「スーパーセキュリティ」の使用による Office の不具合が発生しています

4月になってからセキュリティソフト「スーパーセキュリティ」の使用による Office の不具合が複数報告されております。

office2013 エクセルで挿入タブ選択時のみ 応答なし

・・・Office 2013 で「挿入」タブ選択時のみ 応答なしになる。

パワーポイント2013がエラーメッセージが出て起動しない

・・・PowerPoint 2013を起動しようとすると「メモリまたはシステムリソースが不足しているため、PowerPointを起動できません。」とのメッセージが出る。

excel 2013で特定のsheetのみ電子印が表示されない

・・・Excel 2013 で特定のシートの電子印が表示されない。また挿入タブをクリックすると動作を停止する。

---2019/4/13追記---

Excel2013(プレインストール版)「Microsoft Excelは動作を停止しました。問題が発生したため、プログラムが正しく動作しなくなりました。プログラムは閉じられ、解決策がある場合は、Windowsから通知されます。」

・・・Excel 2013 で操作時に「動作を停止」のメッセージで落ちる。


Excel2013で「挿入」を押すと終了し、グラフを含むファイルが「壊れている」と表示されグラフ機能が使えない

・・・Excel 2013 で「挿入」を押すと終了し、グラフを含むファイルが「壊れている」と表示されグラフ機能が使えない

---2019/4/17追記---

Word2013(プレインストール版)の「実行しようとしている機能には、マクロまたはマクロ言語のサポートを必要とするコンテンツが含まれています。」

・・・Word 2013 で「実行しようとしている機能には、マクロまたはマクロ言語のサポートを必要とするコンテンツが含まれています。ただし、ユーザーまたは管理者がこのアプリケーションをインストールしたときに、マクロまたはコントロールのサポートはインストールしないように設定されています。」というメッセージが出る。

再インストール後エクセル2013でマクロが使用できない

・・・マクロで作成したファイルをあけると「VBAライブラリ(1004)の初期化でエラーが発生しました。」と表示され使えない。

新規にマクロの作成でマクロ名を入力しても「入力した名前は正しくありません。」と出て新規作成出来ない。

--------------------------------------------------

同様の症状になった方で、セキュリティソフトに「スーパーセキュリティ」をご利用の場合は、「スーパーセキュリティ」を停止またはアンインストールする事で症状が改善されるか確認し、原因が「スーパーセキュリティ」である事が確定した場合は、 「スーパーセキュリティ」の(例外設定)「高度な防御」内の「除外設定」に Office の実行ファイルを指定する事でそのまま使用を継続出来る可能性があります。

[参考] 特定のファイルやフォルダをウイルス検査対象からはずしたい 【ZEROスーパーセキュリティ/Ver.22】

※(例外設定)「高度な防御」内の「除外設定」の更に詳しい設定方法についてなど、ご不明点はソースネクストのサポートにご連絡いただければと思います。

---2019/4/23追記---

ソースネクストのサポートを受けた方からのコメントが寄せられましたので、追記します。

--------------------------------------------------

■「高度な防御」機能の影響確認 

1. スーパーセキュリティのメインパネルを表示します

2. 左側メニューから「保護」をクリックします

3. 「高度な防御」右側のチェックを外します 

改善した場合は、再度上記のチェックを入れたのち、

「高度な防御」下部の「設定」をクリック後に「アプリケーションを例外に追加」から

 EXCEL.EXE 、POWERPNT.EXE を登録する

--------------------------------------------------

[参考] Officeの実行ファイルの場所

<Windows 10 の場合>

Excel のアプリケーションのアイコンを右クリックして、「その他」> [ファイルの場所を開く]とします。

そのフォルダーの Excel のショートカットアイコンを更に右クリックして  [ファイルの場所を開く] とする事で EXCEL.EXE の場所を確認出来ます。

同じ場所に「POWERPNT.EXE」もあります。念の為EXCELCNV.EXEとPPTICO.EXEも入れておくと良いかもしれません。

<Windows 7 の場合>

32ビット:C:\Progrum FIles(x86)\Microsoft Office 15\root\office 15\EXCEL.EXE
64ビット:C:\Program Files\Microsoft Office 15\root\office 15\EXCEL.EXE

 

ディスカッション情報


最終更新日 2019年9月16日 表示 6,778 適用先:

こちらのスレッド>のmark_0312さんのコメントにより、「例外設定」ではなく、「高度な防御」内の「除外設定」に Office の実行ファイルを指定すると良い事が分かりましたので訂正致します。

スーパーセキュリティの 『保護』内にある『ウィルス対策』の除外設定ではなく

『高度な防御』内にある除外設定に『EXCEL.EXE』と『POWERPNT.EXE』を設定したら

解決いたしました(念のためEXCELCNV.EXEとPPTICO.EXEも入れております)

[参考] 特定のファイルやフォルダをウイルス検査対象からはずしたい 【ZEROスーパーセキュリティ/Ver.22】

---以下署名---
マイクロソフトコミュニティはユーザー同士の情報交換の場所です。
アカウントは二段階認証でセキュリティを強化し、乗っ取り被害から身を守りましょう。
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/12408/microsoft-account-about-two-step-verification

こちらのスレッド>のmark_0312さんのコメントにより、「例外設定」ではなく、「高度な防御」内の「除外設定」に Office の実行ファイルを指定すると良い事が分かりましたので訂正致します。

スーパーセキュリティの 『保護』内にある『ウィルス対策』の除外設定ではなく

『高度な防御』内にある除外設定に『EXCEL.EXE』と『POWERPNT.EXE』を設定したら

解決いたしました(念のためEXCELCNV.EXEとPPTICO.EXEも入れております)

[参考] 特定のファイルやフォルダをウイルス検査対象からはずしたい 【ZEROスーパーセキュリティ/Ver.22】

ありがとうございました。助かりました。

スーパーセキュリティを使っており、無効にするとExcelが問題なく動くことが確認できました。

除外設定がもう一つよくわかっていませんが、やってみます。

Kei Yoさん

スーパーセキュリティを無効にする事で改善されたとの事で良かったです^^

除外設定の詳しい設定については、ソースネクストのサポートにお問合せ下さるのが間違いないと思いますので、お時間のある時にお問合せしてみて下さいね。

---以下署名---
マイクロソフトコミュニティはユーザー同士の情報交換の場所です。
アカウントは二段階認証でセキュリティを強化し、乗っ取り被害から身を守りましょう。
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/12408/microsoft-account-about-two-step-verification

Kei Yoさん

スーパーセキュリティを無効にする事で改善されたとの事で良かったです^^

除外設定の詳しい設定については、ソースネクストのサポートにお問合せ下さるのが間違いないと思いますので、お時間のある時にお問合せしてみて下さいね。

ありがとうございます。

ソースネクストに問い合わせます。

Office 2013 で報告されていたスーパーセキュリティによる不具合ですが、Office 2010 でも報告されておりましたので、念の為記載致します。

Word2010だけ「ディスクの空き容量またはメモリが不足しています。指定されたフォントを表示できません。」LAN経由で印刷できない。

・・・Word 2010 で「ディスクの空き容量またはメモリが不足しています。指定されたフォントを表示できません」のメッセージが出て「OK」をクリックするとWordの画面が崩れる。LAN経由での印刷が出来ない。このケースではスーパーセキュリティの再インストールで改善。

---以下署名---
マイクロソフトコミュニティはユーザー同士の情報交換の場所です。
アカウントは二段階認証でセキュリティを強化し、乗っ取り被害から身を守りましょう。
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/12408/microsoft-account-about-two-step-verification