会議室メールボックスの予定表におけるアイテムの表示を変更する方法

テクニカル レベル : 中級

概要

いつも Office 365 をご利用いただきありがとうございます。

会議出席依頼で場所として会議室メールボックスを指定し予約を入れた場合、会議室メールボックスの予定表をみると予定の件名が「予定あり」としか表示されない、件名が予約したユーザーの名前になっている、本文が見えない、添付したファイルがついていない、等のお問い合わせをいただくことがあります。

今回は、会議室メールボックスの予定表で会議出席依頼の件名やアイテムの内容を表示する方法、および添付ファイルを残すように設定を変更する方法について手順を紹介します。

ただし、設定を変更しても、すでに作成したアイテムについては、表示方法や添付の設定は変更されませんので、既存のアイテムの表示を変えたい場合は会議出席依頼の再作成をご検討ください。

 

1. 会議室メールボックスの予定表でのアイテムの表示 - 既定の設定の場合

2. 会議出席依頼の表示、添付ファイル設定を変更する方法

3. 参考情報


詳細

---------------

会議室メールボックスの予定表でのアイテムの表示 - 既定の設定の場合

---------------

以下の手順で会議出席依頼の既定の表示方法を確認できます。

1. テスト会議という名前の会議出席依頼を作成します。

2. [場所または会議室の追加] ボックスで Meeting Room 1 という会議室メールボックスを指定します。

3. 本文を入力します。

4. ファイルを添付します。

 

結果 1.

予定表画面で、会議室メールボックスの予定表を追加して表示方法を確認します。会議室メールボックスの予定表では件名が表示されず、「予定あり」と表示されています。

結果 2.

会議開催者のユーザー名が件名として表示される場合があります。これは、会議開催者ユーザーのアクセス許可が Limited Details 以上の場合に、「予定あり」ではなくユーザー名が表示されます。

結果 3.

本文が表示されておらず、添付ファイルもありません。

---------------

会議出席依頼の表示、添付ファイル設定を変更する方法

--------------

会議出席依頼の表示、添付ファイル設定を変更するには、Exchange Online へ接続した Windows PowerShell から、以下の設定を行います。

 

1. 会議出席依頼の内容を表示するユーザーのアクセス許可レベルを Reviewer 以上に設定する

2. AddOrganizerToSubjectDeleteSubject の値を False に設定し、会議出席依頼の件名を表示する

3. DeleteComments の値を False に設定し、アイテムの本文を表示する

4. DeleteAttachments の値を False に設定し、添付ファイルを残す

 

1. 会議出席依頼の内容を表示するユーザーのアクセス許可レベルを Reviewer 以上に設定する

 

1-1. 会議室メールボックスの予定表のアクセス許可設定を確認します。

<構文>

Get-MailboxFolderPermission -Identity <会議室メールボックスのメールアドレス>:\calendar

* Identity の指定で、「calendar」を「予定表」と日本語で設定する必要がある場合もあります。

1-2. 特定ユーザーに Reviewer 権限を設定します。

<構文>

Add-MailboxFolderPermission -Identity <会議室メールボックスのメールアドレス>:\calendar -AccessRights Reviewer -User <ユーザーのメールアドレス>

2. DeleteSubjectAddOrganizerToSubject の値を False に設定し、会議出席依頼の件名を表示する

DeleteSubject は、受信した会議出席依頼の件名を削除するか、保持するかを指定するパラメータです。このパラメータの設定が True の場合、件名を削除する動作になります。

AddOrganizerToSubject は、会議の開催者の名前を会議出席依頼の件名として使用するかどうかを指定するパラメータです。会議開催者の会議メールボックスの予定表に対するアクセス許可が LimitedDetails 以上の場合で、このパラメータの設定が True に設定されている場合、会議開催者名が件名として表示される動作になります。

 

2-1. 現在の設定を確認します。

<構文>

Get-CalendarProcessing -Identity <会議室メールボックスのメールアドレス> | FL *addorg*, *deletesub*

2-2. 件名の表示設定を変更します。

<構文>

Set-CalendarProcessing -Identity <会議室メールボックスのメールアドレス> -AddOrganizerToSubject $False -DeleteSubject $False

2-3. 会議出席依頼を新規作成し、表示を確認します。

3. DeleteComments の値を False に設定し、アイテムの本文を表示する

DeleteComments は、受信した会議出席依頼のメッセージ本文中のテキストを削除するか、保持するかを指定するパラメータです。True に設定されている場合、本文中のテキストは削除されます。

 

3-1. 現在の設定を確認します。

<構文>

Get-CalendarProcessing -Identity <会議室メールボックスのメールアドレス> | FL  *deletecomm*

3-2. 設定を変更します。

<構文>

Set-CalendarProcessing -Identity <会議室メールボックスのメールアドレス> -DeleteComments $False


3-3. 本文の入った会議出席依頼を新規作成し、表示を確認します。

4. DeleteAttachmentsの値を False に設定し、添付ファイルを残す

DeleteAttachments は、受信メッセージからすべての添付ファイルを削除するかどうかを指定するパラメータです。True に設定されている場合、添付ファイルは削除されます。

 

4-1. 現在の設定を確認します。

<構文>

Get-CalendarProcessing -Identity <会議室メールボックスのメールアドレス> | FL  *deleteattach*

4-2. 設定を変更します。

<構文>

Set-CalendarProcessing -Identity <会議室メールボックスのメールアドレス> -DeleteAttachments $False

4-3. ファイルを添付した会議出席依頼を新規作成し、表示を確認します。

---------------

参考情報

---------------

- TechNet Set-CalendarProcessing

- TechNet Get-CalendarProcessing

- KB2842288リソースメールボックスの予定表は、Exchange Server 環境で、件名ではなく、開催者の名前を示しています

引き続き Office 365 をよろしくお願いいたします。

Online Services Support Team_Microsoft

※ 本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

この記事は役に立ちましたか?

役に立ちませんでした。

素晴らしい!フィードバックをありがとうございました。

この記事にどの程度満足していますか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。

この記事にどの程度満足していますか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。

 

フォーラム記事情報


最終更新日 2021年3月10日 表示 11,381 適用先: