文末脚注のある論文同士のつなぎあわせ

文末脚注のある論文同士をつなぎあわせたいのですが、コピーして貼り付けただけでは、二つ目の論文が一つ目の論文の文末脚注になってしまいます。改ページを挿入したくても文末脚注では反応してくれません。

 文末脚注を残したままうまくつなぎあわせる方法はありませんか? 

回答
回答

それぞれの文書の文末脚注が、どのような指定で作成されているかによると思います。
文末脚注部分にカーソルを置いて右クリックし、[脚注と文末脚注のオプション]を選ぶと、脚注と文末脚注の設定画面が表示されます。
ここで、文末脚注が「文書の最後」、番号の付け方が「連続」、変更の対象が「文書全体」のようになっていませんか。

現状の設定がどうのような状態か分かりませんので、うまく意図した形でまとめることが可能か断言できませんが、
元ファイルが壊れたり、崩れたりしない、以下のような方法で行ってみてはどうでしょうか。

 1. 新規作成文書を開きます。
 2. ページ先頭にカーソルがある状態で、[挿入]→改ページ→セクション区切りの[次のページから開始]を指定します。
 3. 2ページ目を選び、[表示]→[ヘッダーとフッター]を指定します。
 4. ヘッダーを選び、ヘッダーとフッターツールバーの[前と同じヘッダー/フッター]で、ヘッダーの[前と同じ]を消去します。
 5. フッターを選び、ヘッダーと同様に[前と同じ]を消去し、ツールバーの[閉じる]で、または本文領域をダブルクリックし、ヘッダー/フッター表示を閉じます。
 6. 1ページ目の先頭位置にカーソルを移動して、[挿入]→[ファイル]で最初の文書を選択して[挿入]します。
 7. 文末脚注が2ページ目のセクション2のページとなる場合は、 文末脚注が文書の最後で作成されているためなので、
  この場合は、文末脚注にカーソルを置いて右クリックし、[脚注と文末脚注のオプション]を指定して、文末脚注を「セクションの最後」、
  変更の対処を「このセクション」として[適用]を指定します。・・・この結果、セクション1の文章の最後に文末脚注が移動するはずです。
 8. セクション2のページ先頭にカーソルを移動します。
 9. [挿入]→[ファイル]で2番目のファイルを選び[挿入]します。
10. 挿入された文書の文書の最後にある文末脚注の番号が、連続で作成されている場合、最初の文書の番号に続いて変更になっていると思います。
  この場合は、その文末脚注にカーソルを置いて右クリックし、[脚注と文末脚注のオプション]を指定して、脚注の開始番号を変更し、
  番号の付け方を「セクションごとに振り直し」とすることで対処できると思います。
  一番最後のセクションの文末脚注は、セクションの最後または文書の最後のどちらでも同じになると思います。

各文書の文末脚注の作成時に、上記の脚注のオプションで設定変更を行ったように、セクションの最後、セクションごとに振り直し、変更対象をこのセクション
のように、初めから作成しておくと、文書の連結時にセクション区切りを設定するだけで対応ができるかと思います。

ページ番号をすべてのページに通し番号で振る場合は、セクションごとのヘッダーまたはフッターの[前と同じ]を表示した状態にしてページ番号の設定をします。
元ファイルを挿入した別文書なので、もし問題が無ければ、新たに名前を付けて保存で別文書に保存してください。


Susumu Zenba
Microsoft MVP for Business Productivity-Word
(補足追加等はスレッド下の[返信]で、フォーラムの使用方法は右上のヘルプ(FAQ)を参照してください)
----- 以下署名 -----
Susumu Zenba - Microsoft MVP Office Apps & Services
本コミュニティはユーザー相互の情報交換・共有の場です。
質問の際は使用環境・現象・エラー内容など、できるだけ具体的な状況がわかるようにしてください。
問題の解決に役立った場合は「回答としてマーク」をお願いします。

この回答で問題は解決しましたか?

役に立ちませんでした。

回答としてマークしていただきありがとうございます。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。

この回答の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。

 
 

質問情報


最終更新日 2020年6月04日 表示 3,492 適用先: