Wiki 記事

Microsoft アカウントの取得方法

テクニカル レベル : 基本

概要

Windows 8以降のOSやXboxなどMicrosoft 製品のデバイスにサインインする際必要な Microsoft アカウントの取得方法

詳細

Windows 8以降のOSやXboxなどMicrosoft 製品のデバイスをスムーズに利用するには、Microsoft アカウントでサインインします。

この Microsoft アカウントの取得は、次のようにします。

ご注意!
Microsoftアカウントは、アカウントの新規作成後、10日以内にサインインしなかった場合、無効になります。また、1年間以上サインインしなかった場合にも無効になります。アカウントが無効になると、すべてのメールのメッセージなどのデータ、カレンダーやOneDrive内に保存されているデータも削除されます。受信したメールのメッセージは、「配信不能」として送信者に返送されます。そして、そのまま、5年以上連続してサインインしない状態が続くと、アカウントが削除され、他の人でも取得すれば利用可能な状態になります。(削除される期間が2015年6月に2年から5年に延長 参考:Microsoft サービス規約
アカウントが削除される前にサインインすれば、そのアカウントは再び使うことができます。しかし、無効になった際に削除されたデータは、取り戻すことができません。データが削除されると困る場合は、Microsoftアカウントが無効にならないよう、1年に1回はサインインしてください。

  1. 取得の際に必要なもの
    • 普段使っているパソコンのメールアドレス
    • パソコン
    • 電話番号(SMSが送れる携帯電話、もしくはスマートフォン)

  2. パソコンで Internet Explorer といったブラウザを起動します。
  3. Outlook.com ヘアクセスします。
    ここで、サインインしてしまった場合は、サインアウトしてください。
  4. Microsoft アカウントをお持ちでない場合の 新規登録 をクリックします。
  5. 「アカウントの作成」ページが開きます。

    基本情報を次のように入力します。
    1. 名前:「姓」欄と「名」欄にあなたのお名前を入力します。
      ※Windows 8/8.1でMicrosoft アカウントとして使いたい場合は、日本語入力せずに、半角アルファベットで入力します。
    2. ユーザー名:メールアドレスにするアカウント名を入力
    3. ドメイン名:下向き▽を押して、表示された中からドメイン名(メールアドレスの@マーク右側の部分)を選択します。
    4. パスワードの作成:アカウントで利用するパスワードを入力します。
    5. パスワードの再入力:「パスワードの作成」で入力した文字列を同じものを入力します。
      ※パスワードは、忘れないように何かに書き留めておいてください。
    6. 国/地域:現在住んでいる国が入力済みになっていると思います。正しいかどうか確認します。違っている場合は修正します。
    7. 郵便番号:現在住んでいる住所の郵便番号を入力します。
    8. 生年月日:ご自身の生年月日を入力します。
    9. 性別:任意で設定します。
  6. 「情報の保護にご協力ください」にも、次のように入力します。

    1. 国コード:現在住んでいる国のコードが正しいかどうか確認します。日本の場合は、「日本 (+81)」と入力されています。
    2. 電話番号:電話番号を入力します。固定電話や携帯電話、スマートフォンなどの電話番号を入力しますが、認識コードが必要な場合に、登録した電話番号へ連絡があります。できれば、認証コードをSMSというテキストメッセージで受信できる携帯電話やスマートフォンの方が適切です。ない場合は、固定電話でも構いませんが、認証コードは音声通話で即送られてきます。すぐに取れる電話番号を入力してください。
      ※電話番号の入力は、必須ではありません。未入力でも構いませんが、未入力の場合は必ず連絡用メールアドレスを入力します。
      公式のヘルプで確認すると「携帯電話番号を設定する場合、最初の 0 を抜いてハイフンなしで入力してください。」とありました。実際に登録して確認してみましたが、最初の0やハイフンが入っていても問題ありませんでした。
    3. 連絡用メールアドレス:日ごろ、パソコンで使っているメールアドレスを入力します。プロバイダのメールアドレスや別の Microsoft アカウント、他社のWebメール、フリーメールアドレスでも構いません。現在、利用できるメールアドレスを入力します。連絡用メールアドレスは、必須です。間違いがないように入力してください。
  7. 「続行する前に、実在する方がこのアカウントを作成したことを確認する必要があります。」では、次のようにします。
    1. 表示されている文字を入力してください:画像認証というシステムです。画像で表示されている英数字を大文字小文字に気を付けて入力します。わかりにくい場合は、「新規」を押して違うものにします。
      画像認証ができない場合は、「音声」を押して聞こえてくる内容を入力します。
    2. 「Microsoft のキャンペーンに関するメールを受け取る」のチェックは任意です。設定を変更したい場合は、お知らせメールの受信設定 へサインインして変更します。
    3. 「Microsoft サービス規約」と「プライバシーと Cookie に関する声明」を確認して、「アカウントの作成」ボタンを押します。
  8. 再度「続行する前に、実在する方がこのアカウントを作成したことを確認する必要があります。」が表示されます。次のように作業します。
    1. 国コード:現在住んでいる国のコードが正しいかどうか確認します。日本の場合は、「日本 (+81)」と入力されています。
    2. 電話番号:SMSが使える携帯電話やスマートフォンの電話番号を入力します。
      ※固定電話の電話番号は入力できません。
    3. 「コードの送信」を押すと「アクセス コードを入力してください」欄が表示されます。携帯電話やスマートフォンのSMSに送信されてきたコードを入力して「アカウントの作成」ボタンを押します。
  9. 以上でOutlook.com の「受信トレイ」ページが開き、Microsoft アカウントが取得できました。


    ※「新しい受信トレイにようこそ」の説明画像は、「受信トレイに移動」を押すと消えます。

重要
作成した Microsoft アカウントとそのパスワードは、忘れないように何かにメモ書きして、人目につかないところに保管し、紛失しないようにしてください。
Microsoft アカウントのパスワードは、他人に教えてはいけません。また、他のサービスのパスワードと同じにならないようにして、定期的に変更しましょう。
Microsoft アカウントを忘れてしまった場合、Microsoft に問い合わせても教えてくれません。過去にMicrosoft アカウントでメールやメッセージ、Skypeなどをした相手の People やアドレス帳などにアカウント名を登録していないかどうか問い合わせ、見つけ出してみてください。

引き続き、Microsoft アカウントのセキュリティ情報の設定 も参照して、設定してください。

参照

Microsoft サービス規約

サインインの頻度とPeopleやカレンダー、OneDriveの保存期間について - マイクロソフト コミュニティ

よくある質問|Microsoft アカウント

Microsoft アカウント - Microsoft Windows ヘルプ

コメント (0)

進行