「花束を描こう~スイートピー」

テクニカル レベル : 基本

概要

「花束を描こうーWordで描くシェイプアート2」では、Word2013を使い、4種類の花を描いて最後に花束を作ります。


詳細

「第1回目 チューリップ」 (花束を描こうーWordで描くシェイプアート2)

第2回目 スイートピー

☆花を描きましょう

1)はなびらの図形を描きます

①「基本図形」→「ハート」を選び、図形を描きます。
②図形の上で右クリックし、「頂点の編集」を選び、図形の上部の頂点を上方向へ
少しずつドラッグしていくと切込みの浅い図形に変形します。
③2つのハンドルが表示されていますのでそれぞれを左右に移動して
緩やかなカーブのハートを描きましょう。
④図形をコピーして縮小したものを2つ作成します。
⑤3つのハート図形を横向きにして図のように重ねます。

⑥「基本図形」→「月」を選んで図形を描き、調整ハンドルを右へ移動して変形します。
コピーして2つ描いてきます。
⑦ハートの図形の上に月の図形を回転させて図の位置に重ねます。

2)色を塗ります

①大きいハート図形の上で右クリックし、「図形の書式設定」を開きます。
「塗りつぶし」→「塗りつぶし(グラデーション)」
「種類」→「線形」
「方向」→「下方向」
「グラデーションの分岐点」
左端(A)の分岐点(位置0%)→「その他の色」→「ユーザー設定」→「RGB」の欄に数字を入力します。
右端(B)の分岐点(位置100%)→「その他の色」→「ユーザー設定」→「RGB」の欄に数字を入力します。
②大きいハートを選び、「ホーム」タブ→「書式のコピー」アイコンをクリックします。
次に小さいハートの上でクリックしましょう。
同じ色がコピーされたでしょうか。
このようにして一度作成した色は「書式のコピー」を使い、後で何回でも塗ることが出来ます。
尚、続けて使いたいときは初めにアイコンをダブルクリックしてから使います。
③「書式のコピー」を使って「月」の図形にもハートの色と同じ色を塗り、図のように重ねます。
最後にすべての図形を選んでグループ化します。
④右クリックして「オブジェクトの書式設定」から「線」を「線なし」にします。

☆茎を描きましょう


1)茎の図形を描きます

「線」→「曲線」を選び、ドラッグとクリックを繰り返して線を描きます。
最後はダブルクリックして線を切ります。
線を修正するには右クリックして「頂点の編集」を選びます。

2)色を塗ります

曲線を選択し右クリックして「図形の書式設定」を開きます。
「線」→「線(単色)」→「標準の色」→「薄い緑」

☆ガクを描きましょう

1)ガクの図形を描きます。

「基本図形」→「楕円」と「月」を選びます。
2つの図形を図の様に組み合わせてグループ化します。

2)色を塗ります

右クリックして「オブジェクトの書式設定」を開きます。
「塗りつぶし」→「塗りつぶし(単色)」→「色」→「標準の色」→「薄い緑」
「線」→「線なし」

☆パーツを組み合わせて花の形に仕上げます

①茎を2つコピーします。
②花を4つコピーします。
花は左右反転させたり、縮小したりして変化をつけましょう。
③ガクを3つコピーします。
④花にガクを付けグループ化します。
⑤茎に花をつけてアレンジします。
⑥すべてのパーツを選びグループ化します。

図形に色を塗る時のポイント
・単色を塗る場合はリボンにある「描画ツール」から「塗りつぶし」を選ぶこともできます。
・グラデーションの色を塗る場合は図形を右クリックし、「オブジェクトの書式設定」又は「図形の書式設定」から色を選ぶ方法をお勧めします。
両方の塗り方を使い分けて効率よく描いていきましょう。

・また、「テーマの色」、「標準の色」以外の色を使う場合は「その他の色」→「ユーザー設定」→「RGB」の色番号を選ぶことで好きな色を作ることができます。

次回は 第3回目 「花束を描こう~ガーベラ」

 

フォーラム記事情報


最終更新日 2018年9月07日 表示 3,361 適用先: