質問

PPT ドキュメントの回復が毎回起動するのを中止できない

以前、エクセルで同様の問題が報告されていますが、PPTドキュメントの回復にひとつのファイル名[Autosaved]が記載され、毎回起動します。別名保存しても、アプリケーションを開く際に繰り返し同じファイルが開かれます。どのように、このファイルを削除したら良いか教えて下さい。



​umSH さん、こんにちは。

マイクロソフト コミュニティをご利用いただき、ありがとうございます。

 

PowerPoint 起動時、毎回ドキュメントの回復のファイルが表示されてしまう状況でしょうか。

 

次のページを参考に、ドキュメントの回復が表示されたら [保存しない] を選んでファイルの表示が収まるか確認してください。

 

For Mac Office ファイルを復します。

>ファイルを閉じる、[保存しない] をクリックした場合は、自動バックアップ ファイルがクリーンアップされ、Office ではすべてのアイテムは、[ok] を通常の方法で停止するため、削除できます。

 

この操作をしても毎回ドキュメントの回復が表示される場合は、ほかの方からのアドバイスが寄せられやすくなるよう、次の点についても書き込んでいただければと思います。

 

・PowerPoint 2016 のバージョン

使用している Office のバージョンを確認する方法

・ドキュメントの回復画面のスクリーンショット

※Mac でスクリーンショットを撮る方法

※マイクロソフトコミュニティでの画像の挿入法

(個人情報などが映り込む場合は塗りつぶしてから投稿してください)

南谷一 – Microsoft Support

この回答で問題は解決しましたか?

役に立ちませんでした。


Finderの状態でコマンド+Shift+h

表示→表示オプション 

ライブラリホルダーを表示にチェックを入れる

ライブラリ→containercom.micorsoft.Powerpointdatalibraryautosave informationの中身を削除

これでいちいち立ち上がらなくなりました。

この回答で問題は解決しましたか?

役に立ちませんでした。

この回答は 6 人の役に立ちました


追記です

同 Library → Preferences→ AutoRecovery の中に、毎回起動されるファイル名があるので、それを削除したら解決しました。

この回答で問題は解決しましたか?

役に立ちませんでした。

この回答は 136 人の役に立ちました


お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。

おかげさまで、解決しました。

ありがとうございました。

この回答で問題は解決しましたか?

役に立ちませんでした。

この回答は 2 人の役に立ちました


情報ありがとうございます。 当方High Sierra10.13.4 でOffice2016を利用しています。 手順の後半ですが、私のマックでは ライブラリ→containercom.micorsoft.Powerpointdatalibraryautosave information

でなく、

containercom.micorsoft.PowerpointDataPreference→AautoRecovery の中に勝手に自動保存されたファイルが入っていました

この回答で問題は解決しましたか?

役に立ちませんでした。

この回答は 24 人の役に立ちました


 
質問情報

表示回数: 1,672 最終更新日: 2018年5月26日 適用先: