[2019 年 8 月更新] Office 365 ProPlus / Office 365 Business オフライン インストール手順 (バージョン 2013 用)

この記事は以下の内容で 2013 年 7 月 5 日に公開された記事を更新し、再掲載したものとなります。
Office 365 ProPlus オフラインインストール手順
https://community.office365.com/ja-jp/w/officeapps/4888

また、この記事の内容は、Office 2013に対応しています。
最新の Office 365 ProPlus および Office 365 Business をご利用の場合は、以下の記事をご参照ください。

タイトル : Office 365 ProPlus / Office 365 Business オフラインイン ストール手順
アドレス : https://answers.microsoft.com/thread/ff047b48-4317-45d6-a5cb-76faa4737150

---

いつも Office 365 をご利用いただきありがとうございます。
本投稿では、Office 365 ProPlus および Office 365 Business のトラブルシュートの際に行うことがあるオフライン インストールの手順についてスクリーンショットを交えてご案内します。

※ スクリーンショットは、Windows 8.1 に、Office 2013用 Office 展開ツールを用いてインストールした際の画像となります。

A. Office 展開ツールをダウンロードし、解凍する
  1. Office 展開ツールをダウンロードし、解凍します。

     Office 2013 用 Office 展開ツール
     URL : http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=36778

ファイル名 [officedeploymenttool.exe]
 (実行することで解凍される、自己解凍式の EXE ファイルです)

2.ダウンロードしたファイルをダブルクリックで解凍します。

3. 任意のフォルダに解凍します。
本案内では C ドライブ直下の [Office365ProPlus] フォルダ (C:\Office365ProPlus\) に格納していると想定してご案内いたします。

以下の 2 つのファイルが生成されます。任意のフォルダにコピーあるいは移動します。
  configuration.xml
  setup.exe

B. XML ファイルを編集する

1. 生成された XML ファイルを右クリックし、[編集] を選択します。

2. 表示されたテキストをすべて消去し、以下のテキストを貼り付けてから保存します。
インストールされる Office アプリケーションによって、ご利用いただくテキストが異なります。

※ 以下は Office 365 ProPlus を導入する際のテキストです。
---- ここから ------------------------------------------------
<Configuration>
  <Add SourcePath="C:\Office365ProPlus\" OfficeClientEdition="32">
    <Product ID="O365ProPlusRetail">
      <Language ID="ja-jp" />
    </Product>
  </Add>
< /Configuration>
---- ここまで ------------------------------------------------

※ 以下は Office 365 Business を導入する際のテキストです。
---- ここから ------------------------------------------------
<Configuration>
  <Add SourcePath="C:\Office365ProPlus\" OfficeClientEdition="32">
    <Product ID="O365BusinessRetail">
      <Language ID="ja-jp" />
    </Product>
  </Add>
</Configuration>
---- ここまで ------------------------------------------------

※ご注意※
SourcePath="C:\Office365ProPlus\" のディレクトリ パス部分は、setup.exe のファイルなどを保存したフォルダのディレクトリ パスを記述する必要があります。



C. コマンド プロンプトを実行し、インストール ソースをクライアント自身にダウンロードする

1. 管理者権限でコマンド プロンプトを開きます。

2. 以下のコマンドを実行し、Office 展開ツールが保存されているディレクトリにコマンド プロンプト上で移動します。

<コマンド例>
cd C:\Office365ProPlus\
※ [Office365ProPlus] というフォルダに Office 展開ツールが保存されている場合

3. 以下のコマンドを実行し、インストール ソースのダウンロードを開始します。
  setup /download configuration.xml



4. 20~30 分ほどでダウンロード完了となります。

5. setup.exe が存在する階層に [Office] フォルダが生成され、ダウンロードされたインストール ソースが [Office] フォルダの [Data] フォルダに保存されたことを確認します。



6. インストール ソースのダウンロードが正常に完了しているかどうかを判断するため、以下の方法でインストール ソース ファイルの容量を確認します。容量が 1 GB を下回る場合は、いったんダウンロードしたインストール ソースを削除していただき、再度ダウンロードを行っていただくか、別ネットワークや別端末にてダウンロードをお試しください。

<確認方法>
6-1. 以下のファイルが保存されているフォルダを開きます。 (C:\Office365ProPlus\ 等)
      configuration.xml
      setup.exe

6-2. [Office] フォルダを右クリックし、[プロパティ] を選択します。
  ※ ここまでの手順で "setup /download configuration.xml" を実行していると、当該フォルダ内に [Office] フォルダが自動生成され、ダウンロードされたインストールソースが格納されています。

6-3. [全般] タブ内、[サイズ] を確認します。
  ※ サイズが約 1 GB 以上となっていれば、ダウンロードは成功しているとご判断いただけます。1 GB を超えていることを確認したら、次項に進みます。


D. コマンド プロンプトを実行し、インストール ソースから、クライアント自身にOffice 製品をインストールする

1. 管理者権限でコマンド プロンプトを開きます。

2. 以下のコマンドを実行し、Office 展開ツールが保存されているディレクトリにコマンド プロンプト上で移動します。

<コマンド例>
cd C:\Office365ProPlus\
※ [Office365ProPlus] というフォルダに Office 展開ツールとインストール ソース ([Office] フォルダ) が保存されている場合

3. 以下のコマンドを実行し、Office のインストールを開始します。
setup /configure configuration.xml



4. インストールが完了するまでお待ちください。数十分かかる可能性がございます。


操作は以上となります。
引き続き Office 365 をどうぞよろしくお願いいたします。

Online Services Support Team_Microsoft
※ 本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。


                   
 

ディスカッション情報


最終更新日 2019年10月12日 表示 11,780 適用先: