Macの "メール" に、Outlook.comのアカウントを設定する POPサーバ編

テクニカル レベル : 基本

概要

Outlook.comのアカウントをMacでご利用の方も多いかと思います。

以前に、"Outlook.comのメールアドレスを、メールクライアントで使用する POPサーバー編" では、Windowsのメールクライアントを例に紹介させていただきましたが、今回は、Macの標準メーラー "メール"(Ver.8.2) での設定方法についてご紹介させていただきます。


詳細

まずはPOPサーバー編 です。

POPアカウントで設定する場合、"Outlook.comのメールアドレスを、メールクライアントで使用する POPサーバー編" のところでも紹介させていただきましたが、事前にMicorosoftアカウントでサインインして、設定を変更しておく必要があります。詳細は、"Outlook.comのメールアドレスを、メールクライアントで使用する POPサーバー編" の記事をご参考ください。

Outlook.comのメールアドレスを、メールクライアントで使用する POPサーバー編

さてそれではさっそく設定についてみていくことにしましょう。

まずは設定に必要な情報の確認から。

【設定に当たって確認しておくべき情報】

まずはサーバ情報などの確認から。POPサーバとして利用する場合には、事前に情報を確認しておく必要があります。

受信メールサーバ:
    pop-mail.outlook.com
     Port: 995
    SSLあり
送信メールサーバ:
    smtp-mail.outlook.com
     Port: 587 (25番ポートがブロックされなければ、"25" でも可)
    SMTP認証 あり
     SSLあり(暗号化:TLS)

ユーザー名     <Outlook.comのアドレス>
パスワード     <Outlook.comのパスワード>

【アカウントを設定する】

さて準備が整ったところで、Windows Liveメールへのアカウントの設定になります。

今回の環境:
 OS: Mac OS10.10.3(Yosemite)
 アプリ: メール Ver.8.2

1) メールを起動します。今回は全く設定されていない状態から起動ですので、いきなりアカウント設定が開いています。

2) "追加するメールアカウントを選択" のところでは、"その他のメールアカウントを追加" をクリックし選択。そして、"続ける" をクリックします

3) "メールアカウントを追加" のダイアログが開いたら、"氏名"、"メールアドレス"、"パスワード" を入力し、"作成" をクリックします

4) "アカウントを手動で設定する必要があります" と表示されるので、そのまま "次へ" をクリックして、作成に入ります

5) 【設定に当たって確認しておくべき情報】のところでも取り上げましたが、"受信メールサーバの情報" を入力します。アカウントの種類のところで、"POP" を選択する必要がありますので、ご注意ください

6) 続いて "送信メールサーバの情報" を入力し "作成" をクリックします。

7) アカウントの作成が完了し、メッセージが受信されました。

受信メールサーバ、送信メールサーバなどの設定の際に、ポート番号やSSLの使用の有無について、【設定に当たって確認しておくべき情報】のところでも取り上げましたが、特別設定しなくても、自動的に設定が完了しておりました。

******

ちなみに、すでに何らかのアカウントが設定されており、そこに outlook.com を設定する場合には....

1) メールアプリを起動し、メニューバーの "メール" から "アカウントを追加" をクリックします

2) "追加するメールアカウントを選択" の画面が出たら、"その他のメールアカウントを追加" をクリックして、"続ける" で進みます。

後は、初めて設定する時と同じ流れになります。

<参照>

Outlook.com でメール アプリをセットアップする

この記事は役に立ちましたか?

役に立ちませんでした。

素晴らしい!フィードバックをありがとうございました。

この記事にどの程度満足していますか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。

この記事にどの程度満足していますか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。

 

フォーラム記事情報


最終更新日 2021年1月30日 表示 11,153 適用先: