競合が発生する理由について

Office365の新米管理者です。OneDrive for Businessでの同期エラーについて、質問がありまして、投稿させていただきます。

複数ユーザーで、OneDrive for BusinessでSharePointドキュメントライブラリをローカルPCに同期させていたところ、以下のようなメッセージが表示されました。フォルダーの同期を停止させ、再度同期させようとしても、同様のメッセージが表示され、同期ができませんでした。

「以下のファイルで競合が発生しています。この問題を修正するには、Webブラウザーでライブラリにアクセスして保持するファイルを特定し、それ以外のファイルを削除します。」

同期しているので、ローカルPCには常に最新版のファイルが保持されているという認識でいたのですが、なぜ競合が起きてしまうのでしょうか。もし、同じような事象を経験された方がいらっしゃいましたら、ご教示願えませんでしょうか。また、競合を回避するポイント等ご存知でしたらお願いいたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

こんにちは。

いつも Office 365 をご利用いただきありがとうございます。

A. ご利用されている OneDrive for Business 同期クライアントについて
----------------------------------------------
ご利用されている OneDrive for Business 同期クライアントは、SharePoint Online のドキュメント ライブラリの同期を実施いただいているということから、
以下の資料での「以前の OneDrive for Business 同期クライアント」ということでお間違えないか、念のためご確認をお願いいたします。

タイトル: 使用している OneDrive のバージョンは何ですか?
アドレス: https://support.office.com/ja-jp/article/19246eae-8a51-490a-8d97-a645c151f2ba

B. ご申告のエラーについて
----------------------------------------------
ご利用の OneDrive for Business 同期クライアントが「以前の OneDrive for Business 同期クライアント」の場合、以下のような状況で同様の事象が発生するという事例がございました。

1) 同じライブラリ上のファイルを利用している他のユーザーが存在し、実際に競合が発生している
2) ファイル名やフォルダー名が長い場合や、フォルダーの構造が深い場合に発生する
3) OneDrive for Business 同期クライアントのキャッシュなどの影響で発生する

C. 対処方法について
----------------------------------------------
上記のそれぞれの場合について、以下の方法で改善する可能性がございます。
事象が発生する PC にてお試しいただき、事象に変化があるかご確認をお願いいたします。

C-1. 同じライブラリ上のファイルを利用している他のユーザーが存在し、実際に競合が発生している場合
===========
同じライブラリ上のファイルを利用している他のユーザーが存在し、実際に競合が発生している場合には、以下の資料を参照いただき、[解決のために開く] などの対処を実施します。

タイトル: OneDrive for Business 同期障害トラブルシュート
アドレス: https://support.microsoft.com/ja-jp/help/10104/troubleshooting-onedrive-for-business-sync-issues
コメント: こちらの資料は同期の問題について、ステップ バイ ステップで確認していく資料となります。
          1 から 3 まで順に確認いただき、問題が改善しない場合は [いいえ] を選択すると「4:競合を確認する」のセクションが表示されます。

ただ、今回は複数のユーザー様で継続的に事象が発生しているとのことですので、実際にはファイルの競合が発生していないにもかかわらず、エラー メッセージが表示されている可能性も考えられます。
その場合は以下についてもあわせてご確認をお願いいたします。

C-2. 問題となっているファイルのファイル名やフォルダー名が長い場合や、フォルダーの構造が深い場合
===========
問題となっているファイルの保存されているフォルダー階層が深い場合やファイル名やフォルダー名が長い場合などは、
該当ファイルのコピーをドキュメント ライブラリの直下に単純なファイル名 (abc.docx など) で保存した場合に、同期することが可能となるかご確認いただくことで、要因を切り分けすることが可能です。

もし上記の結果として同期が可能になる場合は、ご利用されているフォルダー名、ファイル名が長いか、フォルダー階層が深いことが考えられます。
以下の資料に「以前の OneDrive for Business 同期クライアント」をご利用の場合の制限事項について記載がございますので、ご確認くださいますようお願いいたします。

タイトル: OneDrive for Business を介して S

harePoint ライブラリをコンピューターに同期する際の制限事項
アドレス: https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/2933738

C-3. 「以前の OneDrive for Business 同期クライアント」 のキャッシュを削除する方法
===========
上記 C-1 / C-2 で改善しない場合には、以下の方法で事象が改善するか、ご確認をお願いいたします。
以下の手順は、同期の停止後に 「以前の OneDrive for Business 同期クライアント」 のキャッシュを削除後に再度同期を実施する方法となります。

以下のサイトからツールをダウンロードしてください。
※ 本ツールでは "個人用の OneDrive" のキャッシュの削除も同時に行われます。
※ ローカル PC のキャッシュを削除する手順となりますので、もしドキュメント ライブラリ上のファイルよりも新しいファイルがローカル PC 上にある場合は、同期完了後に再度アップロードをお願いいたします。

タイトル: “Easy fix” ツールで OneDrive for Business のキャッシュを削除する方法
アドレス: https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/3038627

1) キャッシュを削除する PC で上記のサイトへアクセスします。
2) [Here's an easy fix ] セクションに表示されている [ダウンロード] をクリックします。
3) ブラウザーに表示された [実行] または [ファイルを開く] をクリックし easy fix ツールを実行します。
4) "OneDrive for Business のキャッシュを消去する" というウィンドウが表示されたら [次へ] をクリックします。
5) 画面の指示にしたがい、処理を進めます。
6) [続行しますか] と表示されましたら [はい] を選択し、[次へ] をクリックします。
7) "トラブルシューティングが完了しました" というウィンドウが表示されたら [閉じる] をクリックします。
※ easy fix ツールの完了後、必要に応じて、PC 内の同期されていたフォルダーの名前を変更するか、フォルダーを削除します。

上記の手順の実施後に再度該当のドキュメント ライブラリの同期を実施し、事象が改善されたかをご確認くださいますようお願いいたします。

C-4. 上記の方法で改善しない場合
===========
上記の手順を実施しても事象が改善しない場合には、ご利用の PC の OS や Office クライアントのバージョンなど確認させていただいた上で詳細な調査が必要になると存じます。
その場合はサービス リクエストにて Office 365 サポート窓口までお問い合わせくださいますようお願いいたします。

お問い合わせの際には、次のURLを参考になさってください。お問い合わせには管理者様の権限が必要となりますので、お持ちでない場合は、管理者様にお問い合わせください。

一般法人向け Office 365 サポート窓口のご紹介
http://answers.microsoft.com/thread/7635019b-2939-4ca3-a1f1-6cf8c249c58e

お手数をおかけし大変恐縮ではございますが、何卒よろしくお願いいたします。

この回答が役に立ちましたか?

役に立ちませんでした。

素晴らしい!フィードバックをありがとうございました。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。

ご回答ありがとうございます。

同期エラーが頻発しているドキュメントライブラリのファイル名が長かったため、ファイル名を短くして保存しなおしたところ、問題が解決しました。有難うございました。

今後のために、ファイル名の命名ルール(最大文字数)を作成し、運用したいと考えております。以下リンク先ページに、「ファイルおよびフォルダーに使用する文字の制限」という項目に、「フォルダー名とファイル名の合計文字数は、最大 250 文字」という記述があります。
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/2933738

***.docxというファイルを保管するとき、最大文字数は何文字までとなりますでしょうか。
フォルダ名とファイル名は、ともに日本語です。

(250-4)/9=27.3文字 という理解で合っておりますでしょうか。

重ねての質問となり恐縮ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

この回答が役に立ちましたか?

役に立ちませんでした。

素晴らしい!フィードバックをありがとうございました。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。

ご返信いただきありがとうございます。
また、ご確認いただきありがとうございました。
ライブラリ内のファイル名を短くすることで事象が解決できたとのことで安心いたしました。

追加でご質問をいただいた「フォルダー名とファイル名の合計文字数は、最大 250 文字」については、この場合は「エンコードされていない文字」での制限になります。
そのため、ご認識いただいているよりも少し長い日本語名のファイルであっても、同期を行うことが可能です。

※ 参考として、手元の環境ではドキュメント ライブラリの直下に日本語で 180 文字 + .docx のファイルを作成し、「以前の OneDrive for Business 同期クライアント」にてローカル PC と同期することが可能でした。

ただ、上述の「以前の OneDrive for Business 同期クライアント」の制限以外でも、Office や OS、ブラウザーなどのファイル名やフォルダー名を含めたファイル パス長についての類似の制限に抵触する可能性がございます。
そのため、問題を未然に防ぐ意味でも制限値ぎりぎりではなく、できるだけ短いファイル パス長となるような運用をおすすめしております。

すでにご確認いただいている情報も含まれているかと存じますが、以下に関連する弊社公開情報をご案内いたしますので、あわせてお役立てくださいますと幸いでございます。

   長いフォルダー名を持つ Office ファイルを開くときのエラー メッセージ

   URL パスの長さ制限 (SharePoint Server 2010)

この回答が役に立ちましたか?

役に立ちませんでした。

素晴らしい!フィードバックをありがとうございました。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。

 
 

質問情報


最終更新日 2020年10月09日 表示 7,620 適用先: