Exchange Online でフォルダー名が英語になる場合の対処方法

この記事は2013 4 30 日に公開された記事を更新し、再掲載したものとなります。

タイトル: Exchange Online でフォルダー名が英語になる場合の対処方法

URL : http://community.office365.com/ja-jp/b/office_365_community_blog/archive/2013/04/30/troubleshooting-outlook-folders-being-in-english.aspx

-----

いつもOffice 365 をご利用ありがとうございます。

Exchange Online では、既定言語が英語となっているため、ユーザーが Exchange Online 利用開始時に、メールボックスの既定フォルダーが英語になっていることがあります。

受信トレイ---> Inbox

送信済みアイテム---> Sent Items

送信トレイ---> Outbox

下書き--> Drafts

削除済みアイテム---> Deleted Items

迷惑メール--> Junk Email

メモ--> Notes 

Outlook Outlook on the web では以下のようにフォルダーが表示されます。

このような場合、エンド ユーザーは、以下の方法で表示を日本語に変更することができます。

1. Outlook on the web (https://outlook.office365.com/) にログインします。

2. 画面右上の [歯車マーク] - [メール] をクリックします。

3. オプション画面で、[全般] - [地域とタイムゾーン] を選択します。

4. [言語] に 「日本語 (日本)」 を選択し、[指定した言語に一致するように既定フォルダーの名前を変更する] にチェックを入れ、[保存] をクリックします。

これで、フォルダー名が以下のように日本語で表示されます。

管理者として、このようになる状況を未然に防ぐには、新しく作成したユーザー メールボックスの言語をあらかじめ設定しておきます。

それには、PowerShell で以下のようなコマンドを実行します。

Set-MailboxRegionalConfigurationコマンドは、user@contoso.com というユーザーに対して、あらかじめ言語を日本語に設定します。

[構文]

Set-MailboxRegionalConfiguration -Identity "ユーザーのメール アドレス" -DateFormat "yyyy/MM/dd" -TimeFormat "H:mm" -TimeZone "Tokyo Standard Time" -LocalizeDefaultFolderName:$True -Language "ja-JP"

[実行例]

Set-MailboxRegionalConfiguration -Identity user@contoso.com -DateFormat "yyyy/MM/dd" -TimeFormat "H:mm" -TimeZone "Tokyo Standard Time" -LocalizeDefaultFolderName:$True -Language "ja-JP"

複数のユーザーがいる場合は、以下のように実行します。

[構文]

Import-Csv -Path "<保存先のパス\ファイル名.csv>" | ForEach-Object {Set-MailboxRegionalConfiguration -Identity $_.Identity -DateFormat "yyyy/MM/dd" -TimeFormat "H:mm" -TimeZone "Tokyo Standard Time" -LocalizeDefaultFolderName:$True -Language "ja-JP"}

[実行例]

Import-Csv -Path "C:\Temp\users.csv" | ForEach-Object {Set-MailboxRegionalConfiguration -Identity $_.Identity -DateFormat "yyyy/MM/dd" -TimeFormat "H:mm" -TimeZone "Tokyo Standard Time" -LocalizeDefaultFolderName:$True -Language "ja-JP"}

ここで、users.csv には以下のように記載します。一行目はフィールド名で "Identity" としておきます。

Identity

user1@contoso.com

user2@contoso.com

user3@contoso.com

これで、user1.contoso.comuser2@contoso.comuser3@contoso.com 対して、あらかじめ言語設定を行うことができます。

参考情報

Title : リモート PowerShell による Exchange への接続

URL : https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/jj984289(v=exchg.160).aspx

Title : Set-MailboxRegionalConfiguration

URL : https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dd351103(v=exchg.160).aspx

引き続きOffice 365 をどうぞよろしくお願いいたします。

Online Services Support Team_Microsoft

※ 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

 

ディスカッション情報


最終更新日 2019年10月17日 表示 18,169 適用先: