EXCEL ActiveX コントロールのボタンが一部の端末で使用できない

お世話になります。

現在、社内の一部の端末で Excel ファイルの “ActiveX コントロール” の ”ボタン” が押せない現象が発生しております。

症状:

・ Excel2010 ~ 2013 でボタンを挿入したブックを作成 → Excel2000 ~ 2007 でボタンをクリックできない

     (ただし、Excel2000 ~ 2007 で正常に動作する端末もあります。)

・ Excel2000 ~ 2007 でボタンを挿入したブックを作成 → Excel2000 ~ 2013 でボタンをクリックできる

・ クリックができないボタンは、クリックができるボタンの “プロパティ” が異る (下図参照)

・ ボタンが図形(?)の様な状態になってしまう (クリックしても凹まない)が、

  デザインモードにしないと選択ができない

テストで使用した端末情報:

★PC1

   ・Windows7

   ・Office2013

★PC2

   ・Windows7

   ・Office2007

★PC3

   ・Windows7

   ・Office2007

下の2つ画像はPC2で同じブックを開いた状態です。

上の 「CommandButton21」 は押せないボタン

  ・Excel2013 がインストールされている端末(PC1)で下図のブックを開き、

   “ActiveX コントロール” の ”ボタン” を挿入し、保存

  ・Excel2007 がインストールされている端末(PC2)で下図のブックを開き、

   ボタンをクリックしても凹まない& ボタンのプロパティが****

下の 「CommandButton22」 は押せるボタン

  ・Excel2007 がインストールされている端末(PC3)で下図のブックを開き、

   “ActiveX コントロール” の ”ボタン” を挿入し、保存

  ・Excel2007 がインストールされている端末(PC2)で下図のブックを開き、

   ボタンのクリックは正常 & ボタンのプロパティも正常

試した事:

・ 表示される全ての更新プログラムを適用

・ 2014年12月に適用された下記の更新プログラムを削除

    ・KB2596927

    ・KB2553154

    ・KB2726958

・ Microsoft Fix it 51029 の適用

    (http://support.microsoft.com/kb/3025036/ja)

・ Office の修復 や 再インストール

考えられる原因や確認が必要な設定など、対策をご存知の方はご教示ください。

よろしくお願い致します。

|

​EG_Kiyoshi さん、こんにちは。
マイクロソフト コミュニティをご利用いただき、ありがとうございます。

一部の端末で Excel の ActiveX コントロールのボタンが使用できないということなのですね。

画像を確認させてもらうと、ボタンが機能していない方のプロパティではオブジェクト名が 「Sheet 3」 といったように変化していますね。

わたしも更新プログラムの影響かなという印象でしたが、更新プログラムや Fix it 51029 (MSForms.exd 削除) で回避できないとなると、更新プログラムとは別の要因があるのかもしれません。

似た症状で投稿があった以下のスレッドの H_H324 さんが紹介されている回避策、 VBA Project のコンパイルを試してみてはいかがでしょうか。
参考スレッド: マクロを有効化するとコマンドボタンのオブジェクト名が勝手に変更される

試してみた結果について返信をお待ちしていますね。

大沢 孝太郎– Microsoft Support

この返信が役に立ちましたか?

役に立ちませんでした。

素晴らしい!フィードバックをありがとうございました。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。

大沢

返信ありがとうございます。

残念ながら ”VBA Project のコンパイル” では改善されませんでした。

正常に動作する端末でも ”VBA Project のコンパイル” を実行しましたが、

特に変化はありませんでした。

他に気になるのは、”PC1” で新規のブックを作成し、ボタンを初めて作成したにも関わらず、

”CommandButton1” ではなく、 ”CommandButton21” になることです。

下記のテストを行いました。

  1. PC1でボタンを挿入 → ”CommandButton21” が作成される
  2. ”CommandButton21”  のオブジェクト名を ”CommandButton1” に変更
  3. PC1で再度ボタンを挿入 → ”CommandButton21” が作成される
  4. 計 ボタン2個 ある状態で保存、閉じる

  5. PC2で上記ブックを開く
  6. ボタンをクリック → どっちのボタンも動作しない
  7. PC2でボタンを挿入 → ”CommandButton2” が作成される
    (PC2 は”CommandButton1” が存在すること認識している(?) )
  8. PC2で ”CommandButton2” をクリック → 動作する
  9. ”CommandButton2”  のオブジェクト名を ”CommandButton1” に変更
  10. 通常、既に”CommandButton1” は存在するのでエラーとなるはずが、エラーにならない
  11. シートには”CommandButton1”  が2個ある状態 (動作するボタンと動作しないボタン)
  12. 動作する方のボタンをクリック → PC1 で作成した際のマクロが実行される

最初に挿入したボタンのオブジェクト名が ”CommandButton21” になる現象について調べましたが、

何件かはヒットしたものの、これといった解決策は見つかりませんでした。

引き続き、対応策などをご存じの方はご投稿をお願い致します。

この返信が役に立ちましたか?

役に立ちませんでした。

素晴らしい!フィードバックをありがとうございました。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。

​EG_Kiyoshi さん、こんにちは。
ご返信、ありがとうございます。

新規ブックでボタンを作成すると、 CommandButton1 ではなく、 CommandButton21 が作成されるといった動作も見られるのですね。

すでに確認されたスレッドかもしれないのですが、ディスカッションに投稿があった以下のスレッドに似た症状かもしれません。
KB2726958を適用すると、ActiveXコントロールのオブジェクト名の採番方法が変更されている?

関連がありそうな対処方法 Microsoft Fix it 51029 はすでに実施済みなので、セキュリティ更新プログラム以外の要因があるのかもしれませんね。

念のため確認ですが、 Office 再インストールは 【 こちら 】 の Fix it で Office を削除されてから行われたということでしょうか。

削除方法によっては古い Office 情報が残ってしまい症状が残るといったことも考えられるので、もし Fix it 以外の方法で Office 再インストールをされたのであれば、 Fix it を実施してから Office 再インストールを試してみるのもよいかもしれません。

Fix it で Office 再インストールを行っていたということであれば、新規ユーザー アカウントで動作を確認してみてはいかがでしょう。
ユーザー アカウントを作成する

追加の返信をお待ちしています。

大沢 孝太郎– Microsoft Support

この返信が役に立ちましたか?

役に立ちませんでした。

素晴らしい!フィードバックをありがとうございました。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。

大沢

お付き合い頂きありがとうございます。

返信が遅れて申し訳ございません。

まさにこの状態です。
KB2726958を適用すると、ActiveXコントロールのオブジェクト名の採番方法が変更されている?

Office のアンインストールは “コントロールパネル → プログラムと機能” から行いました。

ご紹介頂いた Fix it でもう一度 Office の再インストールを試してみます!

とりあえず、この状態で他のユーザーアカウントでも試してみましたが、状態変わらずでしたので、

再インストールの結果をまた報告させて頂きます。

この返信が役に立ちましたか?

役に立ちませんでした。

素晴らしい!フィードバックをありがとうございました。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。

​EG_Kiyoshi さん、こんにちは。

私の手元の端末でも同じ現象が見られる状況でしたので、何か回避策がないか調べてみて解った方法なのですが、 CommnadButton のオブジェクト名を手動で変更し、ブックを保存しなおすとオブジェクト名が変更とならず、マクロ実行ができるようになりました。

残念ながら投稿者の方の環境ではうまくいかなかったようですが、その手順を以下のスレッドで紹介させてもらっているので、よろしければ参考に試してみてはいかがでしょう。

Excel2010でマクロ搭載ファイルを開くと"32809"のエラーが発生する
※ 3 ページ目の 2/20 の私のコメントです。

もし、 Office 再インストールはまだ行われていないということであれば、再インストール実施前に試してみるとよいかもしれませんね。

試してみた場合は結果の返信をお待ちしています。

大沢 孝太郎– Microsoft Support

この返信が役に立ちましたか?

役に立ちませんでした。

素晴らしい!フィードバックをありがとうございました。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。

大沢

返信が遅れて申し訳ございません。

ご紹介頂いた Fix it で Office の再インストールを試してみましたが、残念ながら状況は変わりませんでした。

試しに下記の実験を試しました。

  1. 一度も Office2013 を入れてない端末に Office2013 インストール
  2. 問題なく動くことは確認
    • ボタンを押すことが出来る
    • ボタンを作成する事が出来る
    • 作成したボタンは CommandButton1
  3. 更新プログラム KB2726958 のみインストール
  4. 上記2. の動作がすべて出来なくなりました
  5. Microsoft Fix it 51029 を適用
    • ボタンを押すことが出来る
    • ボタンを作成する事が出来る
    • 作成したボタンは CommandButton21

>◇ Excel2010でマクロ搭載ファイルを開くと"32809"のエラーが発生する
>※ 3 ページ目の 2/20 の私のコメントです。

大沢様のコメントを見させて頂きました。

ありがとうございます。

上記の方法で回避可能かを試してみます。

引き続き、何か情報がございましたらご投稿をお願い致します。

よろしくお願いします。

この返信が役に立ちましたか?

役に立ちませんでした。

素晴らしい!フィードバックをありがとうございました。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。

​EG_Kiyoshi さん、こんにちは。

Office 再インストールも効果が見られなかったのですね、ご確認ありがとうございます。

​EG_Kiyoshi さんが確認された環境では KB2726958 をインストールされると問題の症状が見られるようになったということなのですね。

新しい Office (2013) がインストールされている手元の PC では KB2726958 がインストールされていない環境で CommandButton21 となる現象が見られる状況です。。
EG_Kiyoshi さんが書き込んでいただいた情報を参考にもう少し手元でも調べてみたいと思います。

根本の回避策ではないのですが、別のスレッドで紹介させてもらった方法を試されたということであれば、結果についてお気軽に返信をしてみてくださいね。
大沢 孝太郎– Microsoft Support

この返信が役に立ちましたか?

役に立ちませんでした。

素晴らしい!フィードバックをありがとうございました。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。

​EG_Kiyoshi さん、こんにちは。

この CommandButton21 となる現象ですが、 3月10日に公開された更新プログラムで解消できるかもしれません。

手元の症状が見られていた Office 2010 の端末では更新プログラムインストール後症状が見られなくなりました。
Office 2010 (KB2920813) の 2015 年 3 月 10 日更新

新しい Office (2013) の端末で Office アップデートを実施してみても CommandButton の現象が回避できたので、お手元で以下の更新プログラムのインストールを試してみるとよいと思います。
Excel 2013 (KB2956145) 2015 年 3 月 10 日更新
※ 更新後の Office バージョンは 15.0.4701.1002 です。

試してみた場合は結果について返信をお待ちしていますね。

大沢 孝太郎– Microsoft Support

この返信が役に立ちましたか?

役に立ちませんでした。

素晴らしい!フィードバックをありがとうございました。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。

この返信の満足度をお教えください。

フィードバックをお送りいただきありがとうございます。

 
 

質問情報


最終更新日 2021年5月18日 表示 27,012 適用先: