしまうという状況で、ダウンロード画面には進めませんでした。

念のため、Surfaceのサポートにもチャットを利用して確認してみましたが、本来なら "登録" を押せば進めるようで、今回のトラブルが一時的なものかどうかは不明ですが、Webページ側の不具合だったようです。

ただし、最初にご紹介したように、サポートページに製品登録しておけば問題は起きないみたいですから、ここでは、事前に登録しておくことを推奨したいと思います。

<参照>

Surface の回復イメージをダウンロードする

* なお Surfaceについては、サポートページもあります。チャットや電話によるサポートなどもございます。
  ・マイクロソフト サポート受付窓口 への問い合わせ/Microsoft Surface

 
フォーラム記事情報

最終更新日 2018年8月19日 表示 18,256 適用先: