Wordのショートカットキー(アクセラレーターキー)の詳細

概要
Word:2007や2010に表示されるOffice 2003 のショートカットキーって何ですか? Word2007や2010、2013は、2003と比べてユーザーインターフェイスが大幅に変わり、 ワードの豊富なコマンドを探すのに苦労されているのではないでしょうか。 また、大きなアイコンで一見、見易くまた操作し易くなったとは言え、 コンテキスト(作業場面に即した)ツールの発想からコマンドのメニューは 常時表示されなくなっています。 そこで、2007および2010、2013で、通常のキーボードからの[Ctrl]キーや[Shift]キーを使ったショートカットキー以外に、 2003まで使用されていたコマンドを呼び出すキー操作をアクセラレーターキーと言います。 全容が解る一覧は以下の通りですので、ご参考になさって下さい。
詳細

2003でのキー操作を

アクセスキー

アクセルキー

アクセラレーターキー

アクセラレートキー

というキー操作があり、

常に、[Alt]キーを最初に押してから、

メニューキー、

サブメニューキー

を押して、コマンドを実行します。

日本語で作業を加速する、促進するキー操作と言えます。

 

以下にそれぞれのメニュー、サブメニューキーをアルファベット順に示します。

ファイルメニューについては、全く変更されましたので、

20072010の操作手順です。

 

[ファイルメニュー]に関するアクセラレートキーシーケンス(ストローク)

Alt]+

FA [名前を付けて保存]ダイアログボックス

FC [ファイルを閉じる]→[変更を保存するかを確認]

FD [送信]

FE [配布準備]

FF [名前を付けて保存]

FI [Wordのオプション]ダイアログボックス

FN [新しい文書]ダイアログボックス

FO [ファイルを開く]ダイアログボックス

FP [印刷]ダイアログボックス

FS [上書き保存]

FU [発行]

FW [印刷]

(※ファイルメニューは、2003のものは無効です。)

 

[編集メニュー]に関するアクセラレートキーシーケンス(ストローク)

Alt]+

EA [クリア]→続けて、サブコマンドキーを押下

  EAF(書式)

  EAC(すべて)

EB [クリップボード]ウィザード

EC [コピー]

EE [検索と置換]ダイアログボックスの[置換]タブ(小見出し)

EF [検索と置換]ダイアログボックスの[検索]タブ(小見出し)

EG [検索と置換]ダイアログボックスの[ジャンプ]タブ(小見出し)

EH [ハイパーリンクとして貼り付け]

EK [リンクの設定]

EI [単語の登録]

EL [すべて選択]

EO [オブジェクト]

EP [貼り付け]

ER [やり直し]

ES [形式を選択して貼り付け]

ET [切り取り]

EU [元に戻す]

EV [文字の再変換]

 

[表示メニュー]に関するアクセラレートキーシーケンス(ストローク)

Alt]+

VA [変更履歴]

VB [縮小表示]

VD [下書き表示](※Nではない。)

VF [脚注(の表示)]

VG [グリッド線]

VH [ヘッダーとフッター]

VL [水平・垂直ルーラー]

VO [アウトライン表示]

VP [印刷レイアウト表示]

VR [閲覧レイアウト表示]

VS [段落記号(の表示/非表示)](段落グループのボタンがオフの時)

VT (ツールバーにつき、廃止)

VU [全画面表示]

VW [Webレイアウト表示]

VZ [ズーム]ダイアログボックス

 

[挿入メニュー]に関するアクセラレートキーシーケンス(ストローク)

Alt]+

IA [定型句](2007では廃止。)

IB [改ページ]ダイアログボックス

IF [フィールド]ダイアログボックス

IG [図表ギャラリー]ダイアログボックス

II [ハイパーリンクの挿入]ダイアログボックス

IK [ブックマーク]ダイアログボックス

IL [ファイルの挿入]ダイアログボックス

IM [コメントの挿入]

IN [参照]→続けて、サブコマンドキーを押下

  INC [図表番号]ダイアログボックス

  IND [索引と目次]ダイアログボックス

  INN [脚注と文末脚注]ダイアログボックス

  INR [相互参照]ダイアログボックス

IO [オブジェクトの挿入]ダイアログボックス

IP [図]→続けて、サブコマンドキーを押下

  IPA [オートシェイプ](2007で、廃止。)

  IPC [クリップアート]ウィザード

  IPF [図の挿入(ファイルから)]ダイアログボックス

  IPH [グラフ]

  IPN [新しい描画オブジェクト(キャンバス)]

  IPS [スキャナまたはカメラから図を挿入]ダイアログボックス

  IPO [組織図]

  IPW [ワードアートギャラリー]ダイアログボックス

IS [記号と特殊文字]ダイアログボックス

IT [日付と時刻]ダイアログボックス

IU [ページ番号]ダイアログボックス

IW Webコンポーネント(廃止?)

IX [テキストボックス]→続けて、サブコマンドキーを押下

  IXH [横書きテキストボックス]

  IXV [縦書きテキストボックス]

 

[書式メニュー]に関するアクセラレートキーシーケンス(ストローク)

Alt]+

OA [一括オートフォーマット]ダイアログボックス

OC [段組み]ダイアログボックス

OD [ドロップキャップ]ダイアログボックス

OE [文字種の変換]

OF [フォント]ダイアログボックス

OH (テーマ?)

OI [文字の均等割り付け]ダイアログボックス

OK [背景]→続けて、サブコマンドキーを押下

  OKF [塗りつぶし効果]ダイアログボックス

  OKM [色の設定]ダイアログボックス

  OKW [透かし]ダイアログボックス

OL [拡張書式]→続けて、サブコマンドキーを押下

  OLC [組み文字]ダイアログボックス

  OLE [囲い文字]ダイアログボックス

  OLT [縦中横]ダイアログボックス

  OLU [ルビ]ダイアログボックス

  OLW [割注]ダイアログボックス

ON [箇条書きと段落番号]ダイアログボックス

OO [オブジェクト]

OP [段落]ダイアログボックス

OR (フレームは廃止。)

OS [スタイル]ウィザード

OT [タブとリーダー]ダイアログボックス

OV [書式の詳細設定]ウィザード

OX [縦書きと横書き]

 

[ツールメニュー]に関するアクセラレートキーシーケンス(ストローク)

Alt]+

TA [オートコレクト]

TD [文書の比較]

TE [はがきと差し込み印刷]→続けて、サブコマンドキーを押下

  TEE [宛名ラベル作成]ダイアログボックス

  TEJ [はがき印刷]ウィザード

  TEM [差し込み印刷]ウィザード

TI [テンプレートとアドイン]

TL [その他の校正ツール]→続けて、サブコマンドキーを押下

  TLA [リサーチ(翻訳)]ウィザード

  TLH [ハイフネーション]ダイアログボックス

  TLL [言語の選択]ダイアログボックス

  TLT [類義語辞典]

TM [マクロ]→続けて、サブコマンドキーを押下

  TMM [マクロ]ダイアログボックス

  TMR [マクロの記録]ダイアログボックス

  TMS [セキュリティセンター]ダイアログボックス

  TMV [Visual Basic Editor

TN [オンライングループ作業]TNS TNW(省略)

TO [Wordのオプション]ダイアログボックス

TP [書式設定と編集の制限](文書の保護)ウィザード

TR [リサーチ]ウィザード

TS [文章校正:英語(米国)](※2010ではスペル チェックと文章校正:日本語)

TT [校閲]タブ(小見出し)の[変更履歴の記録]のオン/オフを切り替えます。

TU [要約の作成](2010では廃止されました。)

TW [文字カウント]([Ctrl]+[Shift]+[G])

TY [読みやすさの評価](※2010では空き容量またはメモリが不足のバグになっています。)

 

[罫線(テーブル)メニュー]に関するアクセラレートキーシーケンス(ストローク)

Alt]+

AA [自動調整]→続けて、サブコマンドキーを押下

  AAF [文字列の幅に合わせる]

  AAN [行の高さを揃える]

  AAW [ウィンドウサイズに合わせる]

  AAX [列の幅を固定する]

  AAY [列の幅を揃える]

AB [線種とページ罫線と網かけの設定]

AC 表の選択→続けて、サブコマンドキーを押下

  ACC [列]

  ACE [セル]

  ACR [行]

  ACT [表]

AD 表の削除→続けて、サブコマンドキーを押下

  ADC [列]

  ADE [セル]

  ADR [行]

  ADT [表]

AF 表のオートフォーマット

AG 表のグリッド線を表示する/しない

AH タイトル行の繰り返し

AI 表の挿入→続けて、サブコマンドキーを押下

  AIA [行(上)]

  AIB [行(下)]

  AIE [セル]

  AIL [列(左)]

  AIR [列(右)]

  AIT [表の挿入]ダイアログボックス

AM セルの結合

AO [計算式]ダイアログボックス

AP セルの分割

AR [表のプロパティ]ダイアログボックス

AS [並べ替え]ダイアログボックス

AT 表の分割

AV 変換→続けて、サブコマンドキーを押下

  AVB [表の解除]

  AVX [文字列を表にする]

AW [罫線を引く(マウスが鉛筆の形に変わる)]切り替え

 

尚、[ウィンドウメニュー]と[ヘルプメニュー]は省略します

+++

アクセラレートキー

逆引き一覧です。

ご参考に。

 

                               Alt]+

 

あ [新しい文書]        FN

  [新しい描画オブジェクト]  IPN

  [アウトライン表示]     VO

い [印刷]           FP

  [印刷]           FW

  [印刷レイアウト表示]    VP

う [上書き保存]        FS

  [Webレイアウト表示]     VW

  [ウィンドウサイズに合わせる]AAW

え [閲覧レイアウト表示]    VR

お [オブジェクト]       EO

  [オブジェクトの挿入]    IO

  [一括オートフォーマット]  OA

  [オブジェクト]       OO

  [オートコレクト]      TA

  [オンライングループ作業]  TNS

か [改ページ]         IB

  [囲い文字]         OLE

  [箇条書きと段落番号]    ON

き [切り取り]         ET

  [脚注(の表示)]      VF

  [脚注と文末脚注]      INN

  [記号と特殊文字]      IS

  [行の高さを揃える]     AAN

  [行の選択]         ACR

  [行の削除]         ADR

  [行(上)の挿入]      AIA

  [行(下)の挿入]      AIB

く [クリップボード]      EB

  [グリッド線]        VG

  [クリップアート]      IPC

  [グラフ]          IPH

  [組み文字]         OLC

け [検索]           EF

  [形式を選択して貼り付け]  ES

  [言語の選択]        TLL

  [計算式]          AO

  [罫線を引く]        AW

こ [コピー]          EC

  [コメントの挿入]      IM

さ [索引と目次]        IND

  差し込み印刷[宛名ラベル作成]TEE

  差し込み印刷[はがき印刷]  TEJ

  [差し込み印刷]       TEM

し [書式のクリア]       EAF

  [ジャンプ]         EG

  [縮小表示]         VB

  [下書き表示]        VD

  [書式の詳細設定]      OV

す [すべてクリア]       EAC

  [すべて選択]        EL

  [ズーム]          VZ

  [図表ギャラリー]      IG

  [図表番号]         INC

  [図の挿入]         IPF

  [スキャナまたはカメラから] IPS

  [スタイル]         OS

せ [全画面表示]        VU

  [セキュリティセンター]   TMS

  [線種とページ罫線と網かけの設定]AB

  [セルの選択]        ACE

  [セルの削除]        ADE

  [セルの挿入]        AIE

  [セルの結合]        AM

  [セルの分割]        AP

そ [送信]           FD

  [相互参照]         INR

  [組織図]          IPO

た [単語の登録]        EI

  [段落記号]         VS

  [段組み]          OC

  [縦中横]          OLT

  [段落]           OP

  [タブとリーダー]      OT

  [縦書きと横書き]      OX

  [タイトル行の繰り返し]   AH

ち [置換]タブ(小見出し)   EE

て [横書きテキストボックス]  IXH

  [縦書きテキストボックス]  IXV

  [テンプレートとアドイン]  TI

と [ドロップキャップ]     OD

な [名前を付けて保存]     FA

  [名前を付けて保存]     FF

  [並べ替え]         AS

は [配布準備]         FE

  [発行]           FU

  [ハイパーリンクとして貼り付け]EH

  [貼り付け]         EP

  [ハイパーリンクの挿入]   II

  背景の[塗りつぶし効果]   OKF

  背景の[色の設定]      OKM

  背景の[透かし]       OKW

  [ハイフネーション]     TLH

ひ [日付と時刻]        IT

  [Visual Basic Editor]    TMV

  [表の選択]         ACT

  [表の削除]         ADT

  [表のオートフォーマット]  AF

  [表のグリッド線]      AG

  [表の挿入]         AIT

  [表のプロパティ]      AR

  [表の分割]         AT

  [表の解除]         AVB

ふ [ファイルを閉じる]     FC

  [ファイルを開く]      FO

  [フィールド]        IF

  [ブックマーク]       IK

  [ファイルの挿入]      IL

  [フォント]         OF

  [文書の比較]        TD

  [文章校正:英語(米国)]  TS

へ [変更履歴]         VA

  [ヘッダーとフッター]    VH

  [ページ番号]        IU

  [変更履歴の記録]      TT

ほ [書式設定と編集の制限]   TP

ま [マクロ]          TMM

  [マクロの記録]       TMR

も [元に戻す]         EU

  [文字の再変換]       EV

  [文字種の変換]       OE

  [文字の均等割り付け]    OI

  [文字カウント]       TW

  [文字列の幅に合わせる]   AAF

  [文字列を表にする]     AVX

や [やり直し]         ER

よ [要約の作成]        TU

  [読みやすさの評価]     TY

り [リンクの設定]       EK

  [リサーチ翻訳]       TLA

  [リサーチ]         TR

る [ルーラー]         VL

  [ルビ]           OLU

  [類義語辞典]        TLT

れ [列の幅を固定する]     AAX

  [列の幅を揃える]      AAY

  [列の選択]         ACC

  [列の削除]         ADC

  [列(左)の挿入]      AIL

  [列(右)の挿入]      AIR

わ [Wordのオプション]      FI

  [Wordのオプション]      TO

  [ワードアート]       IPW

  [割注]           OLW

 

この記事は役に立ちましたか?

役に立ちませんでした。

素晴らしい!フィードバックをありがとうございました。

この記事にどの程度満足していますか?

フィードバックをありがとうございました。おかげで、サイトの改善に役立ちます。

この記事にどの程度満足していますか?

フィードバックをありがとうございました。

アクセラレーターキーの活用

  Word2013で使い勝手の良いWord2003のワードアートギャラリーを

Alt+I+P+Wで呼び出して使えることはとても便利ですね。

  これに関連したことですが、「図形の塗りつぶし」→「グラデーション」→

「その他のグラデーション」で表示されるグラデーションの設定画面で

Word2010にあった「標準スタイル」ボタンがWord2013では「既定のグラデーション」

に変わっています。2010の「標準スタイル」の中身のほうがはるかに使いやすいので

Word2013から、Word2010の「標準スタイル」をアクセラレーターキーで呼び出して使いたい

思いますがうまくできません。

  「その他のグラデーション」のアクセラレーターキーは

   Word2010;  Alt+JD+SF+G+M

   Word2013;  Alt+H+FC+G+M

 Word2013で上記のアクセラレーターキーを入力すると

結果はどちらもWord2013の「その他のグラデーション」の設定画面が表示されて、

意図したWord2010の設定画面、すなわち「標準スタイル」を表示するることができません。

  Word2003の操作画面は呼び出せるのに、Word2010の操作画面は呼び出せないのは

なぜでしょうか。

  もしどなたか、Word2013から、Word2010の「その他のグラデーション」設定画面を

呼び出す方法をご存知ならぜひご教示いただきたくお願いします。

心配性マイク

このコメントは役に立ちましたか?

役に立ちませんでした。

素晴らしい!フィードバックをありがとうございました。

このコメントにどの程度満足していますか?

フィードバックをありがとうございました。おかげで、サイトの改善に役立ちます。

このコメントにどの程度満足していますか?

フィードバックをありがとうございました。

新たに搭載した

エンジン(特定の機能を提供するひとまとまりのソフトウェア)で、

従来のエンジンが無効になっていることが原因です。

一方、ワードアートでは、エンジンが併用されているので、

ショートカットキーが活きています。

 

ファイルメニューは、全く更新されていますので、

ファイルに対する従来のショートカットキーは無効になっているのと同様です。

 

Hirotsune Ikuta
Microsoft MVP for Word
Business Productivity

このコメントは役に立ちましたか?

役に立ちませんでした。

素晴らしい!フィードバックをありがとうございました。

このコメントにどの程度満足していますか?

フィードバックをありがとうございました。おかげで、サイトの改善に役立ちます。

このコメントにどの程度満足していますか?

フィードバックをありがとうございました。

 
 

フォラムの記事の情報


2021年1月29日最終更新日 表示数 13,533 適用先: